Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

akippa株式会社 - 会社紹介資料

akippa
February 19, 2024

akippa株式会社 - 会社紹介資料

駐車場のC2Cマーケットプレイス「akippa」を運営するakippa株式会社の会社紹介資料です。

エンジニアの様々なポジションの採用を行ってるので、少しでも興味がありましたらぜひご応募ください。まずは話を聞いてみたいという方はカジュアル面談なども可能です。お気軽にご連絡ください!

▼カジュアル面談(Pitta)
・広田 康博 / 執行役員 HR Group
https://meety.net/matches/obguMhCYAipQ

・井上 直登 / Product Division 統括マネージャー
https://meety.net/matches/mBIjSRjDsrbA

▼採用サイト
https://career.akippa.co.jp/

akippa

February 19, 2024
Tweet

More Decks by akippa

Other Decks in Business

Transcript

  1. Last Update 2024.02
    @akippa Inc. All Rights Reserved.
    会 社紹 介 資 料

    View full-size slide

  2. 私たちについて
    イントロ / MISSION / VISION / 実現する未来
    事業について
    サービス概要 / これからの駐車場 / オーナーへの提供価値 / アキッパの導入事例 / ドライバーへの提供価値 / ユーザーの声
    マーケットについて / 今後の展開について
    組織について
    VALUE / HOSPITALITY CULTURE / 経営チーム / プロダクトチーム / 技術スタック / 開発プロセス / 具体的な開発事例
    働く環境について
    部門構成比 / 平均年齢と性別比率 / キャリア例 / 働き方・福利厚生 / リモートワークについて / 募集要項 / オフィス
    選考フロー / フィットする人材 / 詳細情報 / Pitta / 会社概要 / 沿革
    03
    26
    48
    10
    2
    63

    View full-size slide

  3. ABOUT US
    私たちについて

    View full-size slide

  4. アキッパなら
    プロダクトを牽引できる
    代表取締役社長 CEO 金谷元気
    イントロ
    アキッパはこれまで営業やマーケティングを中心に駐車場
    数とユーザー数を増やしてきました。その結果、累計登録
    会員数360万人を超えるサービスとなり、ビジネスを成立
    させることができました。しかし、まだまだ将来に向けた
    投資を行なっていきます。
    特にこれまで向き合いきれなかった"プロダクト"にとこと
    ん投資します。プロダクトによりユーザーの行動を変容さ
    せ、真のテックカンパニーとなることに決めました。しか
    し、まだ私たちのProduct Divisionのメンバーは22名
    (内業
    務委託11名)
    です。新たにアキッパが掲げた「プロダクトに
    よる成長」の中心になっていただけませんか?
    5
    63







    View full-size slide

  5. MISSION 普遍的に目指す姿
    人々が生活する上で、世の中にはたくさんの困りごとが存
    在しています。そんな中、私たちは困りごとを解決するサ
    ービスを開発します。
    そして日々の運営やコミュニケーションを通じ、人々にと
    ってなくてはならぬサービスとなることを目指します。
    世界中の困りごとを解決していくことで、いつしか私たち
    自身も必要不可欠な存在となっていきます。
    “なくてはならぬ”サービスを
    つくり、世の中の困りごとを
    解決する
    6
    63







    View full-size slide

  6. VISION 中期的な経営指針
    「実家の近くで使っていない駐車場がシェアされ、帰省す
    る回数が増えました」「駐車場があったことで、孫の運動
    会を見にいくことができました」ーこれは実際のユーザー
    様の声です。
    私たちは駐車場そのものを提供しているだけではありませ
    ん。駐車場のシェアを広めることで、人と人、人と体験が
    会う手助けを提供しています。
    アキッパは現代から自動運転時代までも、出会いのハブと
    なり続けます。
    リアルの“あいたい”を
    世界中でつなぐ
    7
    63







    View full-size slide

  7. ただ、弊社の成り立ちがテックカンパニーではなく創業時は営
    業代理事業のみを行っていたことから、ビジネスサイドのカル
    チャーが強く、プロダクトと向き合いきれていませんでした。
    最高のプラットフォーム
    実現する未来
    まだ誰もが/どんな場所でも/簡単に駐車場を貸し出せるプラッ
    トフォームになっているとは言えません。私たちは真のテック
    カンパニーへと進化し、サービスを理想のプラットフォームへ
    近づけ、誰もが気軽に“もったいない”を活かせる世界を実現し
    ます。2022年よりエンジニアリングに大きく投資しています。
    私たちが運営するサービスの累計会員数は360万人を突破して
    います。またこれまで、営業活動を主流に好立地を中心にシェ
    ア駐車場を増加させ、今では3.5万件の駐車場を常時掲載してい
    ます。
    リアルの“あいたい”を世界中でつなぐ
    8
    63







    View full-size slide

  8. BUSINESS
    事業について

    View full-size slide

  9. 使っていない空きスペースを
    駐車場として簡単に時間貸しできる
    C2Cマーケットプレイス
    アキッパは、ドライバーと駐車場のマッチングをサポート。ドライバーが支
    払った駐車料金から手数料を除いて、駐車場オーナーに報酬としてお支払い
    します。
    https://www.akippa.com/
    会員(ドライバー) 駐車場オーナー
    アプリで
    駐車場予約
    &支払い
    報酬
    無料掲載
    サービス概要
    10
    63






    View full-size slide

  10. 今までの駐車場
    駐車場運営が未経験でも駐車場を貸し出せる。
    現地の駐車場探しから予約決済までオンラインで完結。
    コインパーキングなどを運営する
    会社や個人事業主が貸し出す
    好立地で広い土地など
    貸し出せる場所は限定的
    駐車場探し・支払いは
    現地で手続き
    不動産経営の経験がない個人など
    だれでも貸し出せる
    住宅街や狭土地など
    どこでも貸し出せる
    駐車場探し・支払いは
    オンラインで完結
    アキッパが提供する駐車場
    これからの駐車場
    11
    63






