Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

社内アジャイル勉強会コミュニティの火を燃やせ!製造業に入社して4か月でやったこと全部見せます!

 社内アジャイル勉強会コミュニティの火を燃やせ!製造業に入社して4か月でやったこと全部見せます!

スクラムフェス大阪2023の神奈川トラックで発表させていただきました。
社内で楽しい学びの場を作りたい!と秘かに心を燃やしている人に向けて、コミュニティ活動は「楽しい」が大事であることを伝える内容となっています。

Satoshi Harada

July 02, 2023
Tweet

More Decks by Satoshi Harada

Other Decks in Technology

Transcript

  1. © KONICA MINOLTA
    社内アジャイル勉強会コミュニティの火を燃やせ!
    製造業に入社して4か月でやったこと全部見せます
    Satoshi Harada
    2023
    神奈川トラック

    View full-size slide

  2. © KONICA MINOLTA
    1
    • この発表を聞いて欲しい人
    • 社内で楽しい学びの場を作りたい!と密かに心を燃やしている人
    • この発表から得られるアウトカム
    • 楽しい学びの場を今まさに作っている実例を知る
    • 実例ベースでうまくいったこと・うまくいかなかったことを知る
    • 社内コミュニティ運営は楽しいが大事であることを理解する
    あなたが一歩目を踏み出す勇気を
    「楽しい」というキーワードとともに持ち帰ってもらう
    はじめに

    View full-size slide

  3. © KONICA MINOLTA
    2
    Satoshi Harada
    @harada_psj
    Agile Coach / Scrum Master / Software Developer
    自己紹介
    Scrum Fest Sapporo 2021 Regional Scrum Gathering Tokyo 2022
    Scrum Fest Sendai 2022 Scrum Fest Mikawa 2022

    View full-size slide

  4. © KONICA MINOLTA
    3
    コニカミノルタ?

    View full-size slide

  5. © KONICA MINOLTA
    4
    • Agile CoE
    • アジャイル開発の専門家集団
    • アジャイルコーチングとアジャイルの教育啓蒙を行う
    • 社内のアジャイル開発経験者で構成
    • 2016頃から活動(アジャイル開発の取り組みはそれ以前から)
    • 社内研修・社内認定制度
    • KMプロダクトオーナー
    • 社内で独自の研修を提供(ユーザーストーリーマッピングなどの実践ワーキング)
    • KMスクラムマスター
    • Scrum Alliance CSM受講&認定
    • スクラムマスターOJT&アジャイルコーチ伴走
    コニカミノルタ、実はアジャイルやってます
    コニカミノルタってアジャイルやってるの?

    View full-size slide

  6. 入社して4か月でやってきたこと
    5
    入社して4か月で
    やってきたこと
    何を考えながら
    進めていたか
    これから何を
    していくか

    View full-size slide

  7. © KONICA MINOLTA
    6
    • すでに開発でアジャイルやってる
    • 社内研修もある
    • もっと自主的に・誰でも・自由に参加できる、学びのためのコミュニティが欲しいと思った
    • 部署を跨いで、勉強会というテーマで人が集まる場を作ったら、楽しそう!
    • 最初は個人的モチベーションだった
    • コニカミノルタは真面目でちゃんとした人が多い社風
    • ちょっと緩く・まったり・気が向いたときに集まって、興味があること一緒に学んでみる?とい
    う場でいいと思った
    上手くいけば嬉しいし
    上手くいかなければ止めるか方向転換
    くらいの軽い気持ちで始めた
    なぜコミュニティを立ち上げようと思ったか

    View full-size slide

  8. © KONICA MINOLTA
    やったこと時系列
    7
    FEARLESS CHANGE読書会
    社外カンファレンス上映会
    アジャイル
    マニフェスト
    読み合わせ会
    スクラムガイド
    読み合わせ会
    社外スクラムマスター
    交流会
    社外の著名エンジニア
    を招いて登壇していただく
    始まりの火
    現在

    View full-size slide

  9. © KONICA MINOLTA
    8
    • 過去の経験から、勉強会から始めるというアプローチが有効であること
    を知っていた
    • スクラムフェス札幌での登壇
    • しかし、1人で運営する辛さも知っていた
    • 1人でも始められるけど、仲間がいると心強い
    • 仲間になってくれそうな人を見つけた!
    • 入社前からの繋がりから
    • 「とりあえずやってみればいいんじゃない?」
    仲間がいるのは心強い
    仲間がいることで火を長く燃やすことができる
    始まりの火
    Scrum Fest Sapporo 2021
    始まりの火

