$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

Heroes-league-2022-enebular

Takao Aoki
September 28, 2022

 Heroes-league-2022-enebular

ヒーローズリーグ2022enebularご紹介資料

Takao Aoki

September 28, 2022
Tweet

More Decks by Takao Aoki

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 株式会社ウフル Planning Unit ⻘⽊隆雄 2022 / 09 / 28 ヒーローズ・リーグ

    2022 テクニカルパートナー
  2. Our Business

  3. © Uhuru Corporation テクノロジーと 自由な発想で、 持続可能な社会を創る。 ヒ ト ・ モ

    ノ ・ サ ー ビ ス の 需 要 と 供 給 を 最 適 化 す る こ と で 持 続 可 能 な 社 会 の 実 現 に 貢 献 し ま す 。 特 に 「 産 業 と 技 術 革 新 の 基 盤 を つ く ろ う 」 「 住 み 続 け ら れ る ま ち づ く り 」 「 気 候 変 動 に 具 体 的 な 対 策 を 」 を テ ー マ と し た 活 動 に 注 力 し ま す 。 3 ウフルの経営理念
  4. © Uhuru Corporation 2014〜 IoT・DX 100を超えるIoT・DXプロジェクトを実⾏。これらの経験を⽣かし、 enebular, Looocus, モバイルオーダーシステム「売り⼦ール」 など、独⾃のサービスを開発し提供を⾏っている。

    2018〜 スマートシティ 街のあらゆる⽣活シーンにおけるデータを繋ぎ価値に 変換する「データ連携基盤(都市OS)」の提供と、都市OSを 活⽤した「観光・防災を中⼼とした先端サービス」の提供。 2006〜 クラウドコンピューティング SalesforceやAWSなどのクラウドプラットフォームを活⽤した システムの開発・導⼊・運⽤サポート等、10,000を超える プロジェクトの⽀援実績。 創業以来、クラウド事業を基盤として IoTやスマートシティの領域に事業を 拡⼤してきました。 2006 2014 2018 クラウド (Salesforce、AWS など) IoT スマートシティ テクノロジー業界を対象とした⾼成⻑率 企業50社を表彰する賞を6度受賞 ウフルの事業変遷
  5. © Uhuru Corporation SMOOTH WORLD さ ま ざ ま な

    非 効 率 や 不 平 等 か ら 生 ま れ る 企 業 や 自 治 体 の 「 無 理 ・ 無 駄 」 を 、 一 つ ず つ な く し て い き 、 ヒ ト ・ コ ト ・ モ ノ が ス ト レ ス な く 、 ス ム ー ズ に 動 く 持 続 可 能 な 社 会 を 実 現 す る 。 Sustainable Stable Secure 5 ウフルが⽬指す理想の姿
  6. ࢢຽ։ൃ

  7. © Uhuru Corporation 7 市⺠開発とは? 市⺠開発 ITのプロではない⼈によるアプリケーション 開発のこと ⼈⼝減少、⼈材不⾜の時代 ITの専⾨家でない利⽤者⾃ら課題を解決する

    必要性に迫られている
  8. © Uhuru Corporation 8 ノーコード・ローコード • IBMが開発し2013年からOSSに • 根強い⼈気があり継続バージョンアップ •

    ⽇本のユーザーグループも活発 アイディアを 素早く実現 みんなが 使える
  9. © Uhuru Corporation 部品を線でつないでフローとして完成させればアプリケーションができあがる 9 Node-REDとは センサから温度 を取得 温度が20℃より 上か判定する

    メールで通知する ための内容を作る メールで通知する 温度をデータベースに記録す るためのデータを⽣成する データベースに 記録する 温度が上限を超えたらメールで通知するフローの例 ノ ー ド
  10. © Uhuru Corporation 部品は多くが公開されており、⾃分のフローで使うことができる。 10 Node-REDは市⺠開発にも向いている ノ ー ド 必要に応じてオリジナルの部品を作ることも可能で、再利⽤がしやすい。

    ノ ー ド
  11. © Uhuru Corporation enebularは市⺠開発のためのツール 11 Node-REDでアプリを作って、みんなで共有できます