    View full-size slide

  11. もったいない空きスペースを駐車場として簡単に貸し出すことで、
    副収入だけでなく、誰かの“あいたい”をつなぐサポートができます。
    誰でも簡単に副収入
    初期費用不要 誰かの役に立つ
    精算機等の機器が不要
    初期費用ゼロで
    駐車場経営が始められる
    空きスペースを貸して
    誰でも簡単に
    副収入を得られる
    駐車場があることで
    誰かの“あいたい”を
    つなぐサポートができる
    オーナーへの提供価値
    12
    63






    View full-size slide

  12. 様々なスペースがアキッパに駐車場として登録されています。
    立体駐車場 機械式駐車場
    コインパーキング
    商業施設駐車場 店舗駐車場
    月極駐車場
    導入事例
    個人宅駐車場 更地・空き地 マンション付属駐車場
    タワーパーキング
    13
    63






    View full-size slide

  13. いつもより安い
    事前予約できる 駐車場が豊富
    予約から支払いまで
    オンラインで完結
    空きスペースだから
    周辺コインパーキング
    の相場より安い
    常時3.5万件以上の
    駐車場を予約可能
    車での移動をより快適に。現地で駐車場を探し回らなくて済み、
    目的地でゆったり過ごせます。
    ドライバーへの提供価値
    14
    63






    View full-size slide

  14. 出先でも駐車場を探せた
    目的地周辺に月極駐車場しかなかった
    のですが、アキッパだと月極駐車場を
    時間貸しで利用できたので、目的地か
    ら離れずに済みました。
    目的地に近くて良かった
    サッカーの試合観戦で利用しました。
    行き帰りともに雨が降っていたのです
    が、
    スタジアムに近い駐車場だったの
    で苦にならなかったです。
    他の駐車場より安かった
    近隣にあるコインパーキングより、安
    くて近いので利用しました。利用方法
    もわかりやすくて良かったです。また
    利用したいと思います。
    クーポンでお得に使える
    以前の駐車場より安い料金で利用でき
    るので、使わせてもらっています。ク
    ーポンを貰えた時は、さらに料金が安
    くなるので嬉しいです。
    評判を見られるので安心
    クチコミを見て駐車場を選びました。
    評判通りの良い対応で、滞在時間を気
    にすることなく、快適に駐車場を利用
    することが出来ました。
    自由に入出庫できて便利
    家族の引っ越しで二日間続けて利用し
    ました。買い物や食事に何度も出入り
    したかったので、入出庫自由というの
    がとても助かりました。
    お買い物
    通勤・仕事 レジャー お買い物
    通勤・仕事 レジャー
    ユーザーの声
    15
    63






    View full-size slide

  15. 「駐車場DX」分野における高いマーケットポテンシャル
    マーケッ
    トについて
    シェアリングエコノミー市場の成長に加え、駐車場のDXの流れの中で、マーケットが拡大していくことを見込んでいます。
    TAM
    SAM

    1兆
    2,000億円

    4,800億円
    SOM

    3,500億円
    東名阪、神奈川、埼玉における
    駐車場台数を基礎にした顕在市場
    ユーザーヒアリングに基づく
    確度の高い需要を加味した潜在市場規模
    高い水準で駐車場が浸透している
    NYの市場から算定される潜在市場規模
    注)東名阪+神奈川+埼玉の駐車場台数、自動車保有台数を基礎に、一定の係数を加味して試算
    出所)スマートパーキング・ラボ、一般社団法人 自動車検査登録情報協会、東京都、国土交通省、Streetsblog、Statista
    16
    63






    View full-size slide

  16. 360万人
    累計会員数
    360万人突破
    注)2024年1月時点。本サービスに登録した会員の数(貸主は含まない)
    累計会員数の推移
    マーケッ
    トについて
    1 万人
    4万人
    20万人
    50万人
    100万人
    160万人
    250万人
    300万人
    200万人
    2022/12 2024/01
    2021/12
    2015/12
    2014/12 2016/12 2017/12 2018/12 2019/12 2020/12
    17
    63






    View full-size slide

  17. 予約できる駐車場の数
    マーケッ
    トについて
    3.5万件以上
    予約可能な駐車場は
    全国に常時
    18
    63






    View full-size slide

  18. 「どこでも駐車場」
    を実現すること
    駐車場の数を圧倒的に増やし
    今後の展開について
    「リアルの“あいたい”を世界中でつなぐ」
    の実現に向けた FIRST STEPは
    19
    63






    View full-size slide

  19. そのために
    を実現していきます。
    誰もが、
    どんな場所でも、
    簡単に
    駐車場を貸し出せるようなプラットフォーム
    20
    63






    View full-size slide

  20. 登録から駐車場運営までアキッパ主体のメディア型ビジネスモデルです。
    アキッパの
    営業担当者/パートナーが
    “好立地”の駐車場を開拓
    アキッパの社内チームが
    画像を掲載し、価格を設定
    駐車場の貸し出しが開始 アキッパが
    プラットフォーム上で
    様々な対応をする
    メディア型のビジネスモデル
    獲得コストがかかるため、
    どこにでも駐車場がある状態にする難易度が高い。
    オーナーと
    ドライバー両方をアキッパが集めてマッチングさせる。
    登録 掲載・価格設定 貸出開始 駐車場運営
    現在のアキッパ
    今後の展開について
    21
    63






    View full-size slide

  21. 今後は、現状のビジネスモデルに加えて「アキッパのプラットフォームで自らビジネスができる」
    C2Cのマーケットプレイス型サービスを目指します。
    個人のオーナーさまが手軽に駐車場を貸出

    運用でき、
    それを楽しめるようなエクスペリエンスの追求
    ドライバーさまとマッチングが最大化されるようなUIやアルゴリズムの改善
    エンジニアリングの活用により、
    労働集約的な社内オペレーションの自動化

    省力化

    外部化を進めていく
    プロダクト
    ドリブンな
    サービススケール
    駐車場オーナーが自ら
    どんな立地でも
    簡単にアキッパに登録
    駐車場オーナーが
    自分自身で画像を掲載し、
    価格を設定
    人手を介さずに
    駐車場の貸し出しが開始
    ダッシュボードなどを活用し
    駐車場オーナー自身で
    様々な工夫をする
    登録 掲載・価格設定 貸出開始 駐車場運営
    これからのアキッパ
    今後の展開について
    22
    63






