Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

OPENLOGI Company Profile for engineer

OPENLOGI Company Profile for engineer

OPENLOGI Company Profile for engineer

OPENLOGI

May 15, 2024
Tweet

More Decks by OPENLOGI

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ©OPENLOGI Inc. 6 オープンロジが⽬指す「遠くて⾼い⼭」 「物流」という巨⼤な業界と「EC」という急成⻑‧ハイポテンシャルな市場に切り込み、 イノベーションを通じて、⼤きな社会的インパクトを実現したいと考えています    物流業界 24兆円   EC市場 14兆円

    (出典)EC化率。経済産業省資料/2022年時点 ⽇本 9.13% 中国 45.3% ⽶国 15.0% 世界 19.3% EC市場は⻑期で成⻑トレンド コロナ禍でも強い成⻑ ⽇本のEC市場は 拡⼤余地が⼤きい 巨⼤ 急成⻑ ハイポテンシャル
  2. ©OPENLOGI Inc. 9 「物流の2024年問題」とは? 2024年度から配送ドライバーに、時間外労働の上限規制が適⽤されます。 ドライバーの労働時間が⼤幅に減少‧輸送能⼒が低下し、物流が”⽬詰まり”を起こす懸念が議論されています 2024年問題 概要 働き⽅改⾰関連法によって2024年4⽉1⽇以降、残業規制が配送ドライバーにも適⽤ ⾃動⾞運転業務の年間時間外労働時間の上限が960時間に制限され、違反した場合は罰則が課される

    社会への影響:物流の⽬詰まり 政府対応:荷主の物流効率化を義務づけ 35%の荷物が運べなくなる • 野村総合研究所は「2024年問題」でドライ バー不⾜が進み、2030年には「⽇本全国で約 35%もの荷物が運べなくなる」と推計 • ECの需要増加、多頻度⼩ロット化の⼀⽅、 ⼈材不⾜が加速する 物流効率化を荷主に義務づける法改正 を中間案として取りまとめ ドライバー不⾜が深刻化する「2024年問題」に 対応するため、国交省が荷主らに物流プロセス の効率化を義務づけることが柱で、関係者の意 識改⾰を促す⽅針
  3. ©OPENLOGI Inc. 11 サイロ化された物流課題 物流業界では各社が連携出来ておらず、それぞれ部分最適を⽬指した結果、”サイロ化”が起きており、 全体で⾒た場合には効率が悪いオペレーションが⾄るところで発⽣しています 荷主 › 物流ノウハウがなく、やり⽅がわからない ›

    委託先の倉庫の良し悪しが分からない › ⼩ロットは敬遠され、固定費が掛かる › 倉庫間の連携がなく、波動対応が受けき れない › 現場がアナログで、データによる 分析や⽣産性の改善が不在 › EC市場は成⻑するがドライバーが不⾜ →2024年問題(残業規制)が追い打ち › 積載効率が悪い(平均40%) 倉庫 配送 デジタル化(DX化)とネットワーク化により、物流業界は大幅に合理化・効率化が可能
  4. ©OPENLOGI Inc. 14 荷主と物流パートナーを結ぶプラットフォーム 倉庫会社 マテハン 配送会社 資材会社 物流パートナー 5社

    3社 荷主 5,300社 Eコマースを含む アパレル/雑貨/IPグッズ /インフルエンサー/マッ トレス/越境など様々 データ分析/活⽤ ‧需給予測 ‧リスク評価 ‧マッチング ‧最適化 ネットワーク化 提携70社 (※準提携130社) 12社 (国内‧海外) サービス提供 ソリューション 稼働率向上 庫内DX化 物流課題の解決 (コスト削減/効 率化‧⾃動化/最 適拠点配置等) 物流パートナーをネットワーク化することで、ノンアセット型のフルフィルメントサービスを提供 倉庫や配送といったフィジカルなリソースを AWSのようなインフラに変⾰し、サービスから得られる データを分析/活⽤することで、社会課題である物流業界の⾮効率を解消します
  5. ビジョン実現のためのロードマップ 柔軟性の⾼い物流版AWSを実現し、将来的には配送やサプライチェーンを含めたコマース全体を最適化する “フィジカルインターネット”の世界観を⽬指して参ります ECのグロース パートナー 倉庫 75社 従量課⾦ API連携 倉庫

