Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

知らないうちに時限爆弾のスタートボタンが押されていたゾッとする話

kazuaki kanno
July 16, 2020
290

 知らないうちに時限爆弾のスタートボタンが押されていたゾッとする話

kazuaki kanno

July 16, 2020
Tweet

Transcript

  1. 菅野和秋
    知らないうちに時限爆弾の
    スタートボタンが押されていた
    ゾッとする話
    #31のテーマは『「ここが辛いよ採用担当」工夫や対策をシェアしよう!』

    View full-size slide

  2. 自己紹介
    ・菅野和秋(かんの かずあき)
    ・経歴
    ・人材派遣会社:営業・人事
    ・総合不動産ベンチャーマーケ・人事
    ・DeNA 在籍中
    ・副業で採用支援しています
    ソーシング、エンジニア採用支援が得意
    ・LAPRASプロフィール
    https://lapras.com/public/YXERNFQ
    #31のテーマは『「ここが辛いよ採用担当」工夫や対策をシェアしよう!』

    View full-size slide

  3. はじめて人事としてキャリアをはじめたときに
    私が体験した、あったゾッとする話です・・・

    View full-size slide

  4. 一. 時限爆弾

    View full-size slide

  5. これはかなり昔の話で、あるベンチャーで駆け出しの採用担
    当をしていたときの体験談です
    その会社は当時、社員180名の会社で全国に複数の拠点を
    持っており、各拠点で採用を進めていました

    View full-size slide

  6. そんな中で、あるWEBサービスを強化したいということで
    担当役員から
    新規でエンジニアを採用しようと依頼がありました

    View full-size slide

  7. 早速、現場に要件のヒアリングをしました
    ・フロントエンド開発経験2年以上
    ・サーバーサイド開発経験2年以上
    ・システム設計の経験

    View full-size slide

  8. エンジニア採用なので、難しい要件だったらどうしようと
    思っていた反面
    「おっ、これならすぐに採用できそうだな」
    と安心してました

    View full-size slide

  9. 実際、応募者もそれなりにあつまり、
    1ヶ月ほどすると
    1次選考(現場面接)も突破していく方も見られ
    順調に進んでいました

    View full-size slide

  10. 「この中から決定しそうだな」と
    ほっと一息むでをなでおろしていたところでした

    View full-size slide

  11. 最終選考(役員)を迎えると
    途端に不合格になっていきました
    しかも1次選考で評価が良い人ほど
    評価が悪く不合格となるのです

    View full-size slide

  12. 理由は、
    「うちの事業のことをまったく調べてない・・・」
    「長期的に何をしたいかを考えていない・・・」

    View full-size slide

  13. 現場の要件にはなかったよな。
    マネージャーや役員とすり合わせできてないのかな・・・
    まさかそんなことはないと思うけど、
    念のために役員に確認してみるか・・・

    View full-size slide

  14. 実際、役員のところにいき、話をしてみると
    「スキルはあっているのだけど、
    採用したい要件ではないんだよね」
    「中長期で仕事を任せていくので、事業や会社へ少しでも
    興味を持ってくれないと一緒にはやっていけないよね」

    View full-size slide

  15. 「あ、そうそう現場には、
    広く募集ができるように『最低限の要件』
    を話すように伝えておいたんだった」

    View full-size slide

  16. 何かが爆発して
    一瞬、目の前が真っ白になっていきました・・・・・

    View full-size slide

  17. 依頼があった1ヶ月間
    最低限の要件をベースに募集活動していて
    採用をゴールとしていて、
    その後の入社したひとの活躍を考えられていなかったのです

    View full-size slide

  18. その後
    会社として要件を定め、選考に関わる役員、マネージャー、
    現場と共有をして
    再度、採用活動を進めると無事に採用ができました

    View full-size slide

  19. それ以来、採用要件を決める際には、
    採用に関わる関係者が一同に介して
    キックオフがされるようになりました

    View full-size slide

  20. これで終えると「あーそうだね」という話になるので、
    お祓い ではなく、要件を定めるために、
    何をしたかTIPSを共有します

    View full-size slide

  21. TIPS
    泥臭いですが、こういう接近戦
    はあまり情報が出ないので参考
    になれば嬉しいです
    「トイレに行くとき、コーヒー取りにいく
    とき、出社するとき、帰るとき」とか
    話したいエンジニアの導線にいて、動いた
    ときに話す
    話すタイミング
    2
    現場、マネージャー、役員がいる場所
    =(当時は)開発会議に採用活動のレポー
    トをもっていきシェアする
    共通認識
    3
    1 依頼を受けてすぐ採用をスタートする

    依頼を受けたら、ペルソナづくり→採用要
    件のたたき台をつくり、めちゃくちゃ叩い
    てもらう
    採用要件はたたいてもらう
    #31のテーマは『「ここが辛いよ採用担当」工夫や対策をシェアしよう!』

    View full-size slide