Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

DMMオンラインサロン エンジニア採用資料/ for-software-engineers

DMMオンラインサロン エンジニア採用資料/ for-software-engineers

DMMオンラインサロンのソフトウェアエンジニア採用資料です。(2024/2月現在)

DMMオンラインサロンは「誰もが前向きな影響を与え合う世界にする。」というミッションを掲げ、オンラインサロンのプラットフォーマーとして、スキルや知識を身につけたい、同じ趣味を仲間と共有したい、新しい何かに挑戦したい、といったニーズに応える日常にない居場所の提供を目指しています。

私達と一緒により良いコミュニティサービスを作り上げていきましょう!

DMMオンラインサロンの最新のエンジニア募集情報はこちらでご覧になれます
https://dmm-corp.com/recruit/engineer/2876/

DMMオンラインサロン

November 29, 2023
Tweet

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ソフトウェアエンジニア募集

    View full-size slide

  2. 目次
    01. 事業紹介
    02. サービス紹介
    03. プロダクト紹介
    04. カルチャー
    05. 開発プロセス
    06. DMMオンラインサロン体制図
    07. 開発取り組み事例・未来
    08. 技術スタック
    09. 働き方について
    10. Tech Vision について
    11. 評価制度
    12. 福利厚生
    13. 募集要項
    14. 選考プロセス

    View full-size slide

  3. 1. 事 業 紹 介

    View full-size slide

  4. 01 事業ビジョン
    枠を超え、つながる、豊かな未来。
    一人の人間には、いろいろな顔がある。

    住んでいる地域や文化、年齢、性別、組織、職業、趣味、考え方。

    属するコミュニティも様々だ。

    共通の目的や興味がきっかけとなり、物理的な制約や文化の壁、今いる組織を超えて人々が知り合い、 集う。

    それぞれが持つ知識や経験を共有し、互いに尊重し合いながら成長する。

    新たな出会いと成長が、より深く大きな喜びをもたらし、私たちが目指す想像を超えた豊かな未来へとつながる。

    View full-size slide

  5. 02 事業ミッション
    誰もが前向きな影響を与え合う

    コミュニティをつくり続ける。
    誰もが物理的な制約や文化の壁を超え、安心して参加でき、お互いを尊重し合う場所が見つかる環境を提供します。

    出会いや学びによって新しい発見が生まれ、信頼や理解があるからこそコミュニケーションや協力が

    促され、個々の成長へとつながります。

    私たちは、オンラインサロンで一人ひとりが前向きな影響を与え合い、ポジティブな循環が生まれる

    コミュニティをつくり続けます。

    View full-size slide

  6. 03 事業バリュー
    成長
    人々が自己発見と成長のプ
    ロセスを体験することで、
    自分自身をより良くする機
    会を提供します。
    多様性
    会社や、学校、団体など、
    今所属している組織を超え
    て、価値観や意見が交り、
    新たな視点やアイデアが生
    まれる場を提供します。
    コミュニティ
    人々が新たに出会い、活発
    にコミュニケーションをと
    ることで、オーナーとメン
    バー同士の繋がりが深まる
    場を目指します。
    高品質
    専門的な知識やスキルを持
    つオーナーによる

    クオリティの高いコンテン
    ツを提供します。
    安全性
    プライバシーや安全性を最
    優先に考え、信頼できる
    サービスを提供します。
    与える価値
    生まれる価値

    View full-size slide

  7. 04 オンラインサロンとは
    オーナーの価値を届ける、

    会員制コミュニティ
    オンライン上で運営される

    会費制のクローズドなコミュニティです。

    登録すれば誰でも参加できるオープンなSNSと異なり、

    同じ目的を持って対価を支払った熱量の高い人だけが

    参加する傾向にあります。

    View full-size slide

  8. 05 事業部実績
    2023/2末時点
    9.5
    FY2017
    13
    FY2018
    15
    FY2019
    25
    FY2020
    32
    FY2021
    47
    FY2022
    億円
    売上
    有料会員数
    150,000

    サロン数
    1,500
    サロン
    47
    億円

    View full-size slide

  9. 2. サ ー ビ ス 紹 介

    View full-size slide

  10. 01 オンラインサロンでできること
    オンラインサロンでは、サロンオーナーとサロン会員が同じコミュニティに参加し、様々な交流を行います。サロン会員は、サロンオーナーが提供するコンテンツの閲覧や

