Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

アジャイル・スクラム勉強会_ふりかえり

 アジャイル・スクラム勉強会_ふりかえり

Satoshi Harada

February 01, 2023
Tweet

More Decks by Satoshi Harada

Other Decks in Programming

Transcript

  1. アジャイルな改善の取り組み
    ふりかえり
    アジャイル・スクラム勉強会
    Satoshi Harada

    View full-size slide

  2. PDCAサイクル
    ● 継続的な改善手法としてはPDCAサイクルが有名
    ► Plan 計画する
    ► Do 実行する
    ► Check 実行結果を評価・分析する
    ► Action 改善策考えて計画に繋げる
    ● アジャイルの継続的改善もPDCAサイクルに則る
    ► Plan 短い期間(イテレーション)を計画する
    ► Do イテレーションの計画を実行する
    ► Check イテレーションの結果を評価・分析する
    ► Action 改善策を考えて次の計画に反映する
    ✔ このうち、CheckとActionのための
    取り組みがふりかえり

    View full-size slide

  3. Try
    Problem
    Keep
    ふりかえりとは
    ● イテレーションをふりかえることで、継続的な改善に繋
    げる取り組み
    ● KPTというフレームワークがよく使われる
    ► Keep 良かったこと・続けたいこと
    ✔ やってみて上手くいったことをチームに広める
    ► Problem 問題だったこと・改善したいこと
    ✔ 個人の問題とせず、チームの問題として扱う
    ► Try 次回のイテレーションの改善アクション
    ► KeepやProblemからチームの改善策を考え、次回のイテレー
    ションで実施する改善アクションとする

    View full-size slide

  4. 実施タイミング
    ● ふりかえりはイテレーションの最後に毎回行う
    ● 1イテレーションを1週間としている場合、1週間に1
    回はチェックと改善の機会がある
    1ヶ月目
    3ヶ月
    2ヶ月目 3ヶ月目
    仮に3ヶ月のプロジェクトを
    1週間のイテレーションで行う場合、
    ふりかえりによる改善の機会は12回ある

    View full-size slide

  5. 実際のやり方
    ● アナログ・デジタルどちらでもOK
    ► ホワイトボード + ポストイット
    ► Trello, Github Projects, Atlassian Jira
    ✔ テレワークや、チームメンバーのロケーションがバラけている
    場合はデジタルのほうが便利
    TrelloでKPTのふりかえりを実施する例

    View full-size slide

  6. ふりかえりのコツ
    ● ファシリテーターが必要
    ► 参加者から広く意見を募るが、より良い改善につながるように場をコント
    ロールする人が必要
    ► 何も改善策が出ない・雑多な改善策が出すぎることもあるので、ちょうど
    良い改善策の数になるように調整する
    ✔ チームが継続的な改善をできるようにアシストする
    ● ダラダラやらない
    ► KeepとProblemは予め参加者に考えてもらっておく
    ► ふりかえりの会ではKeepとProblemを各自が説明し、Tryを考える場とす

    ● 感想だけを言う場にしない
    ► 「XXXだった」で終わりにしない
    ► 「XXXだったから、XXXにしたい」という行動プランまで考えるようにす

    ● 特定の人を批判しない
    ► 事象を憎んで人を憎まず
    ► 個人の課題ではなくチームの課題として捉え、改善策をチームで考える

    View full-size slide

  7. 継続的改善への取り組み
    ● Tryを考えて満足したらダメ
    ● Tryを次のイテレーションの計画に含め入れる
    ● 次回のふりかえりで、前回のTryが遂行されたかどうか
    チェックする
    ● 問題が解消できていない場合は、引き続きTryとする
    Try
    イテレーション
    ふりかえり
    Try
    イテレーション
    ふりかえり
    Try
    イテレーション
    ふりかえり
    続く…
    計画に
    反映
    計画に
    反映
    計画に
    反映
    Try結果を
    チェック
    Try結果を
    チェック

    View full-size slide

  8. マンネリを避ける
    ● 何回かふりかえりを繰り返すとマンネリ化してくる
    ► アジャイルな取り組みをベースに、チームがチャレンジン
    グなTryを続けられるようにスクラムマスターが新たなTry
    を提示していく
    ✔ チームで一部の人しか持っていないスキル・知識を、他の人も
    同じレベルでできるようにスキルトランスファーを進める
    ✔ タスク完了までのフローを改善する(WIP制限を検討)
    ✔ ペアプロ・モブプロを積極的に取り入れる
    ✔ テストやデプロイの自動化を推進する
    ● チームの練度が上がって成長すると、
    課題となる事柄も変化してくる
    ► それまで上手くいっていても、
    新たな課題は発生する
    ► 改善に終わりはない

    View full-size slide

  9. 雑談Time
    KPTのフレームワークでふりか
    えりを実施し、改善策を出して
    いく方法についてイメージでき
    ましたか?
    短い期間でくりかえしふりかえ
    りを実施し、継続的に改善を行
    うことでチームの練度を上げて
    いくことについてどう思いまし
    たか?

    View full-size slide