    View full-size slide

  22. 自動運転におけるアキッパの意義
    長期的なアキッパの可能性
    長期的には自動運転のハブとなることで、誰もが移動しやすい世の中を実現します。
    今後の展開について
    どこでも
    駐車場を実現
    どこでも駐車場に
    EV充電器を設置
    どこでも駐車場に
    EV型自動運転車
    を設置しシェア
    STEP 3
    STEP 2
    STEP 1
    誰もが移動しやすい世の中を実現 人と人がリアルに会う体験を残し続ける
    23
    63






    View full-size slide

  23. アキッパ 3.0
    アキッパ 2.0
    アキッパ 1.0
    既存のアキッパ
    プロダクトによる成長
    アキッパ内
    マーケットプレイスの深化
    自動運転のハブ
    売上高トラフィック
    時間
    プロダクトによる連続&非連続の成長を繰り返しながら、
    「“なくてはならぬ”サービスをつくり、世の中の困りごとを解決する」
    の実現と世界一の企業を目指します。
    今後の成長
    今後の展開について
    24
    63






    View full-size slide

  24. ORGANIZATION
    組織について

    View full-size slide

  25. バリューは「“なくてはならぬ”サービスをつくり、世の中の困りごとを解決する」という
    アキッパのミッションを達成するために、
    akippa株式会社に所属する一人一人が従うべき行動指針です。
    メンバーの採用基準から、人事評価、日々の業務、そして経営判断まで、
    アキッパに関わる全ての意思決定はこの3つのバリューをもとに行われます。
    個人や会社に共通のバリューがあることにより、誰も見ていない場面でもどう行動するかが明確になり、
    組織が拡大しても全員が同じ方向に歩むことができます。
    行動指針
    VALUE
    26
    63






    View full-size slide

  26. 行動指針
    VALUE
    常に全力でやりきる
    私たちが目指すことは「“なくてはならぬ”サービ
    ス」を生み出し続け、その結果、世界一の会社に
    なることです。世界一の会社になるために重要な
    ことは、人々の困りごとを解決し、新たな価値を
    提供し続け、驚くほどの幸せな体験を提供するこ
    とです。そして、人が驚くような体験を提供する
    ためには、70点、80点の仕事では足りません。常
    に100点、さらにそれ以上を目指す必要がありま
    す。そのために、私たちはいつもフルパワーで業
    務をやりきることを約束します。
    ただし、単に長時間働けば良いということではあ
    りません。世界一の会社になるためには、クリエ
    イティブで生産性の高い働き方が求められます。
    「“オン”のときは全力で仕事に向き合い、“オフ”
    のときは全力で休む。」それがakippaで求められ
    る働き方です。
    ALWAYS
    GO BEYOND
    広い視野を持って判断する
    私たちは「"なくてはならぬ"サービスをつくり、
    世の中の困りごとを解決する」というミッション
    を掲げています。「困りごとを解決する」ために
    は、まずはその人の立場になって考え、行動する
    ことが必要です。そして、自分が見える相手だけ
    でなく、チーム、会社、さらにはサービスを利用
    する全てのユーザーや社会といった幅広い視点を
    持つことも重要です。
    利他の精神を持ち、その人にとって何がベスト
    なのか、そのために、自分は何ができるのかを考
    え、行動しましょう。私たちは「“なくてはなら
    ぬ”サービス」を生み出すために、自らや周りの方
    々だけでなく、世界中の人々、そして、それらを
    取り巻く社会環境が抱える困りごとを解決し続け
    ます。
    BE MORE
    INSIGHTFUL
    すべてを自分事として行動する
    akippaは、自らよりよくなる方法を考え、積極的
    に行動できる人を全力で応援する会社です。そし
    て、会社が決めたことだから、他人から言われた
    ことだからではなく、自分の頭で考え、自分の意
    志に基づいて判断し、「“誰か”ではなく“私”がや
    る」という責任感を持って仕事をやりきることを
    求めています。常識にとらわれ、あれこれ批判す
    るばかりで、他人任せな考えでは、誰かの困りご
    とを解決し「“なくてはならぬ”サービス」を生み
    出すことはできません。
    私たちは、常識を疑い、すべての業務を自分事
    として捉え、すべての行動、すべての結果に対し
    て、責任を持って取り組んでいきます。
    TAKE
    OWNERSHIP
    27
    63






    View full-size slide

  27. 組織文化
    HOSPITALITY CULTURE
    ミッションを達成するためには、行動指針である3つのバリューに加えて、
    アキッパに所属する一人一人が力を最大限発揮できる組織文化を育てることが重要になります。
    ミッション達成のために「“意識的に発揮するもの”」がバリューなのに対し、
    ホスピタリティ・カルチャーはアキッパに所属する一人一人はもちろん
    会社全体で育んでいく「“空気のようなもの”」です。
    一人一人の日々の言動や行動の積み重ねが、カルチャーを形成していきます。
    ホスピタリティ・カルチャーとは、「思いやり・心くばり」である
    「ホスピタリティ」を基礎にしたアキッパ独自の組織文化のことを指します。
    人の考え方や捉え方は個人によって異なるので、まずはどんな場面でも、相手を受け入れることが大切になります。
    そして、ホスピタリティ・カルチャーは、
    「相互尊敬」、「謙虚さ」、「性善説」の3つの要素で構成されています。
    28
    63