    購入のほか、サロンオーナー主催のイベントに参加できます。
    サロンの開設
    コンテンツ提供、販売
    イベント開催
    サロンオーナー サロン会員
    サロンの入会
    コンテンツ閲覧、購入
    イベント参加

    View full-size slide

  11. 01 オンラインサロンならではのコミュニーション
    サロンオーナーと会員の繋がりができるのはもちろんのこと、サロン会員同士でもつながりが生まれるのは、オンラインサロンの特徴です。
    サロンオーナー
    オーナーと会員のつながり
    会員同士のつながり

    View full-size slide

  12. 3. プ ロ ダ ク ト 紹 介

    View full-size slide

  13. 01 オンラインサロンに特化した独自コミュニティツール
    最適な環境でサロン運営
    DMMオンラインサロンでは、独自開発したオンライン

    サロン専用コミュニティを提供しています。

    オンラインサロン運営に特化しているため、最適な環境で
    サロン運営できます。

    1,500サロンのうち、約80%のオンラインサロンにて

    ご利用いただいています。

    View full-size slide

  14. 02 コミュニティツールでできること
    テキスト投稿
    サロンオーナーのペースに合わせて、
    コラムやつぶやきなどのテキストを

    投稿できます。会員は、投稿にコメン
    トを残すことができます
    画像/動画投稿
    テキスト投稿と同じように画像と動画
    投稿ができます。

    ライブが見れなかった会員向けにアー
    カイブ動画の投稿も可能です。
    ライブ配信
    SALON LIVEアプリと連携して、

    コミュニティへの動画・音声ライブ配
    信を簡単に行えます。

    View full-size slide

  15. 03 入会・サロン管理画面
    入退会・会員ステータス管理
    入会・退会ステータスや課金ステータス、コミュニティ参加名など、サロン会員に関する
    情報を簡単に確認できます。
    一斉メール送信機能
    サロンの会員やコンテンツ購入者に向け、配信日時を指定して一斉メールを

    送信できます。
    データ分析

    会員の入退会数や流入、退会時のアンケートなど、運営中のサロンに関する様々な

    データを確認できます。
    コンテンツ販売

    テキストや動画、個別交流などのコンテンツを単品で販売できます。
    その他
    入会促進、決済管理、承認機能、メルマガ送信機能、フォロワー機能、入退会アンケート
    機能など豊富な機能が備わっています。

    View full-size slide

  16. 4. カ ル チ ャ ー

    View full-size slide

  17. 01 開発グループの環境
    だれもが提案できる
    事業を成長させるために、一人一人が意識を持って提案できる環境づくりをしています
    フ ラ ッ ト な 環 境
    だれもが提案できるように、

    所属チームや職能を超えた

    フラットな環境を整える
    提案の流れ
    作るものを決めるのではなく、誰の何を解決するかでやることを決める
    ユーザーにインパクトがあるものからの開発を提案するため、予想される効果をもとに
    優先度を決める
    エンジニアがソリューションを決める
    KPIにどのような影響をもたらしたかを効果測定

    View full-size slide

  18. 02 開発グループの環境
    領域の垣根をなくす
    チーム全体の技術向上のため、だれもが幅広い領域に挑戦できます
    挑 戦 で き る 環 境
    技術領域の垣根をなくし、

    チーム全体として技術の向上
    を目指す
    垣根をなくす行動
    幅広い領域にチャレンジできるように、技術領域を固定しない
    だれでも同じことができることを目指すために、勉強会で知識、技術の共有をする
    チームで成果を出すことを理想として掲げている

    View full-size slide

  19. 03 チームビルディング
    Wevoxを見る会
    全社的に導入しているエンゲージメン
    トサーベイ「Wevox」の数値変動を
    チーム独自で定期的に分析し、チーム
    がよりよくなるためのWedo を決め、
    みんなで取り組み振り返る会を実施
    コーヒーチャット
    週に1回 discordのボイスチャンネル
    を使ってチームメンバーと1on1で

    カジュアルに会話ができる機会を設定
    dev会
    開発チームで現状の課題や情報共有、
    雑談など好きなことを話せるフラット
    な場を毎週 1h 設定
    各人が感じているチームへの課題や提
    案などを、すぐに話せる環境

    View full-size slide

  20. 04 チームビルディング
    オンボーディング
    事業部長から事業のミッション/

    ビジョン/バリューを説明
    プロダクトツアーで、プロダクトの全
    アクターが疑似体験
    アーキテクトツアーで、プロダクト
    コードをウォークスルー
    ペアプロ・モブプロ
    リードタイムを最小化するため、

