Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

生産性向上チームの紹介

Cybozu
October 17, 2023

 生産性向上チームの紹介

生産性向上チームの採用ピッチ資料です。
ご興味ある方はぜひご連絡ください!

- キャリア採用はこちら 👉 https://cybozu.co.jp/recruit/entry/career/pr-engineer.html
- 新卒採用(2025年卒)はこちら 👉 https://cybozu.co.jp/recruit/entry/newgrad/Productivityimprovement-engineer2025.html

Cybozu

October 17, 2023
Tweet

More Decks by Cybozu

Other Decks in Technology

Transcript

  1. メンバー紹介 emiksk naotama Kesin11 t-masa miyajan r4mimu defaultcf takamin55 CircleCI

    Four keys 基盤 GitHub Actions セルフホストランナー korosuke613 日替わりで各 レーンに入る 8
  2. よく使う技術 コーディング CI/CD 言語 構成管理 パブリッククラウド 仮想化 JetBrains Intellij IDEA

    GitHub Actions CircleCI GCP Terraform Serverless Framework TypeScript Kubernetes VS Code 9
  3. 活動例:Four keys 基盤 ▌ プロダクトチームの開発生産性を測るためにFour keysを計測・可視化 するプラットフォームを開発・提供 ▌ Four keys

    とは ◼ DORAチームが提唱するソフトウェア開発チームのパフォーマンスを示 す4つの指標 ◼ デプロイ頻度・変更のリードタイム・変更障害率・サービス復元時間の 4つを指標として定義 11
  4. 活動例:GitHub Actions セルフホストランナー セルフホストランナーとは? ▌GitHub Actions を、用意したマシンで動作させるためのランナー ◼ GitHub Enterprise

    Server で Actions を動かす用途 ▌生産性向上チームでは OSS で提供されている philips- labs/terraform-aws-github-runner を利用して運用している 詳しくは philips-labs/terraform-aws-github-runnerによる GitHub Actions セルフホストランナーの大規模運用 | ドクセル 13
  5. 生産性向上チームでは ▌25分作業→5分休憩→ドライバー交代を繰り返す ▌3つのレーンに分かれて、1レーン2〜3人ずつで行う ◼ レーン ◼ Four keys 基盤 ◼

    GitHub Actions セルフホストランナー ◼ CircleCI Server ◼ 依頼系タスクは各レーンが毎日交代で担当 ▌休憩前に進捗を作業ログに残す ◼ 属人性を減らすため 25分 作業 5分 休憩 チームの特徴:モブプログラミングで開発! 17 ドライバー 交代