    View full-size slide

  28. 性善説
    TRUST
    性善説とは「人の本性は“善”である」と
    いう考え方です。メンバー全員が臆す
    ることなく本音で発言し、行動できる「
    心理的安全性」が高い組織であるために
    は、akippaに所属する一人一人が性善
    説の考え方に立って行動することが必要
    です。そして、組織において「心理的安
    全性」を高めることは、個人のパフォー
    マンス向上や、クリエイティブで生産性
    の高い働き方につながります。また、性
    善説の考え方に立った行動は、組織の中
    で信用を築くことにもなります。そのた
    め、私たちは「“性善説”の考え方に立っ
    て行動できる人」を仲間として受け入れ
    ます。
    組織文化
    HOSPITALITY CULTURE
    相互尊敬
    RESPECT
    akippaは「“なくてはならぬ”サービスを
    つくり、世の中の困りごとを解決する」
    という一つのミッションのもとに、多様
    なメンバーが集まっています。人には必
    ず長所があれば短所もあり、得意があれ
    ば、不得意もあります。相互尊敬とは、
    相手の短所や不得意な部分だけに集中す
    るのではなく、それぞれの長所や得意に
    素直に「すごい!」と認め合うことです。
    akippaに所属する一人一人が相手の良い
    部分を尊敬し、信頼を積み重ねることが
    大切です。相互尊敬によって、より良い
    組織を作り出すことが、アキッパの持続
    的かつ継続的な成長につながります。
    謙虚さ
    OPENNESS
    akippaは生活を支える電気のような、人々
    にとって必要不可欠なものを作りたいとい
    う思いから「“なくてはならぬ”サービスを
    つくり、世の中の困りごとを解決する」と
    いうミッションを掲げています。そして「“
    なくてはならぬ”サービス」を生み出し続け
    るためには、akippaに所属する一人一人が
    謙虚さを持ち、人々から応援、共感される
    必要があります。常に自分が正しいのかど
    うか、昨日の“常識”が今日も“常識”なのか
    どうか、謙虚に見つめ直しましょう。もし
    失敗や間違いがあっても、それを認め反省
    し、次に生かして成長できる人が「“謙虚
    さ”を持つ人」です。
    29
    63






    View full-size slide

  29. 代表取締役
    経営チーム
    金 谷 元 気
    1984年、大阪府生まれ。
    高校卒業後はJリーガーをめざし関西リーグなどでプレーしていま
    したが、起業を決意して22歳で引退しました。その2年後の2009
    年に24歳で弊社を創業しました。
    趣味はライブやスポーツ観戦に行くことです。特にももいろクロ
    ーバーZのライブによく行きます。
    元々は営業が好きで得意でしたが、今はプログラミングなどにも
    興味があり、趣味のプロダクトをつくれるようになるため勉強中
    です。
    代表取締役社長 CEO
    30
    63






    View full-size slide

  30. WANTED
    CPO / CTO
    新たにakippa株式会社が掲げた
    「プロダクトによる成長」の
    中心となっていただける
    CPO / CTOを必要としております。
    取締役
    経営チーム 役員(募集中のポジション)
    杉村 大輔
    取締役 兼 執行役員CCO(Chief Customer Officer)
    小林 寛之
    取締役副社長COO
    関西の大学(理系)を卒業後、東京でカフェに勤務し最短で
    店長になったのち、営業を経て、公認会計士の資格を取得
    しました。その後は静岡で監査法人に勤務しメーカー、金
    融、鉄道などの上場企業や、IPO準備企業の監査に携わり、
    東京へ戻ったのちに事業会社にて、CFOとしてマザーズ上
    場、東証1部上場を成功させ、akippa株式会社へと入社しま
    した。
    事業を成長させるべく、数字でアクションをコントロール
    しています。
    大学院在学中に公認会計士試験に合格し、修士課程を修了
    後、監査法人とPEファンドを経て、2014年に丸亀製麺を運
    営する株式会社トリドールホールディングスへ入社をしま
    した。約7年間にて、成長戦略の策定、海外展開、M&Aの
    実行、資本政策の立案、IR、資金調達、業務改善などを主
    導し、執行役員、取締役、常務取締役 兼 CFOを歴任しまし
    た。2020年にakippa株式会社へ入社し、経営戦略および事
    業戦略を立案しました。HRも管掌し、採用戦略の立案や人
    事制度の構築などもサポートしています。
    好きなことは美味しいものを食べること、旅行です。
    31
    63






    View full-size slide

  31. 役員
    経営チーム
    監査法人で監査業務に従事した後、アセットマネジメント
    会社にてファンド運営や商業施設のバリューアップ、ベン
    チャーのハンズオン支援を経験し、2016年にakippa株式会
    社へ入社しました。資金調達やM&Aを経験し、今は主に事
    業の成長と伴走しながら内部管理体制づくりに取り組んで
    います。アキッパの面白みは、人と人との出会いをつなぐ
    サービスであり、空いている場所に価値を創出することが
    できる社会的意義の大きいサービスである点です。また、
    当社の強みは何よりも素直で優しい仲間が多いこと。これ
    からも事業とコーポレートの垣根なく、議論しながら組織
    を作っていきたいです。
    accenture、ユーラシア大陸横断旅行、Fringe81、Google
    を経て、2015年にマーケティングの担当メンバーとして
    akippa株式会社へ入社しました。マーケティング・アライ
    アンス・事業推進などの幅広い責任者経験を経て、2020年
    より組織・人事責任者を務めています。
    akippa株式会社を"なくてはならぬ"企業にするため、「ホ
    スピタリティ」を持った組織作りと採用を行っていきたい
    です。
    趣味は旅行・キャンプ・格闘技・トライアスロン。基本的
    にカレーを食べています。
    西野 将規
    執行役員 Corporate Group Manager
    広田 康博
    執行役員 HR Group Manager
    松井 建吾
    共同創業者/執行役員 Founder Group Manager
    現在はプロダクト管掌役員としてプロダクトグループと経
    営のコミュニケーションを円滑にする架け橋となる役割を
    担っています。戦略・計画作成など上流工程の検討や、日
    々の運用における課題解決に対し、合理性と創造性、また
    akippa株式会社の独自性を持った判断、意思決定ができる
    よう意識しサポートしています。
    駐車場代が高い。停める場所がない。仕事に間に合わな
    い。会いたい人に会えない。そんな日常の中に潜む駐車場
    問題をサービスを通じて解決し、“なくてはならぬ”をつく
    ります。
    32
    63