    ペアモブを推奨
    プログラミングに限定せず、モビング
    活動
    5%ルール
    自身の興味のある技術や知識を広げる
    時間を設けることで、知識や技術を業
    務に生かす
    普段時間の取れないツールや業務改善
    作業をすることで、プロセスを効率化
    する
    チームメンバーがコアの強みを超えた
    スキルの成長に取り組む

    View full-size slide

  21. 5. 開 発 プ ロ セ ス

    View full-size slide

  22. 01 開発プロセス
    施策提案
    要求分析
    デザイン

    作成
    見積もり
    設計・実装・QA
    レビュー
    リリース
    効果測定
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    顧客志向の開発
    ユーザー課題を科学的に理解しながら

    課題に迅速に対応するために

    スクラム開発を用いてイテレーションを回しています
    開発手法: スクラム

    使用ツール:Shortcut,Figma,Redash

    View full-size slide

  23. 02 開発プロセス
    施策提案
    要求分析
    デザイン

    作成
    見積もり
    設計・実装・QA
    レビュー
    リリース
    効果測定
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    1.施策提案
     ●
     ●
     ●
    だれもが提案できる

    ユーザーストーリーからの提案

    データ・KPIをもとにした提案
    2.要求分析
     ●
     ●
    様々なフレームワークを用いて施策の解像度をあげる

      ∟ユーザーストーリーマッピング

      ∟カスタマージャーニー

      ∟プロトタイピング など

    PRD

    View full-size slide

  24. 03 開発プロセス
    3.デザイン作成
     ●
     ●
    デザイナーがデザインを作成

      ∟実際に開発するエンジニアと一緒にUIを考えていく

    デザインレビュー

      ∟デザイン段階でステークホルダーレビューを実施し
    て、

       目指す姿をすり合わせていく
    4.見積もり
     ● POがなにをつくるか説明し、エンジニアが理解した

      上でどうつくるかを考えて見積もりする
    施策提案
    要求分析
    デザイン

    作成
    見積もり
    設計・実装・QA
    レビュー
    リリース
    効果測定
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8

    View full-size slide

  25. 04 開発プロセス
    5.設計・実装・QA
     ●
     ●
    DesignDocでPRDの要件を技術的にどう実現するかを

      考える

    ペアプロ、モブプロで進めていく
    6.レビュー
     ● 開発したものをPO・ステークホルダーからフィード

      バックをもらう
    施策提案
    要求分析
    デザイン

    作成
    見積もり
    設計・実装・QA
    レビュー
    リリース
    効果測定
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8

    View full-size slide

  26. 05 開発プロセス
    7.リリース
    8.効果測定
     ● KPIにどのような影響をもたらしたかをRedashで

      効果測定
    施策提案
    要求分析
    デザイン

    作成
    見積もり
    設計・実装・QA
    レビュー
    リリース
    効果測定
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8

    View full-size slide

  27. 6. D M M オ ン ラ イ ン サ ロ ン 体 制 図

    View full-size slide

  28. 01 DMMオンラインサロン体制図
    DMMオンラインサロン
    プロダクトマネジメント

    チーム
    プロダクト開発チーム アーキテクトチーム
    オンラインサロン事業部 オンラインサロン開発部
    マーケティング

    グループ
    セールスグループ
    カスタマーサクセス

    グループ
    開発グループ

    View full-size slide

  29. 7. 開 発 取 り 組 み 事 例 ・ 未 来

    View full-size slide

  30. 01 プロダクトビジョン
    どんなオーナーでもかんたんに、

    盛り上がるオンラインサロンを

    つくれる。
    私たちが目指すのは、様々なオーナーが、盛り上がるオンラインサロンをかんたんに運営できるプロダクトです。

    オーナーを中心とした、サロン会員同士の交流や情報・知識の共有を通して盛り上がる仕組みをつくります。

    View full-size slide

  31. 02 取り組み事例
    iOS課金
    アプリに入会導線を追加するため、アプリ内課金を実装

    決済手段が増えてAppStoreからの新規流入も見込めるように

    下書き投稿・予約投稿機能
    コンテンツの準備や投稿タイミングなどの運用を便利にし、

    価値のあるコンテンツを蓄積しやすくする
    インフラ環境の最適化(AWS移行)
    オンプレミスで運用していた入会・オーナー管理画面を今後のスケール
    に向けた柔軟性、ビジネスゴールが達成できる環境にするため