  12. © Uhuru Corporation 開発環境のセットアップが不要、チームでフローの共有もできる 12 Node-REDをもっと⼿軽に活⽤できます Node-REDの開発環境は準備済みなのでブラウザで開くだけでフローの編集が可能

  13. © Uhuru Corporation 13 • WebページのようにURLにアクセスし た際にフローが実⾏される • 指定した時間でフローが定期実⾏さ れる

    クラウドで動くアプリを作れます HTTPトリガー スケジュールトリガー Web APIや定期実⾏アプリを簡単に作れます。 enebular Flow Flow Flow IoT Device IoT Device IoT Device Flow API
  14. © Uhuru Corporation フローはデバイスでも動きます 14 フロー実⾏エンジン フロー実⾏エンジン フロー実⾏エンジン フロー実⾏エンジン enebular

    agent enebular agent enebular agent enebular agent enebular cloud フローエディタ enebularで作成したフローやノードは、各デ バイスのenebular agentを介して、フロー実⾏ エンジンにデプロイ(配信)されます* 特許取得済(特許第6648091号) デバイス管理の仕組み
  15. © Uhuru Corporation 作成したノードやフローをマーケットプレイスに出品し公開できる。 15 マーケットプレイスでの公開

  16. © Uhuru Corporation • 広島度判定 16 様々な作例(ProtoPediaより) https://protopedia.net/prototype/2021

  17. © Uhuru Corporation • 呼び込み君ミニ強化 17 様々な作例(ProtoPediaより) https://protopedia.net/prototype/3032

  18. © Uhuru Corporation • モーション&ビィヘイバー 18 様々な作例(ProtoPediaより) https://protopedia.net/prototype/2988

  19. © Uhuru Corporation 19 enebularの使いどころ デバイス クラウドサービス IoTの接着剤

  20. How to start

  21. © Uhuru Corporation 21 enebular.com にアクセスし、「サインイン」をクリック アカウントを作るだけですぐ使える

  22. © Uhuru Corporation 22 プロトタイピングが⼤好きな皆様に朗報です! enebularは無料で利⽤できます Node-RED エディター フロー 実⾏環境数

    接続 デバイス数 プロジェクト 作成数 クラウド版・ローカル版 (Win/Mac/Linux) 1プロジェクト 2個まで 1プロジェクト 2台まで 無制限 (2022/9⽉現在)
  23. © Uhuru Corporation 23 enebular情報 ユーザ向け技術ポータル enebularミートアップ https://enebular.connpass.com/ https://blog.enebular.com/enebular/enebular_developers_portal/

  24. © Uhuru Corporation 24 enebularユーザーコミュニティの作例をぜひご覧ください Qiita advent Calendar 2021

  25. © Uhuru Corporation 25 enebularコミュニティの様々なサンプル Qiita Advent Calendar 2019 Qiita

    Advent Calendar 2020 https://qiita.com/advent-calendar/2020/enebular https://qiita.com/advent-calendar/2019/enebular
  26. © Uhuru Corporation 26 • Facebookグループなどでの活 発なオンラインコミュニティが 運営されています。 • ⽇本のユーザグループでのイベ

    ント開催もおこなわれています。 ユーザコミュニティ ⽇本語関連書籍 • Node-REDのオンラインFlowラ イブラリでは、あなたの作成し たFlowを世界中に共有すること ができます。(英語) オンラインライブラリ Node-RED情報 https://flows.nodered.org/ つないで つないで プログラミング Node-REDでつくる初めてのアプ リ リックテレコム ⽇⽴ Node-REDエバンジェリスト (著) はじめてのNode‐RED 改訂版 ⼯学社 Node‐REDユーザーグループジャ パン (著) ブラウザでお絵描きI/O! Node- REDで極楽コンピュータ・プログ ラミング CQ出版 桑野 雅彦 (著)
  27. © Uhuru Corporation 27 年に⼀度のカンファレンスをのぞいてみては? 2022/10/07 開催 YouTubeで配信予定 イベントサイトURL

  28. Let's enjoy prototyping!

  29. Thank you!