    View full-size slide

  32. 杉山 全功
    原田 明典
    元株式会社ザッパラス
    元株式会社enish
    代表取締役 
    株式会社ディー・エヌ・エー
    常務執行役員 CSO 
    渡部 達也
    大橋 佑一郎
    久保田 和史
    今野 穣
    損害保険ジャパン株式会社
    ビジネスデザイン戦略部
    SOMPOホールディングス株式会社
    経営企画部
    住友商事株式会社モビリティハブ事業部
    損害保険ジャパン株式会社
    ビジネスデザイン戦略部長
    株式会社 DeNA SOMPO Mobility
    代表取締役副社長
    株式会社 DeNA SOMPO Carlife 取締役 
    株式会社グロービス

    キャピタル

    パートナーズ
    代表パートナー
    最高執行責任者 
    社外取締役
    経営チーム
    33
    63






    View full-size slide

  33. アキッパサービスの
    web/ネイティブアプリと
    バックエンド・インフラまでの
    開発・保守運用を担う
    オーナー・ドライバーにとって
    使いやすく親しみやすい
    UI/UXの設計・実装を担う
    アキッパのオーナーやドライバーへの
    提供価値を向上させるために
    長期・短期の企画立案や
    要件定義などを担う
    Engineer
    テスト設計・実行
    インフラ
    バックエンド開発
    アプリ開発
    Planning
    プロダクト企画
    Design
    デザイン
    フロントエンド開発
    体制図
    プロダク
    トチーム
    プロダクトによる連続&非連続の成長を繰り返しながら、
    「“なくてはならぬ”サービスをつくり、世の中の困りごとを解決する」
    の実現と世界一の企業を目指します。
    34
    63






    View full-size slide

  34. INTERVIEW
    プロダク
    トチーム
    アキッパで働くメンバーに、今までの経歴や
    参画した理由、仕事内容などを聞きました。
    35
    63






    View full-size slide

  35. Lead Enginee
    村上 健一郎
    リードエンジニア
    駐車場を使う人、貸す人をつなぐ
    アキッパの魅力は三方良しにある
    アキッパのどの点に興味を持ち、参画を決めましたか?
    アキッパは自社サービスかつ社会に役立つプロダクトであり、すでにユーザ
    ーがついている点が魅力的だったので興味を持ちました。
    面接を進めていく中でとても印象に残っていることは、担当エンジニアでし
    た。対等に話ができ優秀であると感じたことから、最終的には「人」が決め
    手となりました。
    アキッパでの役割を教えてください。
    入社当初は、webエンジニア、インフラエンジニア、他部署との窓口など担
    当範囲は多岐に渡りましたが、現在はシステムやサーバーの保守運用と、発
    生する課題に対して状況に合わせた立ち回りを行い解決へ導くことをメイン
    に関わっております。
    保守運用と、課題解決をメインに関わっています
    理由は“人”にありました








    携帯電話メーカー、Sler下請けでの受託開発、タクシ
    ー会社向けシステム、ゲーム会社を経てakippa株式会
    社へ入社。サービス全般の開発・サーバーインフラの
    運用を担当。
    村上 健一郎
    36
    63






    View full-size slide

  36. サービスのあらゆることを経験できます




    技術的な負債返済をしていきたい




    発生する課題に対して、技術に特化しているだけでは不十分なため、どう
    解決していくのかといったプロセスへと意識を向けるスキルが身に付きまし
    た。
    エンジニアとして身についたスキルはありますか?
    コメントをする際は相手を不愉快にさせるような言葉遣いをしないこと、良
    くない理由は必ず添えるなど、メンバーを常にリスペクトしながら仕事を進
    める姿勢を大切にしています。
    コードスタイルにおいても、原則的に指摘はしておりません。自動的にフォ
    ーマットされるようなシステムで対応していきたいと考えています。
    仕事をする上で大切にしていることは?
    サポートが切れていたり触れないリポジトリがあったりと、古いものが残っ
    ているため、今後は継続的に解消をしていきたいです。
    また毎月のインフラコストに関しても、最適化を行っていきたいと考えてい
    ます。
    今後、チャレンジしたいことはありますか?
    どのようなエンジニアに参画してほしいですか?
    今のアキッパに参画することで得られるものと
    現在のアキッパではどのエンジニアもサービスの開発・運用・保守とすべて
    に携わることになります。そのため、サービス全体を経験することができエ
    ンジニアとして大きな経験になるかと思います。
    また、自分で問題と感じたことや改善したいことを反映できる環境でもある
    ので、会社を自らの手で変えていくことができるのも成長の一つとなります
    ね!
    技術力では補えない、課題を解決する力です




    相手をリスペクトすること




    どうしても自社サービスの開発に携わりたいという想いがあれば、大阪では
    数少ない自社サービス企業のため、ぜひ参画してほしいです。
    ただ、自社サービスは継続的に改善し続けていくものです。それを苦痛と感
    じず、目的を理解して柔軟に対応していく姿勢が必要なので、資料や要件を
    そのまま作成してしまう人には向かないかなとは思いますね。
    自社サービスを継続的に改善したい人




    37
    63






    View full-size slide

  37. roduct Division General Manage
    ドリコムに新卒入社し、主にサービス企画職として、
    新規事業の立ち上げや推進に携わる。その後akippa
    株式会社へ入社し、現在はProduct Divisionのマネジ
    メントとPdMを担当。
    井上 直登
    アキッパはローンチしてからそこそこの年数が経っていますが、まだまだ
    実現できていない機能や体験がたくさんあります。定量的・定性的なファ
    クトからユーザーさまが何を求めているのかを見極め、優先度を設定して
    提供価値を最大化していくことがミッションです。そのため頻繁にユーザ
    ユーザーへの提供価値を最大化することです




    チームの全員の力で、
    より良いプロダクトを作っていく
    アキッパのどの点に興味を持ち、参画を決めましたか?
    アキッパでの役割を教えてください。
    解決すべき課題がたくさんあったからです




    東京から関西に戻りたいと考えていたときに、当時関西で伸びているスター
    トアップといえばアキッパくらいでした。
    色々調べたり話を聞く中で決め手になったのは、組織や事業にたくさんの課
    題が存在していたことです。自分の経験やスキルでそれらを解決でき、会社
    やユーザーの体験向上に貢献できそうと思えたので入社を決めました。
    井上 直登
    Product開発責任者
    38
    63