    1-2社 物流版AWS 倉庫 250社 フィジカル インターネット 倉庫 500社 倉庫NW拡⼤ 配送連携 倉庫 15社 • EC物流の原型 • メニュー化/標準化 • 多数荷主の⼀元管理 • 倉庫の空きスペースを 有効活⽤ • 在庫分散⇒コスト減 • 越境キャリアと連携 • EC事業の幅広いニーズ をカバー • ⾃動出荷率を向上 • マルチチャネル対応 • データ活⽤‧可視化 • ロボティクス化による オペレーション効率化 • ECの波動に対応 • モノの流れをデータで 捉え、究極に効率化 • 海外やSCM含めた コマース全体の最適化 フェーズ3 フェーズ4 フェーズ5 フェーズ1 フェーズ2 18
  6. ©OPENLOGI Inc. 22 物流の未来を、動かす Mission テクノロジーを使い、 サイロ化された物流をネットワーク化し データを起点にモノの流れを⾰新する Vision 1.悩まない物流

    荷主や倉庫が物流について 悩まなくても良い状態を作る 2.無駄のない物流 荷主-倉庫-配送が連携しムダの 少ない効率的な物流網を構築する 3.物流から商流へ 物流データを起点とした 新しい商流網を構築する 物流はこれから、テクノロジーがより浸透し ダイナミックに変化する これまでアナログだった物の流れがデジタルになり ⾼効率化された未来が到達する 物をつくる⼈とそれを欲しい⼈ その間の物流や配送が全てネットワーク化され 需要と供給が最適化される 物流の進化から、経済が新たに活性化する 次世代のインフラを作り、この時代の変⾰を 物流に関わる多くの情熱たちと共に成し遂げる
  7. ©OPENLOGI Inc. 23 会社概要‧沿⾰ 会社名 株式会社オープンロジ 設⽴ 2013年12⽉25⽇ 代表者 代表取締役社⻑

    CEO 伊藤 秀嗣 資本⾦ 1億円 住所 東京都豊島区東池袋1-34-5 いちご東池袋ビル9階 事業内容 物流フルフィルメント‧プラットフォーム 「OPENLOGI」の開発、提供 取引銀⾏ みずほ銀⾏、りそな銀⾏、 ⽇本政策⾦融公庫、商⼯中⾦、 あおぞら企業投資等 社員数 172名(2024年4⽉30⽇時点) 2013  12⽉ 株式会社オープンロジ 設⽴ 2014  10⽉「OPENLOGI」リリース 2015  6⽉ 0.6億円の資⾦調達      7⽉ 海外発送開始      10⽉ ネクストエンジンとAPI連携 2016  5⽉ 2.1億円の資⾦調達 2017  7⽉ 7.3億円の資⾦調達 2018  5⽉ STORES.jpとAPI連携      6⽉ Yahoo!ショッピングとAPI連携      7⽉ ShopifyとAPI連携 2019  8⽉ 週刊東洋経済「すごいベンチャー100」に選出 2020  10⽉ 17.5億円の資本調達      2⽉ DHLとの輸送契約を締結 2021  3⽉ JVA「中⼩機構理事⻑賞」を受賞      11⽉ ⽇本M&Aセンタースタートアップピッチ最優秀賞 2022  10⽉ FedExと輸送契約を締結      11⽉ ギフティとの業務提携 2023  2⽉ Global-eとの業務提携(⽇本の物流企業初) 2024  2⽉ 37.5億円の資⾦調達       ecforceとAPI連携
  8. ©OPENLOGI Inc. 24 マネジメント 伊藤 秀嗣 代表取締役社⻑ CEO ネットエイジを経て、雑 誌ECサイト富⼠⼭マガ

