Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

企業で"も"活躍できる人材像: 企業が院卒者のためにできること、教育機関としての大学に望むこと

Masatsugu Hangyo
September 01, 2023

企業で"も"活躍できる人材像: 企業が院卒者のためにできること、教育機関としての大学に望むこと

言語処理学会第27回年次大会ワークショップ "若手研究者交流のニューノーマルを考える"で発表した際のスライドです。

Masatsugu Hangyo

September 01, 2023
Tweet

Other Decks in Research

Transcript

  1. Copyright©Weathernews Inc.
    企業で"も"活躍できる人材像:
    企業が院卒者のためにできること、
    教育機関としての大学に望むこと
    ウェザーニューズ(WNI)
    萩行 正嗣
    Twitter: @mhangyo
    2021/3/19
    若手研究者交流のニューノーマルを考える

    View full-size slide

  2. 2
    自己紹介
    萩行 正嗣 (はんぎょう まさつぐ)
    2014年3月: 博士を京大黒橋・河原研で取得(D4)
    当時のテーマ: ゼロ照応解析
    京都大学ウェブ文書リードコーパス(KWDLC)の構築
    2014年4月:ウェザーニューズ(WNI)入社
    2014年6月: 航海気象予測チーム配属
    2014年11月: AIプロジェクトの立ち上げにともない異動
    2018年11月- : SIP「国家レジリエンス(防災・減災)の強化」
    防災チャットボットの開発に従事

    View full-size slide

  3. 3
    10年前を振り返って
    ▪ 2011年3月11日
    ➢ NLP2011-WS「自然言語処理における企業と大学と学生の関係」
    ➢ 優秀な博士の学生 × 研究力が欲しい企業のマッチングに見えた
    ➢ 博士課程で苦戦していた自分はどうすればいいか分からなかった

    View full-size slide

  4. 4
    博士が100人いる村
    (中略)

    View full-size slide

  5. 6
    今日のテーマ
    不幸にならない選択肢を増やしたい

    View full-size slide

  6. 7
    何故、企業で働くことを決断したか?

    View full-size slide

  7. 8
    何故、博士課程に進学したか?
    ▪ 親が大学教授だったので研究職に憧れがあった
    ▪ 修士で就職した場合、
    NLPの仕事を続けることは出来ない可能性が高いと思った
    ▪ M1の5月にNL研の学生奨励賞とって、
    自分は研究に向いてるんじゃないかと思った
    ぶっちゃけ、そんなに深く考えてなかった

    View full-size slide

  8. 9
    博士課程を振り返って
    ▪ D1: 修士の時のテーマ(語彙知識獲得)を続けるも芽が出ず
    ▪ D2: ゼロ照応解析にテーマ変更
    ▪ D3:
    ➢ 3-5月: 少しだけ就活(2社)してやめる
    ➢ 11月:PACLIC 26 初めての国際会議
    ▪ D4:
    ➢ 1-5月: 就活。複数の会社に落ちた後、現職に内定。
    ➢ 10月: EMNLP2013
    ➢ 1月: 「自然言語処理」コーパス特集号採択通知
    ➢ 4月: 「自然言語処理」採択通知
    就活の時の話は、Dの会の招待講
    演でやらせてもらいました。
    スライド欲しい方はDMください

    View full-size slide

  9. 10
    博士課程の間に分かったこと
    ▪ 研究は好きだけど、「論文を書くための研究」は苦手
    ▪ 英語が苦手なことは誤魔化しが効かない
    ➢ それなのに英語学習から逃げ続けていた
    ▪ 有期職を渡り歩く生活は厳しそう
    自分が研究職に向いてないと理解できた