    View full-size slide

  38. アキッパは駐車場シェアリングにとどまらず、EVステーションや自動運転車
    との連携など、将来はさまざまなサービスと連携していきたいと考えていま
    す。現在のユーザーさまと向き合うことと同時に、そういった未来のビジョ
    ンから現在のプロダクトがどうあるべきかを考える力がアキッパで培われた
    とおもっています。
    もちろん、答えを出せてるわけではないですし、道半ばではあるので、今い
    る仲間と今後入っていただく方々と話しながら具体化させて行きたいと考え
    ています。
    ビジョンから逆算してプロダクトを設計する力




    akippa株式会社に入社して身についたスキルはありますか?
    ーさまとインタビューを実施したりもしています。
    また、マネジメントも担当しているので、個人としてはもちろんですが、チ
    ームとしてもそういうベクトルを向けることもミッションの一つです。
    アキッパのプロダクト開発のチームはまだまだ小さく、アウトプットも不足
    しています。今後、チームを大きくし、ユーザーさまのためになる企画をも
    っともっと実行していこうとしています。その過程で「自分たちのチームで
    良いプロダクトを作ってるんだ」と実感できる機会を増やしていきたいと考
    えています。
    そのためにメンバーの数を増やしていくことはもちろん、職種を問わず課題
    を見つけ・向き合い・解決していけるようなチームにしていきたいと思って
    います。
    チームで良いプロダクトを作った実感を増やしたい




    仕事をする上で大切にしていることは?
    楽しく働ける仕組み・環境を作ること




    私がいまのチームに入るまで、コミュニケーションの問題や価値観の違いで
    関係性がうまく作れないことが正直ありました。そのため、会社のバリュー
    をチームの言葉で再解釈する作業をメンバーと実施し、共通のものさし・ス
    タンスで仕事ができるようにしました。朝会などでも雑談の時間を多めにと
    って、コミュニケーション量を増やしたり、相手がどういう人なのかを理解
    できる機会を作っています。
    今後、チャレンジしたいことはありますか?
    よいプロダクトはよいチームからしか生まれないと思っているので、引き続
    きメンバーに支えてもらいながら楽しいチーム作りをしていきたいです。
    64
    39






    View full-size slide

  39. 変化を楽しみ、そこから学び、一緒に成長していける方




    課題の多さが私の入社の決め手だったのですが、まだまだ技術的・プロダク
    ト的・組織的にも解決すべき課題が残っています。解決するにはこれまでの
    考え方、やり方を変える必要も出てきますが、そういったことにも前向きに
    取り組んで、結果から学び、一緒に成長していける方と働けたら幸いです。
    どのようなエンジニアに参画してほしいですか?
    自己成長と自分が貢献したという実績




    お話できたらご理解いただけると思うのですが、アキッパには「この課題な
    ら私に解決できそう」というissueがたくさん転がっています。それらを一
    緒に解決していく中で、これまでの経験やスキルを活かしていただけます
    し、伸ばすこともできるはずです。また、それらはわかりやすい結果として
    現れると思っていますので、自身のキャリアでアピールできる実績を得られ
    ると思います。ですので、自身の成長とそれに伴う実績を積み上げていきた
    い方には最適な職場だと思っています。
    少しでもアキッパに興味を持っていただけたらカジュアルにでもお話させて
    ください。
    今のアキッパに参画することで得られるものとは?
    64
    40






    View full-size slide

  40. Designe
    西田 久美子
    デザイナー
    何をやっても良くなる!
    最高のモノづくり環境
    プロダクトのUI/UXデザインからフロントエンドコーディング、現地での設
    置物や販促物などのあらゆるデザイン業務に携わっています。
    デザイン全般と、フロントエンドコーディングが主です




    アキッパのどの点に興味を持ち、参画を決めましたか?
    アキッパでの役割を教えてください。
    近年拡大し続けているMaaS事業に携わりたかったからです




    人々の生活様式やニーズの変化とともに近年拡大し続けているMaaSに携わ
    りたいと考え、参画を決めました。また、発展途上の新しいサービスである
    ため課題が多く、常にチャレンジができる環境に大きな魅力を感じたことも
    理由の一つです。
    前職はフェンリル株式会社にて自社事業と受託事業を
    経験。自社事業に面白味を感じていた時に声がかか
    り、akippa株式会社へ入社。デザイン全般を担当。
    西田 久美子
    41
    63






    View full-size slide

  41. アキッパのデザイナーは、サービスの成長に必要なデザイン業務を全て担当
    します。様々なデザインワークを通じて、それぞれの理解を深めることがで
    きます。その経験から新しい適正への気づきもあるのではと感じています。
    また、まだまだ制度や環境が整っていない環境下です。自分がゼロから考え
    て動く必要があるため、相当なコアスキルも身に付くと思います!
    様々なデザインワークによる本質への理解と、新たな気づき




    アキッパはまだまだ改良の余地に溢れているサービスであり、手がける業務
    全般がサービスの前進や成長に直結しています。そのため山積みの課題を前
    にして、何をやっても以前より良くなると前向きに捉え一緒に課題解決に取
    り組むことのできる人が理想です。作り手の楽しい気持ちは必ずユーザーに
    も伝播すると思っています!
    何事も前向きに捉え、一緒に課題解決に取り組める人




    以前は他部署からの依頼対応が大半を占めていましたが、現在はデザイナー
    主導での案件も少しづづ手がけ始めています。今後は自立自走のチームとし
    て多くの成果を生み出せるよう成長していきたいです。
    デザイナー主導で多くの成果を生み出していきたい




    “オーナーシップ”を持って“ユーザー視点”で考えること




    サービスデザイナーは、フェーズやBizサイドの状況などで要求されるもの
    が常に変化する仕事です。その中でいいものを作るには“オーナーシップ”を
    持って開発に取り組むことと、“ユーザー視点”でものごとを考えること。こ
    の二つが重要だと考えています。
    アプリの予約画面にカレンダーUIを導入するプロジェクトにて、当初はチー
    ム内で旧UIからの変更が大きすぎると反対の声がありましたが、より使いや
    すくなると考え開発に踏み切りました。結果としてユーザーから好反応をい
    ただき、web版へも導入することに。時にはリスクをとりながらも最善を目
    指して挑戦する力が身につきました。
    最善を目指して挑戦する力