    View full-size slide

  10. © KONICA MINOLTA
    9
    • なぜ読書会か
    • 参加ハードルを極限まで低く
    • 運営コストもできる限り低く
    • なぜこの本を選んだか
    • 前提知識不要
    • 誰にでも役に立つ
    • 工夫した点
    • オープンなコミュニティの場を確保
    • 参加者の事前読み込み不要
    • 運営のテンプレート化&ファシリ持ち回り
    楽しい学びの場が必要とされているはず
    という仮説をミニマムかつ高頻度で検証
    FEARLESS CHANGE読書会

    View full-size slide

  11. © KONICA MINOLTA
    10
    • なぜ上映会か
    • ブラウンバックミーティングの実践
    • 運営コストは引き続き低く
    • なぜScrum Tokyoのカンファレンス録画を選んだのか
    • 社外カンファレンスの様子を手軽に伝えられる
    • 社外カンファレンス上映会で起きた変化
    • チャット欄で実況や感想をどんどん書き込む
    • スクラムフェスのDiscordでは見慣れた光景
    • コニカミノルタ社内では新鮮
    • 上映した動画をきっかけに、次のコミュニティ活動が生まれた
    • 楽しい学びのスパイラル!
    ギャザリングとはどのようなものかを伝え、
    上映会の場もギャザリングにしていく
    社外カンファレンス上映会
    0
    50
    100
    150
    200
    書き込み数

    View full-size slide

  12. © KONICA MINOLTA
    11
    • なぜアジャイルマニフェストの読み合わせ?
    • コーチング先のチームにアジャイルを説明するため
    • どうせならオープンに開催しよう
    • これも運営の負荷は最小限に
    • 昔作成した資料をそのまま使ったので、準備コストはほぼゼロ
    • 講義形式
    • ちょっと楽しさの成分が足りない
    講義形式のティーチングのみでは
    楽しい学びの場にはできないのかもしれない
    アジャイルマニフェストの読み合わせ会

    View full-size slide

  13. © KONICA MINOLTA
    13
    • きっかけ
    • つかさんとの交流は、RSGT2022のギャザリングから
    • RSGT2023でもギャザる→QAの人交えて話したいね という流れ
    • 双方のアジャイルやQAに関連する人材の交流会を企画・実施
    • 社外の人の仕事の進め方や課題感を知ることができる機会
    • 2回実施
    • とても有意義な交流会だった
    • 会社をまたいでの開催調整となるため、運営側の負担がそれなりに
    大きいという気づき
    運営側も無理なく継続できるものでないと
    楽しい学びの場は維持できない
    社外のスクラムマスターとの交流会

    View full-size slide

  14. © KONICA MINOLTA
    14
    • きっかけ
    • 社外カンファレンス上映会からの流れ
    • スクラムフェス福岡のとある発表でShiibaさんの登壇が紹介されて
    いて、勇気をもらったというのが始まり
    • Shiibaさんの登壇を見たい→だけどYoutubeにアーカイブ残ってな
    い→Kuboさんが連絡を取ってくれて、お招きすることができた!
    • Shiibaさんの発表「誰も嫌な思いをしない変化」が聴けて最高だった!
    • これまでは参加していなかった層が来てくれた
    • だが、ものすごくたくさんの人が来てくれたわけではなかった
    人数が集まったら成功?
    人数ではなく楽しいに共感して
    くれる人が集まる場にしたい
    社外の著名エンジニアを招いて登壇していただく

    View full-size slide

  15. © KONICA MINOLTA
    15
    効果の高そうな施策の特徴
    • 継続性がある
    • スポットのとりくみも一定の成果はあったが、その後につながりにくい
    • フェアレスチェンジ読書会や社外カンファレンス上映会は、それ自体の1回あたりの進展は小幅だが、
    ここを起点にして何かが始まることが多い
    • これって、繰り返し・漸進的なのでは?
    • 敷居がおもいっきり低い
    • 社外カンファレンス上映会は、見てるだけでOK(ROM歓迎)
    • フェアレスチェンジ読書会は、本さえ持っていればOK。事前読み込みや準備は不要
    • とりあえず来てくれれば何とかなる
    • なんか楽しい!
    • 面白そう、興味あるという人が自主的に集まってる
    • 同じ興味関心を持つ人たちが集まり学びを深める場は楽しい
    いったんまとめてみる

    View full-size slide

  16. 私は何を考えながら進めていたか
    16
    入社して4か月で
    やってきたこと
    何を考えながら
    進めていたか
    これから何を
    していくか