    View full-size slide

  10. 11
    NLP業界を去る気満々のツイート群

    View full-size slide

  11. 12
    研究職を選ばない
    &
    専門性を活かさない
    博士課程の生き方をどう考えるか

    View full-size slide

  12. 13
    専門性を活かさない?
    ▪ NLPの知見は活かさないの?
    ➢ ブームがいつまで続くのか分からない
    ➢ 言語学系の人もいる
    ➢ 個人の想いとしては、博士課程全体のテーマとしたい
    ➢ 現状では強みになるのは事実
    ▪ エンジニアは?
    ➢ 就活において強みになるレベルのコーディングは厳しい
    ➢ 世の中とNLPの技術スタックに差がある時期は逆風が吹き荒れる
    ➢ エンジニアリングは研究にも役立つのも事実

    View full-size slide

  13. 14
    博士のイメージを変える
    ○ 優秀だから博士に進学している
    給料を高くしないといけない
    ○ 研究の仕事をすべき
    ○ 専門性を活かす = 専門職に付くべき
    × コミュニケーションが苦手そう
    × 仕事を選り好みしそう
    × 年をとっていて面倒そう
    × 社会人スキルなさそう
    ○ 優秀じゃない人もいる
    厚遇しなくてもいい
    ○ 研究以外の仕事をしたい人もいる
    ○ 専門性は以外な場面で活きてくる
    × コミュニケーションは人に依る
    「ウェーイ!」って感じだけがコミュ
    ニケーションじゃない
    × 仕事を選り好みする余裕ない人もい

    × そもそも年齢関係ないのでは?
    × Officeの扱いとかプレゼンとかテク
    ニカルライティングとか強い

    View full-size slide

  14. 15
    学生自身
    ▪ 就活をするなら真面目にやる
    ➢ 馬鹿馬鹿しい就活マナーもちょっとは知っとく
    ➢ 就活マナーに価値があるわけではなく、世の中に合わせられるとい
    うアピール
    ➢ 大学のキャリアセンターなども活用
    ▪ 博士号を取得することをゴールにしない
    ➢ 論文を書くこと以外に様々なスキルをしっかり身に付ける
    - IT開発力
    - プレゼン力
    - ディスカッション力
    - 教育力
    - 幅広い学術知識
    ”The illustrated guide to a Ph.D.”
    Ph.D
    こういう形にしない

    View full-size slide

  15. 16
    大学(研究室)
    ▪ 幅広い知識を身に付ける講義(学部、修士)
    ▪ 研究室内での活発な研究交流
    ➢ 質疑応答スキルは質問する側、される側ともに重要
    ▪ テクニカルライティング、プレゼン力の徹底的な赤入れ
    ➢ 日本の教育では、研究室で磨くしかない
    = 博士課程の学生の社会人としての武器となる

    View full-size slide

  16. 17
    企業
    ▪ 年功序列、学歴、資格で固定的に評価しない、
    仕事を決めつけない
    ▪ 自社の評価軸で育った、同年齢の社員と比較しない
    ▪ 博士課程は3年でとれる保障はないことを理解する
    ➢ 面談時に「博士取れるか分からない」って言われてもひかない
    ➢ 内定時には3年でとれなかった場合について学生と相談
    - 取らずに就職できるか?待遇は?

    View full-size slide

  17. 18
    先に社会に潜り込んだ我々
    ▪ 「博士の人を採用したい!」って企業が思うように頑張る
    ▪ 自分の「しあわせ」のためにも、
    与えられた場所で咲くように割り切る
    ▪ でも、チャンスがあれば専門性を発揮して会社に貢献
    ➢ お金をつけた共同研究できるとなおよい

    View full-size slide

  18. 19
    さいごに
    ▪ きたるべき冬の時代に備えて
    ➢ 博士課程の学生の数を保つことは分野にとって重要
    - 進学リスクを減らす
    ➢ 分野に依存しない博士課程のキャリア形成
    - 他の分野の博士の学生にも優しい手を
    ➢ 「学会運営支援」「秘書」みたいなアカデミック知ってるからでき
    る職を増やす?

    View full-size slide