    AWSへ移行
    インフラ環境の最適化(Fargate移行)
    オンプレミスで運用していた入会・オーナー管理画面を今後のスケール
    に向けた柔軟性、ビジネスゴールが達成できる環境にするため

    AWSへ移行
    ユーザー体験の向上


    会員同士のコミュニケーション活性化のため

    オーナーからダイレクトで呼ばれる特別感を醸成するため
    ライブ配信機能
    オーナー
    とリア
    ルタイ
    ムにコミュニケーションが
    取れる
    ことで、よ
    り身
    近に感
    じるように

    View full-size slide

  32. 03 プロダクトマネジメントチーム(ミッション)
    オンラインサロンを科学して、

    プロダクトを前進させる

    View full-size slide

  33. 04 プロダクトマネジメントチーム(取り組み)
    プロダクトの方向性を明確化
    課題発見と改善
    ステークホルダーと連携し、事業ビジョンと事業ミッションを元に

    プロダクトの方向性を明確化します。
    サービスやプロダクトを定量的に分析し、

    重要な課題を定義し、短いサイクルで改善していきます。

    View full-size slide

  34. 05 プロダクト開発チーム(ミッション)
    サービスにフィットしたプロダクトで

    人生を豊かにするコミュニティを応援する

    View full-size slide

  35. 06 プロダクト開発チーム(取り組み)
    プロダクトの最適化
    価値の高いコンテンツを発信し続けられるプロダクトにしていきます
    価値のある機能へ最適化
    ライブラリの価値を最大限に届ける
    オーナーが作成したライブラリをより多くのユーザーに届けるため、正し
    いデータ分析を行い、定量的な根拠をもとに最適な機能を実装します。
    ユーザビリティ向上
    オーナーの作業効率化、会員の入会促進のため、

    ユーザビリティ向上を目指します。
    プロダクトの抱える課題を解決
    Swift移行
    ê iOSアプリの品質向上と品質担保のため、React Native から Swiftへ

      移行を行っています。
    ê
    完全にSwift移行する
    こと
    で、
    開発スピー
    ドと
    メンテナ
    ンス性を向上

    せ、
    内製の
    メリ
    ットである
    「スピー
    ド感の
    あるビ
    ジネス施策」を実行
    してい
    きます。

    View full-size slide

  36. 07 アーキテクトチーム(ミッション)
    ビジネスをよりスケールさせるために

    最適化されたプロダクト基盤をつくる

    View full-size slide

  37. 08 アーキテクトチーム(取り組み)
    数年に及ぶ改修・改善による歪な構造の影響で各システム間の処理の流れが複雑で開発当時のドキュメントがない為、リードタイムを悪化させており仕様
    把握も困難になっています。この分散モノリスの解消によるシステムの疎結合化と市場拡大にともなうビジネスニーズへの対応のため、ストラングラーパ
    ターンで順次リプレイスを行っています。
    現状 : 分散モノリス化 未来 : neon
    入会・

    管理画面
    専用

    コミュニティ
    サービス
    ライブ配信

    システム
    2016年 2018年 2020年 Microservices + Modular
    service service
    service modular
    分散モノリスを

    マイクロサービス+モジュラモノリス化へ

    View full-size slide

  38. 8. 技 術 ス タ ッ ク

    View full-size slide

  39. 01 技術スタック
    Webフロント
    言語:TypeScript
    ライブラリ:React,

    Redux, Redux-Saga
    CI/CD:CircleCI
    ログ/監視:Sentry,

    NewRelic
    iOS
    言語:Swift / JavaScript
    アーキテクチャ:VIPER
    ライブラリ:Combine /

    React Native,

    Redux, Redux-Saga
    CI/CD:Bitrise
    ログ/監視:Firebase
    バックエンド
    言語:PHP
    フレームワーク:Laravel
    クラウドインフラ・
    ツール等
    モニタリング:NewRelic
    ログ:FluentBit
    構成管理:Terraform
    CI/CD:CircleCI
    クラウドサービス:ECS

    Fargate, CloudFront,

    Aurora MySQL,

    ElastiCache,

    ElasticSearch, S3, Lambda,

    Firelens
    専用コミュニティ

    View full-size slide

  40. 02 技術スタック
    入会管理画面
    フロントエンド
    言語:JavaScript
    フレームワーク:AngularJS
    ライブラリ:jQuery
    css フレームワーク:

