Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

アジャイル・スクラム勉強会_自律的なチームとリーダーシップ

 アジャイル・スクラム勉強会_自律的なチームとリーダーシップ

Satoshi Harada

February 01, 2023
Tweet

More Decks by Satoshi Harada

Other Decks in Programming

Transcript

  1. アジャイルなチームワーク
    自律的なチームと
    リーダーシップ
    アジャイル・スクラム勉強会
    Satoshi Harada

    View full-size slide

  2. チーム体制の違い
    ● ウォーターフォール的な体制
    ► お客様
    ► PjM
    ► チームリーダー
    ► 開発担当者
    ► テスト担当者
    ● アジャイル(スクラム)の体制
    ► プロダクトオーナー
    ✔ 請負ではお客様が担うことが多い
    ► 開発メンバー
    ► スクラムマスター
    ✔ 体制としての上下関係は無い
    ✔ 開発メンバー内で担当を分けない
    お客様
    PjM
    リーダー
    開発者 開発者 テスト担当
    スクラム
    チーム
    プロダクト
    オーナー
    開発
    メンバー
    スクラム
    マスター

    View full-size slide

  3. PjM不在でまとまる?
    スクラムマスターがPjMに近い業務を行うことはあるが、以
    下の点が異なる
    ● PjMと似ている点
    ► チームメンバーが自律的に動けるように後押しする
    ► チーム結成の初期段階で、チームを纏める
    ► チーム結成の初期段階で、お客様との折衝を行う
    ● PjMとは異なる点
    ► チームメンバーに「指示・命令」を行わない
    ► チームが纏まってきたら、チームの方向性はチームに任せる
    ► チームが纏まってきたら、お客様との折衝をチームに任せる
    最終的にチームが自律的に動けるようになって
    スクラムマスターの存在が不要になるのがベスト

    View full-size slide

  4. 自律的なチームとは?
    ● 指示・命令で動くチームではない
    ● チームメンバーが自分で考え、自分で動けるチーム
    ► チームプレイで、お互いに得意領域を補い合うチーム
    ✔ 個人プレイを推奨しているわけではない
    ► リーダー的な振る舞いや、マネジメント的な振る舞いも、
    必要なときにチーム内で得意な人が率先して引き受ける
    ✔ あくまで振る舞いであって、固定的な役割として設定すること
    は基本的には行わない
    ✔ 「XXXはリーダーだからXXXをやってくれるはず」、「XXXは
    リーダーじゃないから出しゃばらない」といった役割による境
    界を作らないため
    指示
    命令
    自分で考え
    自分で動く

    View full-size slide

  5. 自律的なチームにしていく方法
    ● 担当を固定化しない
    ► 帽子をかぶる
    ✔ 振る舞いはあくまで帽子であって、必要なタイミングでかぶる帽子
    を変える
    ✔ 特定の帽子だけずっとかぶっているのは推奨しない(開発だけやる
    ・テストだけやる・マネジメントだけやる、など)
    ► 帽子をかぶれる人(得意な人)を増やす
    ✔ 誰がどの領域が得意なのか・チームで強化しないとまずい領域はど
    こなのかを可視化するために、スキルマップを作ってみるのも手
    ● 積極的な権限移譲
    ► 様子を見ながら、任せられそうなら積極的に任せる
    ► チームに任せる際に権限と責任を一緒に渡す
    ✔ チームが決定権を持っており、なおかつチームが責任を負っている
    という認識(自分ごとであるという認識)が大事
    HTML/CSS JavaScript Laravel SQL ファシリテート
    Aさん ○ △ ◎ ○ △
    Bさん ◎ ○ ☓ △ △
    Cさん ○ ☓ ○ ◎ ○

    View full-size slide

  6. なぜ自律的なチームにするのか
    ● 判断スピードを速くしたい
    ► 階層構造の指揮命令系統だと上位階層の判断待ちになりや
    すく、実際に動き出すまでが遅い
    ► チームが自律的に判断して自律的に行動できたほうが、実
    際に動き出すまでが速い
    ● トラックナンバーワン問題を避けたい
    ► 一部の人が代替できない役割を持っていると、不測の事態
    が発生したときにチームが止まってしまうので、それは避
    けたい
    ● 柔軟な負荷分散をしたい
    ► 一部の人だけしか担当できない業務があると、その業務の
    負荷が高くなったときに負荷分散ができないので、それは
    避けたい

    View full-size slide

  7. アジャイルにおけるリーダーシップとは?
    ● サーバント・リーダーシップ
    ► 支援型リーダーシップのこと
    ► チームが自律的に考え、自律的に判断し、自律的に行動で
    きるように促し、後方から支援し奉仕する
    ► スクラムのスクラムマスターは開発メンバーの支援やプロダク
    トオーナーの支援を行い、チームとして成功するように導く責
    務がある
    スクラム
    チーム
    プロダクト
    オーナー
    開発
    メンバー
    スクラム
    マスター
    支援
    支援

    View full-size slide

  8. 雑談Time
    自律的なチームは役割を固定せ
    ず、必要に応じて帽子をかぶり
    ながら業務を進めることについ
    てどのように思いましたか?
    アジャイルではサーバント・
    リーダーシップが求められてい
    ることについてどのように思い
    ましたか?

    View full-size slide