    ジンサービスに設⽴に参 画。物流をAWSのような インフラにしたいという 思いからオープンロジを 創業。 松⽥ 昌賢 執⾏役員 VP of Sales & Marketing A.T.カーニーを経て、 グリーへ⼊社。執⾏役員 兼 経営企画部⻑として グリーグループ全体の戦 略を統括。その後、 グリーグループの3ミ ニッツ代表取締役社⻑を 経て、オープンロジに⼊ 社。 相澤 景介 執⾏役員 VP of Customer Success Development ヤフー、ギフトECのス タートアップの取締役を 経て、オープンロジに⼊ 社。荷主獲得、倉庫ネッ トワーク拡張、パート ナーアライアンスの拡⼤ や新規事業開発に貢献。 有井 靖彦 カスタマーリレーション部 General Manager BPO業界を10年経験 し、ゲーム、EC等の会 社でカスタマーサポート ‧サクセスの⽴ち上げに 従事。イーガーディアン グループの⼦会社で事業 責任者を経験後、オープ ンロジに⼊社。 岡⽥ 陽⼀ 執⾏役員 VP of Logistics Platform Development Walt Disney Japanで SCMに携わった後、アマ ゾンに⼊社。フルフィル メントセンターのGMを 経て、Japan Operetion Regional Directorとして 事業拡⼤に貢献。その 後、オープンロジに⼊ 社。
  9. ©OPENLOGI Inc. 25 マネジメント ワークスアプリケーショ ンズにて、開発マネー ジャーを務め、その後メ ディアドゥに⼊社。 VPoEとしてエンジニア 組織のマネジメント‧採

    ⽤の責任者を担った後、 オープンロジに⼊社。 坂井 健治 執⾏役員 VP of Engineering 笹倉 宙希 執⾏役員 VP of Corporate DeNA、SHOWROOM取 締役を経て、メルカリに ⼊社。Directorとして上 場後のコーポレートの仕 組み化やメルカリShops の新規⽴ち上げに従事。 その後、オープンロジに ⼊社。 柳 聖基 執⾏役員 CFO 野村證券にて、M&Aや資 ⾦調達、IR、中⻑期経営 計画の策定などのアドバ イザリー業務に従事した 後、オープンロジに⼊ 社。ハーバード⼤学MBA 修了。 尾藤 正⼈ 執⾏役員 CTO 2003年未踏ユースプロ ジェクトに採択される。 ウノウ(Zynga Japan) CTOを勤めた後、UUUM ではCTOとしてIPOを牽 引。Reproの執⾏役員 CTOを経て、オープンロ ジに⼊社。
  10. ©OPENLOGI Inc. 37.5億円 シリーズD資⾦調達を実施 ー 累計調達額65億円 26 〜テクノロジーとデータを活⽤した物流プラットフォームの構築を加速〜 調達の⽬的と今後の展開 さらなる事業拡⼤を図り、この度の調達資⾦は、エンジニア職‧

    ビジネス職を中⼼とした⼈材採⽤、及びプロダクト開発に充当する 予定です。物流業界内外から広く⼈材を募り組織基盤の強化に 取り組みます。 また、事業提携パートナーの強固なアセットを有効活⽤し、新規の 事業機会の追求を進め、物流の効率化、⾃動化、省⼈化を実現。 また倉庫ネットワークを活⽤した配送の効率化を⽬指します。 2024年問題という⽬下の社会課題の解消に貢献しつつ、 中⻑期的には企業の枠を超えた物流資産‧データを連携する 「フィジカルインターネット」を推進するために事業を 展開していきます。 オープンロジの採⽤について 事業拡⼤にともない、ビジネス職‧エンジニア職を中⼼に、 事業責任者、テックリード、プロダクトマネージャーなど様々な ポジションで採⽤を強化しております。 「テクノロジーを使い、サイロ化された物流をネットワーク化し データを起点にモノの流れを⾰新する」というオープンロジの ビジョンに共感し、実現を⼀緒に⽬指していける⽅のご応募を お待ちしております。 第三者割当増資 引受先 31VENTURES、Cygames Capital、東京海上ホールディングス、 HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND、パーソルベンチャーパートナーズ、静岡キャピタル、あおぞら 企業投資、 Eight Roads Ventures Japan、Logistics Innovation Fund、SMBCベンチャーキャピタル 借入先 日本政策金融公庫、あおぞら企業投資、みずほ銀行、静岡銀行 ※2024年2月5日 プレスリリース ※2024年3月29日 プレスリリース
  11. ©OPENLOGI Inc. 代表取締役 プロダクト セールス& マーケティング カスタマーサクセス デベロップメント 技術開発 コーポレート

    組織図 Go to Market をリードし、 事業成⻑を実現 顧客物流パートナーに向き合い 価値を創出 プロダクトロードマップのリード 開発ロードマップの実現 組織と個⼈のパフォーマンス最⼤化 28
  12. ©OPENLOGI Inc. 組織について プロダクト開発職⽐率:43% 平均年齢:34歳 年齢構成 技術開発 プロダクト カスタマーサクセス‧ ディベロップメント