    View full-size slide

  17. © KONICA MINOLTA
    17
    楽しい学びの場を作りたい!
    Agile CoE ガイドライン
    社内認定研修 認定者コミュニティ
    楽しい 自主的な集まり
    緩やかな繋がり
    ギャザリングの場
    全社共有会

    View full-size slide

  18. © KONICA MINOLTA
    18
    SECIモデルとコミュニティ
    共同化
    Socialization
    表出化
    Externalization
    内面化
    Internalization
    連結化
    Combination
    対話場
    システム

    実践場
    創発場
    形式知 形式知
    暗黙知
    暗黙知












    共通の体験を通じて
    暗黙知を他の人に移転させ
    るプロセス
    個人のノウハウなどの
    暗黙知を言語化し
    メンバーと共有するプロセス
    異なる形式知と組み合わせて
    新たな知を創出するプロセス
    新たに得た形式知を
    学習により体得するプロセス
    全社共有会
    社内認定研修
    ナレッジ
    DB
    認定者
    コミュニティ
    勉強会
    コミュニティ
    ガイドライン
    Agile CoE
    スクラム
    マスター
    OJT
    気軽
    フラット
    楽しい!

    View full-size slide

  19. © KONICA MINOLTA
    19
    コミュニティは焚火のイメージ
    https://unsplash.com/photos/yPBHXvN3HII
    着火

    順番に
    薪をくべる
    いきなり
    太い薪に
    火は着かない
    焚火は楽しい
    コミュニティ
    活動も楽しい
    が大事!

    View full-size slide

  20. © KONICA MINOLTA
    20
    どこで始めて誰を巻き込むか
    https://unsplash.com/photos/EuCll-F5atI https://unsplash.com/photos/pCYlHZAXfMI
    見えるところで
    オープンに

    View full-size slide

  21. © KONICA MINOLTA 21
    コミュニティの広まりにはキャズムがある
    https://media.mar-cari.jp/article/detail/195

    View full-size slide

  22. © KONICA MINOLTA
    22
    • 楽しい!という感情が人を動かす
    • 人は論理的な理由よりも、本能的な感情で動く生き物
    • 論理的には正しいけど、感情的には受け入れられないことに対して、
    人は動かない
    • 学びが必要ということはみんな知ってる。
    • しかし、そこから行動に移せないのは、感情が伴わないから
    • なので、自主的な学びの場を作るなら、楽しい!という感情を伴う
    場にしたかった
    • これは参加者側だけでなく、運営側も同様
    • 山あり谷ありのコミュニティ運営を続けるには、論理的なメリット
    だけでなく、運営側にも楽しい!という感情が必要
    なぜ楽しさにこだわるのか
    https://www.kango-roo.com/ki/image_1970/
    大脳新皮質
    知覚・思考などを司る
    大脳辺縁系
    感情・本能などを司る

    View full-size slide

  23. これから何をしていくか
    23
    入社して4か月で
    やってきたこと
    何を考えながら
    進めていたか
    これから何を
    していくか

    View full-size slide

  24. © KONICA MINOLTA
    24
    • 焚き火で言えば小枝に着火した状態
    • 火がすぐに消えてしまうか弱い状態ではないが、まだまだ安定しているとは言い難い
    • 火を維持するために、フェアレスチェンジ読書会や社外カンファレンス上映会といった、コアな参加
    者が見えてきた取り組みは引き続き頻度を維持して続ける
    • 火を大きく・安定したものにできるように、新たな薪を用意する必要がある
    • 上位層へのアプローチ
    • 外部のお墨付き
    • 宣伝
    • だが、この4ヶ月で気がついたら楽しさは見失わないようにしたい
    • これはきっと、社外勉強会コミュニティで私が目指したい世界観・ビジョンなのだと思う
    • 「楽しい学びの場を作る」、それが社内アジャイル勉強会コミュニティのビジョン
    • このビジョンに共感した人たちが、コミュニティに自ら参加し、主体的・自己組織的に活動し、成長
    する場にしていきたい
    楽しい学びの場であり続ける

    View full-size slide

  25. © KONICA MINOLTA 25
    楽しいを維持したままキャズムを越える
    https://media.mar-cari.jp/article/detail/195

    View full-size slide

  26. © KONICA MINOLTA
    26
    あなたもぜひ社内コミュニティ活動の一歩目を踏み出そう!
    楽しいと共に!
    最後に

    View full-size slide