    デザイナーとして身についたスキルはありますか?
    仕事をする上で大切にしていることは?
    今後、チャレンジしたいことはありますか?
    どのようなデザイナーに参画してほしいですか?
    今のアキッパに参画することで得られるものとは?
    42
    63






    View full-size slide

  42. アキッパサービスがローンチされてから年月が経過し、仕様的・技術的
    負債が蓄積されてきています。これらの解消に向けた企画や実装工数の
    確保など経営の理解を得ながら進めております。
    開発環境の整備
    エンジニアやデザイナー、企画職がユーザーと向き合い最高の体験を作
    っていくために必要な環境を用意します。
    適切なデバイス貸与
    成長への投資
    各職種のキャリアパスの実現に向けた支援を行い、新しい技術の採用な
    どに積極的に取り組んで行きます。
    書籍購入補助制度 イベント登壇、参加への支援
    仕様・技術的負債への向き合い方
    環境整備への取り組み例
    プロダク
    トチーム
    フレックスタイム制 転居補助制度
    43
    63






    View full-size slide

  43. インフラ
    その他
    技術スタック
    フロントエンド
    バックエンド
    44
    63






    View full-size slide

  44. 開発プロセス
    開発プロセスは解決すべき課題を定義し、解決策を考えていくところから実行していきます。
    決まった型はなく、課題に合わせた進め方をチームで話し合います。
    企画 要件〜仕様検討 デザイン
    発案
    PdM等が日々の数字や
    顧客の声などから
    改善策を企画
    企画の実現可能性を
    アドホックな分析や
    インタビューなどで
    検証
    分析
    課題を定義したあと、解決策の
    ブラッシュアップをディスカッション
    チームで要件やUIをベースに
    機能や実装方法を決めていきます
    要件〜仕様策定
    要件から詳細な
    画面デザインデータを作成
    デザイン作成
    実装
    テスト後問題なければリリース
    その後はredashやGAなどで
    状況を分析します
    リリース
    フロントエンド実装
    リリース
    バックエンド実装 QA
    画面デザインデータから
    フロントエンドの実装を行います
    コードレビューや
    テストを実施
    Engineer BizDev
    Designer Designer
    Designer Engineer
    45
    63






    View full-size slide

  45. 駐車場オーナーからの要望として、「誰にでも貸し出せる」駐車場では
    なく、特定の人にだけ貸し出したいという要望があった。
    分譲マンションの空き駐車場などでそういった要望が多く、社会問題化
    していたのでアキッパとして対応することを企画。
    企画
    営業・企画・エンジニアで価値検証に足るMVPの要件を定め、オーナー
    さまとすり合わせ。価値検証とうまく行った場合のポテンシャルを試算
    して開発することに決定。
    仕様検討・実装
    実装期間はおよそ1ヶ月ちょっとでリリース。
    検証段階から相談していたオーナーさまにご導入いただき、予約状況を
    見ながら機能改善を継続的に実施中。
    テスト・リリース
    具体的な開発事例 akippa private
    46
    63






    View full-size slide

  46. WORKING ENVIRONMENT
    働く環境について

    View full-size slide

  47. 部門別構成比
    現在の部門別構成 (2023年5月時点)
    短期的な部門別構成の目標
    50名
    56名
    11名
    32名
    ※ 社外役員・アルバイト・常勤取締役・常勤監査役を除く、正社員が対象(2024年2月時点)
    15名
    7名
    34名
    短期的には
    全体の25%を目指す
    7名
    プロダクト部門(Product Division)
    (役員・アルバイト除く)
    合 計
    合 計 ※
    (+業務委託11名)
    (+業務委託12名)
    ビジネス部門(Corporate Group・Product Division以外)
    コーポレート部門(Corporate Group)
    48
    63








    View full-size slide

  48. 合 計
    合 計
    平均年齢・性別比率・平均勤続年数
    34名 37名
    16名
    4名
    4名
    ~3 年未満
    ~1 年未満
    40代
    50代
    30代以下
    ~5 年未満
    5 年以上
    40名
    9名
    1名
    男性
    女性
    平均年齢
    37歳
    ※ 性別比率 ※

    %
    68 32%
    ※ 社外役員・アルバイト・常勤取締役・常勤監査役を除く、正社員が対象(2023年9月時点)
    5名
    6 9ヶ月

    全社員の
    平均勤続年数
    49
    63








    View full-size slide

  49. 転職してきた方のキャリア例
    Google / DeNA / GREE / VISIONAL / ORACLE
    NTT DATA / SCSK / Sky / DRECOM / gloops
    Works Applications / accenture / Softbank / Rakuten
    RECRUIT / スマレジ / SHOWCASE / UniQuest
    Synergy Marketing / CCC MARKETING / トーマツ
    EY / 東京海上日動 / 南都銀行 / TORIDOLL
    様々な業種・企業から、多彩なメンバーが集まっています!
    IT Sler
    ゲーム
    EC
    人材 広告代理店
    外食 不動産 通信
    監査法人 銀行
    保険 投資
    コールセンター
    デジタルMKT
    経験職種 出身企業
    50
    63








    View full-size slide

  50. 産休・育休取得実績多数
    副業可(本業に支障のない範囲、競合不可)
    服装自由
    各種保険完備
    各種手当
    働き方・福利厚生
    注)一部の制度はシフト勤務者へ適用されません
    3月
    1日
    通勤手当 / 住宅手当 / 時間外手当 / 休日労働手当
    深夜勤務手当 / 固定残業手当(会社指定者のみ)
    完全週休2日制
    祝日休み
    年末年始休暇、夏季特別休暇
    入社時点での年次有給休暇付与 ※入社月に応じた付与日数
    入社月
    付与日数
    4~9月
    10日
    10月
    9日
    11月
    7日
    12月
    5日
    1月
    3日
    2月
    1日
    ( 基本情報 )
    51
    63