    セールス& マーケティング コーポレート 9% 34% 30% 17% 10% 職種構成 20代 30代 40代 50代 13% 2% 54% 31% 29
  13. ©OPENLOGI Inc. オープンロジで働くメンバー LINE SRE‧基盤開発 サイバーエージェント データエンジニア ワークスアプリケーションズ プロダクトマネージャー ニューズピックス

    Webエンジニア ソフトバンク Webエンジニア Amazon カスタマーサクセス ファーストリテイリング カスタマーサクセス ラクスル セールス&マーケティング スターバックス カスタマーサポート ⽇本通運 カスタマーサクセス ビズリーチ/Visional ⼈事 リクルート ⼈事 CARTA HOLDINGS ⼈事 エンジニア ビジネス コーポレート デロイトトーマツ コンサルティング 社⻑室 30
  14. ©OPENLOGI Inc. Value = ⾏動指針 ” PATH ” Positive Reflection

    - 振り返り、学びを得て、成⻑する - ⼤きなVisionを実現するためには、個⼈、チーム、組織の成⻑が必要。 成⻑とは経験から学び、 次に活かすこと。コトに前向きに向き合い、成功や失敗から学び成⻑する Active Dialogue - 対話し、議論を通じて、解決する - ⼀⼈⼀⼈がベクトルを合わせることで、 成果が掛け算になる。 ポジションに関係なく、 リスペクトをもちオープンマインドで積極的に対話し、議論を通じて解決する Triple Win - 三⽅良しの事業を創る - Visionを実現するには、三⽅良しが不可⽋。 「パートナー」「⾃社」と⼒を合わせ、 「顧客」を⽀え、三⽅良しの事業を創る Have fun, Make joy - 成⻑を通じ、仲間と喜び、楽しもう! - 誰も実現してない⼤きなVisionに挑戦をしているのがオープンロジ。 チーム/個⼈の成⻑を通じた、困難やチャレンジを楽しもう! 31
  15. ©OPENLOGI Inc. ポイント消化率  平均:93% ⽉間投稿数  平均:2517 もらったメンバー率  平均:98% ThanksPay制度(Unipos) ⽇頃の仕事を通じた感謝や賞賛などを部署を超えて伝えることが定着しています

    32 更新された資料を拝⾒しました!!すごく良くなってて感動すらしてま す!!笑 ⼤局観を持ちつつ、具体課題を真芯で捉え、スピーディーに⾏動 できれば、⼤きく前進できると思います。倉庫を巻き込みながら現場をアッ プデートし、時には根本から変えていきましょう。来週、楽しみですね!宜 しくです! #感謝 #ActiveDialogue #TripleWin #WithLove💖 1週間のOB研修、お疲れさまでした👏 研修のやり取りを聞いていて、「分からないことを分からないままにしない 姿勢」がとても素敵だなと思いました😊 そしてオンボーディング動画へのFBもありがとうございます〜! 「この情報が補⾜であると理解しやすいかも」だけでなく、「サムネイルと 実動画の秒数が異なる」など細かいところまでチェックいただいて感謝です 🥺✨ これからもよろしくお願いします! #部署を超えて #私は知っている #WithLove💖 データ抽出‧分析により側⾯からのサポート本当にありがとうございます。データで 事実が解像度⾼く⾒えることって素晴らしいなと思いました。こういうデータありま すか?にクイックに回答してくれる機動⼒も素晴らしいー! ワーストに備えること、今のアセットで打ち⼿を数多く出しておくことで成功率⾼ま るので、CSD⼀部署になったメリットが存分に出てますね!! #nicereview. #ActiveDialogue #TripleWin 時計案件、遂に初出庫完了したので⼀区切りつきました‧‧😂👏 本当に今まで数々のご調整ありがとうございました。(あのすごく⻑い運⽤相談のス レッドが9ヶ⽉の調整を物語ってると思います笑) 最初は「こんな運⽤本当にできるのかな」と半信半疑でしたが、懸念点を⼀つずつ洗 い出しては潰して‧‧‧等繰り返しながら、スタートできる形に持って⾏けたのは調 整頂いたおかげです! 複雑な案件故に部署移動した後も、倉庫さんの窓⼝に⽴って調整頂き‧‧⾊々お⼿数 おかけしましたが、その節はありがとうございました。 あとは、2000件まで伸びてくれることを願ってます😂🤞 #感謝 #部署を超えて #ActiveDialogue
  16. ©OPENLOGI Inc. 評価制度 成果/プロセス評価 コンピテンシー評価 総合評価 Raiting 個⼈ ⽬標設定 部⾨⽬標

