Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

学びをカルチャーにする

 学びをカルチャーにする

2022.10.14 DevLOVE 社内勉強会勉強会〜withコロナ時代の勉強会ナレッジを共有しよう〜 LT資料

https://devlove.doorkeeper.jp/events/143807

NAVITIME JAPAN

October 13, 2022
Tweet

More Decks by NAVITIME JAPAN

Other Decks in Business

Transcript

  1. 1
    学びをカルチャーにする
    株式会社ナビタイムジャパン 小田中
    2022.10.14


    View full-size slide

  2. 小田中 育生 (おだなか いくお)


    (株)ナビタイムジャパン

    VP of Engineering

    ACTS(研究開発) ルートグループ責任者 

    2009年に株式会社ナビタイムジャパンへジョイン。

    現在は経路探索の研究開発部門責任者としてMaaS時代にフィットしたマルチ
    モーダル経路探索の開発を推進。

    VPoEとしてはいきいきとした組織づくりを目指し、アジャイル開発の導入推進・支
    援などに取り組んでいる。



    著書「いちばんやさしいアジャイル開発の教本」インプレス

    2

    View full-size slide

  3. 3
    わたしの会社の勉強会

    View full-size slide

  4. 4
    全社員を対象とした勉強会が週2回開催


    View full-size slide

  5. 5
    特定の技術に特化したコミュニティ

    Android iOS

    View full-size slide

  6. 6
    テーマやつながりによるコミュニティ

    Android iOS
    プチネタ
    効率化

    View full-size slide

  7. 7
    みんなで同じ本を読む読書会

    Android iOS
    プチネタ
    効率化
    いちやさアジャイル読書会 ミノ駆動本読書会

    View full-size slide

  8. どの勉強会も業務時間内に開催

    8

    View full-size slide

  9. 小田中 育生 (おだなか いくお)


    (株)ナビタイムジャパン

    VP of Engineering

    ACTS(研究開発) ルートグループ責任者 

    2009年に株式会社ナビタイムジャパンへジョイン。

    現在は経路探索の研究開発部門責任者としてMaaS時代にフィットしたマルチ
    モーダル経路探索の開発を推進。

    VPoEとしてはいきいきとした組織づくりを目指し、アジャイル開発の導入推進・支
    援などに取り組んでいる。



    著書「いちばんやさしいアジャイル開発の教本」インプレス

    9
    小田中が入社した2009年には
    ナビカレ(公式勉強会)は
    すでに存在していた

    View full-size slide

  10. まとめると・・・

    10
    • 10年以上前から会社公式の勉強会が存在
    • 週2回くらいの頻度で開催
    • 特定の技術に特化した勉強会、横のつながりによる勉強
    会、特定の本を読む読書会など様々な形の勉強会が社内
    中で開催されている
    「学ぶこと」がカルチャーとして定着している

    View full-size slide

  11. 学ぶカルチャーを支えるもの

    11
    • 高い開催頻度
    • 週に二回は開催されている
    • 自分たちで作ってる感
    • 聞きたいテーマを提案できる
    • 自薦もできる
    • 持続可能な運営負担
    • 運営上必要なものは全て
    GASで自動生成

    View full-size slide

  12. 12
    もっと学びを広げたい!

    View full-size slide

  13. 13
    全社員が参加しているわけではない


    View full-size slide

  14. 14
    届けたいところに届かない問題


    View full-size slide

  15. 15
    登壇する人が固定化


    View full-size slide

  16. 16
    どうやったら巻き込める?

    View full-size slide

  17. 耳を傾けてみた

    17
    参加したいけど
    業務が忙しくて・・・
    発表してみたいけど
    ナビカレは敷居が高いです
    時間がないんですよねー
    人前に出るのが苦手で・・・

    View full-size slide

  18. できることを考えてみた

    18
    • 「時間がない」の克服
    • 勉強会で得られるアウトカムをわかりやすく
    • 業務時間の調整をサポート
    • 勉強会のために時間をとることを当たり前に
    • 「敷居が高い」の克服
    • アイデアの種段階から壁打ちにつきあう
    • 小さい成功体験づくりをサポートする
    • フィードバックでさらに成長する実感をつくる

    View full-size slide

  19. 19
    公式”じゃない”勉強会がキーになる

    Android iOS
    プチネタ
    効率化
    いちやさアジャイル読書会 ミノ駆動本読書会

    View full-size slide

  20. 20
    学ぶカルチャーを育て
    学び続けるいきいきとした組織を
    つくりたい

    View full-size slide