Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

SHOWROOMの分析目的を意識した伝え方・コミュニケーション

はたぷ
December 19, 2022

 SHOWROOMの分析目的を意識した伝え方・コミュニケーション

datatech-jp casual talk #4

はたぷ

December 19, 2022
Tweet

Other Decks in Programming

Transcript

  1. SHOWROOMの分析

    目的を意識した伝え方・コミュニケーションの工夫

    datatech-jp Casual Talks #4


    SHOWROOM株式会社

    はたの @hatapu


    View full-size slide

  2. 自己紹介


    波多野 佑亮 

    @hatapu


    2016年4月~ SHOWROOM

    分析/AIグループ マネージャー

    サーバー開発、アプリ開発、新機能企画などもやっている


    前職は電子楽器の開発

    C言語が好き


    View full-size slide

  3. SHOWROOMとは

    誰でも無料でライブ配信&視聴ができるライブ配信サービスです。

    夢を叶えたい人と それを応援したい人が集まる新しいエンターテインメントの形を生み出していきます。


    View full-size slide

  4. SHOWROOMとは

    SHOWROOMでは、視聴者はアバターの姿となってライブ配信に参加。 

    ギフティング(有料・無料アイテムを投げることによって配信者を応援できる仕組み)やコメントで、配信者を応援
    します。

    リアルタイムのコミュニケーションにより生まれる熱量の高いつながりがSHOWROOMの魅力です。 


    View full-size slide

  5. 努力がフェアに報われる社会を創る



    あらゆる人が均等にチャンスを得て

    投じた努力量に応じて報われ 夢が叶っていく。

    そんな 公平で温かい世の中を創ることが

    SHOWROOMのミッションであり存在意義です。

    我々SHOWROOMは「エンターテインメント」を武器にして

    一つ一つ着実に 命を懸けて 地球上に存在する機会格差を無くしていきます。

    View full-size slide

  6. 分析/AIグループ

    分析チーム

    ● データアナリスト

    ○ プロジェクト・イベント・キャンペーンの分析、効果検証

    ○ (避けては通れない) 依頼系タスク

    ○ Slackの#analysisで気楽にコミュニケーション取れる

    ● データエンジニア

    ○ データ整備

    ○ 分析基盤構築・運用

    AIチーム

    ● AIエンジニア

    ○ レコメンドのアルゴリズム開発、分析

    ○ 他


    View full-size slide

  7. データ基盤


    View full-size slide

  8. 依頼主とのコミュニケーション

    「○○がほしいです」という依頼

    本当にほしいのは○○なのか?


    本当に必要だったものを作る意識が大事!!


    目的を確認

    ● いつ使うのか?単発?継続?使う頻度は?

    ● 何に使うのか?

    ● どういう状況で使うのか?


    目的によって本当に必要だったアウトプットは変わってくる



    View full-size slide

  9. 依頼のテンプレ

    これは絶対に記入してもらう


    ■依頼内容(背景, 条件, 期間などを詳しく)

    ■用途 

    ■いつ使うか


    これらがちゃんと書いてあればimaginationでいい感じのアウトプットにできる

    View full-size slide

  10. よくあるアウトプット

    ● Redashクエリ

    ● Redashダッシュボード

    ● 自動更新されるスプレッドシート

    ● csv、単純に数値の共有


    View full-size slide

  11. Redash クエリ

    SQLを書くだけで結果のグラフ化・共有が簡単にできる

    「○○なRedashがほしいです」という依頼が多い

    結果Redashクエリが量産され、カオスになりやすい


    Redash整理の取り組みについてのnote

    Redashを整理してルールを作ったので紹介します! 〜SHOWROOMのデータ民主化に向けた取り組み 


    グラフがほしい、今後も使うものはRedashをアウトプットにする

    View full-size slide

  12. csvや数値の共有

    単発で完結する案件


    BQ WebUIでSQL書いて、その後の目的によって使い分ける

    ● 数字をslackで共有

    ● 目的に合わせてcsvファイルとして渡す

    ● スプレッドシートにアウトプットして共有


    Redashが量産されないので、できるだけこれで済ませる


    View full-size slide

  13. Redash ダッシュボード


    継続して複数のKPIを主にグラフを見て追いたい場合


    Redashクエリの組わせで手軽に作れる

    手軽に作れるだけにほぼ同じ内容のダッシュボードが複数作られてしまうことも、、



    Redash整理の取り組みについてのnote

    Redashを整理してルールを作ったので紹介します! 〜SHOWROOMのデータ民主化に向けた取り組み 


    View full-size slide

  14. 自動更新スプレッドシート


    継続して複数の正確な数字を比較して追いたい場合によく使う


    BQ->GSSの取り込み

    ● データコネクタ

    ● Apps Script


    Apps Scriptでシートの分割

    他ファイルへのコピーなどもよく使う

    View full-size slide

  15. ご清聴ありがとうございました


    View full-size slide