    ⽬標達成に 向けた アクション期間 ⽬標設定 評価 Rating アクション 36 半期ごとに評価サイクルを回しています。⽬標を設定し、1on1や研修、異動などを通してオープンロジの ビジョンの達成、個⼈のキャリア実現に向けて、⽇々の業務に向かいます
  17. ©OPENLOGI Inc. 働く環境/制度について フレックスタイム ビジネス / コーポレート → コアタイムあり(11:00〜15:00) エンジニア

    / デザイナー / PdM → コアタイムなし 休⽇/休暇 年間休⽇120⽇以上/夏季休暇(7〜10⽉で3⽇間の有給付与)スタートダッシュ休暇 (⼊社当⽇に有給2⽇間⽀給)ANNIVERSARY休暇1(1年に1度「記念⽇」に取得) 看護休暇(⼦どもやご家族の体調不良時などに利⽤可能) 福利厚⽣ 労災保険 / 雇⽤保険 / 厚⽣年⾦ / 健康保険(関東ITソフトウェア健康保険組合に加⼊) 働く環境 産休/育休(男⼥とも取得実績あり)慶弔⾒舞⾦/フリードリンク/フリーアドレス 貸与PCのOS選択可能(Mac/Windowsから選択可能) リモートと出社のハイブリッド勤務が可能(エンジニアはフルリモート可) スキルアップ 書籍購⼊制度 / 資格取得⽀援制度 / 各種研修(オンボーディング研修 /倉庫研修 etc) コミュニケーション Thanks Pay制度 / Welcome Lunch制度 社内懇親会(部署内の社内懇親会に対して会社から補助を提供) 健康 健康診断受診料全額補助 / 予防接種費⽤全額補助 / 産業医のオンライン相談 37
  18. ©OPENLOGI Inc. CTOメッセージ 今、オープンロジのシステムは⼤きな変⾰期を迎えています。創業から 約10年間、事業成⻑に合わせて様々な機能追加をしてきた結果、⼤⼩ 様々な技術的負債もたまりつつあります。オープンロジの事業は順調に 成⻑していますが、それに合わせてシステムも成⻑していかないといけ ません。システムを成⻑させるためには、単にエンジニアを増やすだけ でなく、技術的負債の解消や開発者体験の向上を同時並⾏で進めていく 必要があります。

    エンジニアのキャリアにおいて、事業が伸びている環境でシステムを成 ⻑させていく経験ができるかどうかは⾮常に⼤事です。今のオープンロ ジは、事業成⻑とシステムの成⻑‧改善を同時に経験することができま す。変化と成⻑を求めるには、まさに理想的な環境です。 オープンロジの事業とシステムを成⻑させていくには、まだまだ仲間が ⾜りません。我々のミッションに共感し、ともに成⻑してける⽅に出会 えることを、楽しみにしています。 39 執⾏役員CTO 尾藤 正⼈
  19. ©OPENLOGI Inc. オープンロジプラットフォーム 「物流版AWS」をコンセプトとしたオープンロジプラットフォームには以下のような機能があり、 物流の始まりから終わりまで、サプライチェーン全体を最適化するソリューションを提供します 40 荷主向け システム 倉庫向け システム

    受注連携 システム 請求清算 システム 分析 ツール 荷主が操作する ⼊出庫管理システム ‧商品登録 ‧⼊庫処理 ‧出庫処理 他 倉庫作業者が 操作する 倉庫管理システム ‧⼊庫検品 ‧出庫検品 ‧ロケーション登録 他 Shopifyなどの ECモールと連携 商品の受注と連動し シームレスな 商品管理を可能に 荷主‧倉庫 双⽅の請求情報を 管理するシステム ‧各種料⾦管理 ‧集計処理 ‧決済処理 他 荷主向けの 分析ツール 特定期間における 様々なデータを 把握することが可能 経営的な判断を サポート オープンロジプラットフォーム
  20. ©OPENLOGI Inc. オープンロジの物流データ ⼊出庫‧在庫を中⼼とした多種多様な物流データを収集‧蓄積 様々な種類のデータを使い、多⾓的な視点でデータ分析‧活⽤が可能です ⼊庫 出庫 荷主 倉庫 購⼊者