    Bootstrap
    バックエンド
    言語:PHP
    フレームワーク:Zend

    Framework
    クラウドインフラ・ツール等
    モニタリング:NewRelic
    ログ:FluentBit
    構成管理:Terraform
    CI/CD:CircleCI
    その他クラウドサービス:ECS Fargate, CloudFront,
    Aurora MySQL, ElastiCache, Step Functions,
    EventBridge, S3, Lambda, MediaConvert, SQS,
    Firelens

    View full-size slide

  41. 03 技術スタック
    SALON LIVE
    iOS
    言語:Swift
    アーキテクチャ:MVVM
    ライブラリ:RxSwift
    CI/CD:Bitrise
    ログ/監視:Firebase
    クラウドインフラ・

    ツール等
    AWS:Elemental 
    MediaLive,Lambda, CloudFront,
    S3

    View full-size slide

  42. 04 技術スタック
    Microservices
    言語:Go
    設計:オニオンアーキテクチャ
    IDL:Protocol Buffers
    IPC:gRPC
    Gateway
    言語:Node.js(TypeScript)
    WAF:Fastify

    GraphQL Yoga(gqlサーバ)
    設計:オニオンアーキテクチャ

    (一部省略)
    IDL:Protocol Buffers, GraphQL
    IPC:gRPC, GraphQL
    クラウドインフラ・

    ツール等
    モニタリング:NewRelic
    オーケストレーション:ECS Fargate
    ログ:FluentBit, Kinesis Data
    Firehose
    構成管理:Terraform
    CI/CD:CircleCI
    neon

    View full-size slide

  43. 9. 働 き 方 に つ い て

    View full-size slide

  44. 01 リモートワークでのコミュニケーション
    Discord(事業部)
    Discordに各部屋を用意し、オフィス
    と同じ様にいつでも声を掛け合える状
    態にしています。

    気軽に雑談ができる「コーヒーブレイ
    ク」や「ランチルーム」もあります。
    ホワイトボードツール
    リアルタイムに柔軟なコミュニケー
    ションをとれるようにFigJamなどの
    オンラインホワイトボードツールを用
    いています。
    Slack(全社)
    オープンなコミュニケーションを取る
    ために、パブリックチャンネルが多く
    使われています。他の事業情報を得た
    り、社内の技術コミュニティのやり取
    りなど活発に利用しています。

    View full-size slide

  45. 02 勤務スタイル
    フレックスタイム制
    11:00〜17:00

    (休憩時間1時間を含む)
    コアタイム
    08:00〜20:00
    フレキシブルタイム デイリースクラムでスプリントゴール
    を達成できるか検査をし、達成が難し
    い場合はチームで考え適応しているた
    め平均残業は少ない傾向にあります。
    残業時間
    平均
    8.5h
    平均残業時間
    副業OK
    本業(当社での勤務)以外で仕事をす
    ることができます。

    (事前に承認は必要です)

    View full-size slide

  46. 10. T e c h V i s i o n に つ い て

    View full-size slide

  47. 01 Tech Visionとは
    DMMは「なんでもあり」の事業展開をしていく総合企業です。 事業を支えて伸ばしていくための当た
    り前を技術で支え、 新しい当たり前を自ら作って加速していくことを常に志向・徹底しながら新しい
    技術に挑戦し続けなければならないと考えています。
    当たり前を作り続ける

    View full-size slide

  48. 02 変化を楽しむ

    View full-size slide

  49. 11. 評 価 制 度

    View full-size slide

  50. 01 評価制度とは
    等級を基準として個人の貢献を評価し、

    成長を促すための仕組み
    等級制度 行動評価 目標達成評価
    最終評価

    View full-size slide

  51. 02 行動評価とは
    「等級に応じた影響範囲」×「4つのValue」
    おそれず俊敏に動く組織をつくる 妥協せず魅力的なサービスをつくる
    意欲的に成長する自分をつくる
    論理的な思考で事業をつくる
    等級に応じた影響範囲と4つのValueを掛け合わせた行動を評価します

    View full-size slide

  52. 12. 福 利 厚 生

    View full-size slide

  53. 01 技術者向けサポート制度
    書籍購入補助
    各人のスキルアップや業務促進のため、技術書の
    購入を部門で負担します。
    AWS・