    View full-size slide

  51. プロダクトチームは原則リモートワークとなっており、オフ
    ィス出社を選択できるようになっています。
     
    2022年4月以降は、月に1度は東京・大阪それぞれのオフィス
    (3ヵ月に1度は全員大阪オフィス)に集まって、会社のカルチ
    ャーを確認したり、他のチームとのコミュニケーションを促
    進する機会を設定しています。
    リモートワークについて
    52
    63








    View full-size slide

  52. 募集要項
    ソフトウェアエンジニア
    (バックエンド)
    デザイナー iOS/androidエンジニア
    webサービスの開発を担当し、
    UXを高めるための視点から
    サービス向上を目指すための
    企画までを行う
    サービス価値を高めるべく
    UI・UXに基づいた視点での
    デザイン業務
    サービス価値を高めるべく
    UXに基づいた視点での
    開発・企画力
    最新の募集ポジション・募集要項は、akippa株式会社採用ページをご確認ください。
    https://career.akippa.co.jp/
    53
    64








    View full-size slide

  53. OSAKA
    OFFICE
    54
    64








    View full-size slide

  54. TOKYO
    OFFICE
    55
    64








    View full-size slide

  55. 基本的な選考フロー
    書類選考 1次面接 2次面接 最終面接 オファー面談
    ご提出いただいたレジュ
    メを基に、応募ポジショ
    ンとのキャリアフィット
    を確認いたします
    担当部門の責任者と話し
    ていただき、経験の確認
    とスキル・バリューやカ
    ルチャーへのフィットを
    相互に確認いたします(
    部門の担当者、HRが同席
    する場合もございます)
    担当部門の取締役・執行
    役員と話していただき、
    バリューやカルチャーへ
    のフィットを相互に確認
    いたします
    代表取締役と話していた
    だき、総合的な観点から
    選考させていただきます
    オファーを出す前に、オ
    ファー条件についてご相
    談させていただきます
    カジュアル面談 相互の理解を深めるため、必要に応じて選考前にプロダクトチームのメンバーとカジュアルにお話しいただけます。
    以下が標準的な選考フローですが、相互の理解を深めるために、
    候補者様ごとに面接の順番や回数は変更する場合がございます。
    56
    63








    View full-size slide

  56. アキッパにフィットする人材
    おそらくフィットしなさそうな人
    akippa株式会社のミッション、ビジョンに共感
    環境や働き方をゼロから作っていくことを楽しめる
    常に全力でやりきる
    「思いやり・心くばり」を持って相手を受け入れる
    会社を探す主な軸が「伸びてるスタートアップ」
    求める環境がすべて整ったところで働きたい
    80点、90点で満足してしまう
    仲間への尊敬や、素直に反省することができない
    「真のテックカンパニー」を目指すためのHard Thingsを、一緒に乗り越えてくれる仲間を探しています!
    フィットする人
    57
    63








    View full-size slide

  57. 詳細情報は採用サイト、noteへ
    採用サイト 社長note
    詳細な求人情報や
    会社紹介資料だけでは伝えきれない
    akippa株式会社の幅広い情報を発信
    代表取締役社長CEOの金谷元気が
    創業者としての想いや
    「アキッパ」の未来について赤裸々に語るnote
    募集ポジションや働き方の詳細については、以下の採用サイト、noteなどをご覧ください。
    https://career.akippa.co.jp/ https://note.com/galaxy
    58
    63








    View full-size slide

  58. https://meety.net/matches/DOEwYkmbDrUF
    akippaのデザインの仕事、
    働き方について
    ゆるく話します
    [エンジニア向け]
    生涯現役エンジニアを
    目指す方とキャリアパスに
    ついて話したい
    [エンジニア向け]
    技術的負債についての
    お考えやお悩みについて
    お話しませんか
    [エンジニア向け]
    大阪スタートアップのリアル
    についてお話します
    アキッパに少しでも興味を持っていただいた方へ
    https://meety.net/matches/mBIjSRjDsrbA
    https://meety.net/matches/PsIggBGrcmcN
    井上 直登
    プロダクト開発責任者
    村上 健一郎
    リードエンジニア
    西田 久美子
    デザイナー
    「いきなり応募するのはハードルが高い」「でも、アキッパには少し興味がある」という方でも
    以下のメンバーと、Pittaからカジュアルにお話しもできます!
    https://meety.net/matches/BxdhwTZpjqPV
    山下 太郎
    ソフトウェアエンジニア
    (バックエンド)
    59
    63








    View full-size slide

  59. 会社概要
    会社名 akippa株式会社
    所在地
    設立
    資本金
    代表者
    TOKYO OFFICE
    2009年2月2日
    20億円(資本準備金含む)
    代表取締役社長CEO 金谷 元気
    〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-2-1
    KANDA SQUARE 13F WeWork内
    OSAKA OFFICE
    〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70
    なんばパークスタワー 14階
    60
    63








    View full-size slide

  60. 沿革
    0
    50
    100
    150
    200
    250
    2009
    2010
    携帯電話の
    営業会社として
    2009年設立
    求人広告事業を
    スタート
    2013
    2011
    出版事業を
    スタート
    ミッション
    「なくてはならぬをつくる」
    を制定
    東京オフィスを
    開設
    株式会社へ
    組織変更
    2014
    「アキッパ」の
    サービス開始
    IVS Launch Padで
    優勝
    2015
    社名をakippaへ
    変更
    2016
    トヨタと連携し
    提携ファンドを通じて
    出資を受ける
    2017
    日経優秀製品
    サービス賞を受賞
    出版事業を売却
    ワンサービスに
    2018
    ロゴの変更
    DeNA,GCP
    ,住商などから
    追加資金調達
    2019
    SOMPO
    ホールディングスから
    資金調達
    (累計調達額35億円)
    2021
    2020
    2019
    2018
    2017
    2016
    2015
    2014
    2013
    2012
    2011
    2010
    2009
    会員数
    (万人)
    61
    63








    View full-size slide

  61. リアルの“あいたい”をつなぐプラットフォームを一緒につくりませんか。
    皆様のエントリーをお待ちしております。

    View full-size slide