    ⼊庫データ ⼊庫した商品の 数量‧重量‧ ⼤きさ‧不良品 着予定⽇ 商品データ 商品名、価格 冷凍冷蔵 賞味期限 etc 在庫データ 保管中の商品の 数量、保管⽇数 保管場所 在庫回転率 倉庫作業データ ⼊出庫‧検品‧ピッキングなどの作業⼯程別の 作業⼈数‧時間、倉庫内の品質、事故 出庫データ 出庫した商品の種類‧数量、 購⼊者、配送先住所、 配送会社、個⼝の数量‧⼤きさ、 商品の買い合わせ、売れ筋 請求データ ⼊出庫や保管、各種作業に おける請求コストや単価 42
  21. ©OPENLOGI Inc. データ活⽤事例:2エリア拠点分散サービス 倉庫① 倉庫② 荷主 60個⼊庫 最適化の計算 ①をもとに商品を分散 ②をもとに最適な倉庫から出庫

    40個⼊庫 ⼊⼒ 出庫実績と配送単価 出⼒ ① 各倉庫ごとに必要な在庫量 ② 配送先ごとに配送料が   最安の出庫元倉庫 組合せ最適化で 配送料を最⼩化 オープンロジの物流データと物流ネットワークを活⽤した物流効率化の取り組み。 ⼤型商品の在庫を複数の倉庫に分散し、配送コストを削減しました 43
  22. ©OPENLOGI Inc. データ解析基盤整備 44 2023年からデータ基盤を刷新し、既存データ基盤の課題だった RDS とのデータ整合性、 リアルタイム性をDatastream for BigQuery

    により解決 今後はデータウェアハウス‧マート層を構築し、可視化‧分析を⽀援していく予定です 本番DB (RDS、Aurora) Datastream for BigQuery BigQuery データ レイク アプリケーション (AWS) データ ウェア ハウス データ マート データ基盤 (GCP) LookerStudio dbt Re:dash Terraform 各種データ活⽤ アプリケーション
  23. ©OPENLOGI Inc. リアーキテクチャ リファクタリング 疎結合化 オープンロジプラットフォーム オープンロジプラットフォーム 新アーキテクチャ 新受注連携システム 新API

    受注連携 システム 請求清算 システム 倉庫向け システム 荷主向け システム 荷主向け システム 請求清算 システム 受注連携 システム 倉庫向け システム 45 オープンロジのシステムは⻑年の開発で内部構造が複雑になっています。開発⽣産性を上げるため、 まずは内部的なリファクタリングを通して疎結合化を進めています。 また新しいシステムに関しては、別システムとしての切り出しの検討も進めています
  24. ©OPENLOGI Inc. Datadogを活⽤した監視 APM(Application Performance Monitor) RUM(Realtime User Monitoring) 47

    SREチームを中⼼としてDatadogを活⽤して、⽇々の状況を可視化しています。 処理が遅くなった箇所をすぐに特定できるようにしており、何かシステムに異常があっても すぐに改善できる体制を構築しています
  25. ©OPENLOGI Inc. 勉強会など知識の共有機会の提供 もくもく会 オープンロジのエンジニアが有志で開催するもくもく会。 オープンロジのオフィスを使⽤し、外部の⽅も参加可能です BeerBash 不定期でリアルの場に集まり、LTを発表しあう会を開いています BeerBashイベントレポート:https://note.openlogi.com/n/n5a3f09ee587b TGIF

    毎週⾦曜⽇、エンジニアが持ち寄りで直近の取り組みや⾃⼰学習の 成果について発表をします。業務以外のカジュアルな発表もあり 切磋琢磨できる時間です メンバー同⼠で技術を磨きあえるよう、情報交換の場を積極的に開催しています 50 勉強会‧読書会 オープンロジのエンジニア‧プロダクトマネージャーが勉強会や、 読書会を主催しています
  26. ©OPENLOGI Inc. 技術スタック 特定の技術に固執せず、課題を解決するために最適な技術を選定しています 52 フロントエンド JavaScript, TypeScript, React バックエンド