    GCP実弾演習場
    AWSとGCPを使った環境構築スキル習得のため、
    月100ドルまで自由にAWS・GCPを使って学習がで
    きます。
    資格取得支援
    情報処理技術者試験、AWS認定ソリューション
    アーキテクトなど、各種 技術関連の資格取得に関
    して、受験費用を負担します。
    勉強会・コミュニティ支援
    メンバーそれぞれが、社内・社外問わすに学びを
    共有できるコミュニティに貢献し、切磋琢磨する
    相互作用を活性化するべく、コミュニティ活動に
    対して全般的な支援を行っていきます。
    カンファレンス参加支援
    最先端の技術や情報に
    触れて
    参加者がスキルアッ
    プし、その
    後コミュニティに貢献する
    こと
    も目的
    に、
    国内外の
    指定する
    カン
    ファレンス
    への
    参加費
    (チケット費用
    +宿泊交通費
    )を負担します。
    リファ
    ラル50

    ファラル
    採用の
    割合を
    50%までに
    高めるため
    に、社
    員紹介制度を
    強化しました。
    DMMの
    事業や
    テック
    カル
    チャーに共
    感する人の
    採用を
    増やす

    とで、
    より力強いテック
    チー
    ムを作っていきます。
    エン
    ジニ
    ア・
    デザイナーのス
    キルアップを支援
    するサポート制度パッケージ

    View full-size slide

  54. 13. 募 集 要 項

    View full-size slide

  55. 01 iOSエンジニア:プロダクト開発チーム
    必須スキル・経験
    iOSアプリ(Swift)

    開発経験
    iOS標準ライブラリ・

    フレームワークに

    関する理解
    歓迎スキル・経験
    チーム開発経験
    アーキテクチャ(VIPER, MVVM, CleanArchitecture等)を導入し、

    継続して改善した経験
    アプリ開発環境の構築経験(fastlane, Lint, CI/CD, コード生成等)
    ゼロからプロダクトを設計/開発した経験(個人開発可)
    プロダクトをリプレイスした経験/知識
    事業課題解決を見据えた技術選定の経験/知識
    分析し定量データを元に改善アクションに繋げた経験
    iOS以外の知識(ReactNative, PHP)
    スクラム開発経験
    アプリエンジニアの教育経験
    リーダー/マネジメント経験

    View full-size slide

  56. 02 Webエンジニア:プロダクト開発チーム
    必須スキル・経験
    Webサービスの

    エンジニア経験
    クラウド(AWSまたは
    GCP等)の利用経験
    歓迎スキル・経験
    PHPでの開発経験3年以上
    Laravel、Zend Frameworkを利用したバックエンド開発経験
    Kubernetes、コンテナ技術の利用経験
    React、Vue等を使用したフロントエンド開発経験
    スクラム開発経験
    品質を担保するためのテスト設計、デバッグ能力

    View full-size slide

  57. 03 Webエンジニア:アーキテクトチーム
    必須スキル・経験
    Webサービスの

    エンジニア経験
    クラウド(AWSまたは
    GCP等)の利用経験
    歓迎スキル・経験
    Go言語での開発経験
    マイクロサービスアーキテクチャを構築・利用した経験
    Kubernetes、コンテナ技術の利用経験
    React、Vue等を使用したフロントエンド開発経験
    スクラム開発経験
    品質を担保するためのテスト設計、デバッグ能力

    View full-size slide

  58. 14. 選 考 プ ロ セ ス

    View full-size slide

  59. 01 選考プロセス
    1.カジュアル面談
    2.一次面接
    3.最終面接
    ※リファレンスチェック
    オファー面談
    1.カジュアル面談



    エンジニアリングマネージャー+現場メンバーが参加

    選考には関係しないカジュアルな面談

    転職意欲あるなしに関わらずサロンを知りたい人向けの任意面談


    2.一次面接
    ● エンジニアリングマネージャー+現場メンバーが参加
    3.最終面接
    ● 事業部長+ジェネラルエンジニアリングマネージャーが参加
    ※リファレンスチェック
    ● 最終面接後に任意でbackcheck(リファレンスチェック)の依頼をさせて

    頂く場合あり
    オファー面談・チームメンバー顔合わせ


    面接フ
    ィー
    ドバック
    ・入社後の
    期待値・オファー
    条件を
    お伝え

    実際の
    働き方を
    より
    具体的に
    イメージで
    きる
    ように
    同じチー
    ムで
    一緒に

    働くメンバー
    との
    顔合わせを
    実施

    View full-size slide