    PHP, Laravel, Python データストア MySQL/Aurora, Redis, BigQuery インフラ AWS, GCP, Datadog, Pusher CI/CD GitHub, GitHub Actions, Docker, Terraform コミュニケーション Slack, GROWI, Redmine, Google Meet, Google Workspace
  27. ©OPENLOGI Inc. 技術開発体制 技術開発(坂井/尾藤) WMS 倉庫システム Billing 請求管理システム    SRE インフラ/DevOps

    基盤開発 Product Management(伊藤) 53 Order Sync 受注連携システム Portal 荷主システム HHT ハンディターミナル   Design QA Engineering Management 組織横断 チーム    CTO室 負債解消  CRE データ基盤
  28. ©OPENLOGI Inc. 選考フロー カジュアル⾯談 書類選考 コーディング テスト (エンジニアのみ) ⼀次⾯接 ⼆次⾯接

    オファー⾯談 * 候補者の⽅のスケジュールに合わせて、オファーまで最短で実施することも可能です * ⾯談の順番や回数は候補者の希望等により、変更する場合があります * 基本的にはリモートで実施しますが、ご要望や状況に応じ、社内⾒学含むオフライン実施があります 55
  29. ©OPENLOGI Inc. よくある質問 Q. 社員の平均年齢はいくつですか? A. 34歳です Q. 部署間の異動はありますか? A.

    はい、本⼈の希望、スキル、社内リソースをふまえ、異動することがあります。 様々な部署を経験することで、複数の視点を持ち、新しいキャリア機会の開拓に活かして頂けます。 Q. ⼦育てしているメンバーはいますか? A. はい、経営陣を含む多くのメンバーが、仕事と⼦育てを両⽴しています。育休‧産休の取得を⽀援 していますし、男性社員も育休を取得しています。 Q. ECや物流ドメインの知識は必要でしょうか? A. 必要ありません、社員の⼤半が、ECや物流業界の経験なく⼊社しています。 ⼊社後にオンボーディングやOJTを通じて、ドメイン知識を⾝に着けることが可能です。 56
  30. ©OPENLOGI Inc. 代表取締役社⻑ CEO 伊藤 秀嗣 オープンロジは富⼠⼭で⾔えば1合⽬のスタートラインで、⼭の頂きを⽬指し、ま だまだ成⻑していかなければならない段階にあります。物流というアナログで巨⼤ な市場に対して、ITやネットワークによる変⾰の余地がものすごくあって、事業機 会も⼤きいです。

    その中で、我々は物流事業者をネットワーク化し、従量課⾦で拡張性と柔軟性を備 えたフルフィルメントサービスを提供しております。多くの物流に関わるステーク ホルダーの悩みを解放し、データを起点とする次世代のインフラとなる企業を作り たいと思っております。これからジョインいただく⽅には、事業を⼀緒に作り、成 ⻑させていく要となって欲しいと考えています。 実のある経験をするためには、事業が伸びているか伸びていないかという部分は⼤ 事です。事業が伸びている環境では、さまざまな機会、新規事業、マネジメントの チャンスなど、キャリアにおいて成⻑する⼟壌が豊富に存在します。その点、オー プンロジは理想の環境です。 事業⾃体が成⻑する中で揉まれた経験は貴重であり、これからの⼈⽣できっと役に ⽴つはずです。そこで優秀なメンバーと⼀緒に仕事をして、切磋琢磨して欲しいで す。成熟した組織には無い環境で⾃分を磨くことで、グッと成⻑するはずです。 是⾮、この機会にオープンロジの扉を叩いてみてください! 57 「物流の未来を、動かす」仲間が必要です!
  31. ©OPENLOGI Inc. 58 オープンロジは12⽉25⽇、クリスマスに設⽴されました。 クリスマスは1年に⼀度、「モノが届く」ことが特別な意味を持つ⽇。 サンタクロースは、 1.宅配(直接⾃宅まで) 2.越境配送(世界中どこまでも) 3.時間指定(⼦供たちが寝ている時間に) プレゼントを届けてくれます。

    でも、物流が社会問題化し、この体験が失われようとしている。 つまり、私たちのMissionは、需要と供給を最適化し、 “物流界のサンタクロース”を実現するということ。 あなたのご応募を⼼からお待ちしています! “物流界のサンタクロース”を実現