Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ユーザーのためなら 『デザイン』 以外にも手を伸ばせる

NAVITIME JAPAN
December 05, 2023

ユーザーのためなら 『デザイン』 以外にも手を伸ばせる

2023/11/23に開催された「SaaS Design Conference 2023」で発表した資料です
https://saasdesign-conf.uzabase.com/

NAVITIME JAPAN

December 05, 2023
Tweet

More Decks by NAVITIME JAPAN

Other Decks in Design

Transcript

  1. ユーザーのためなら

    『デザイン』 以外にも手を伸ばせる
    池田 優里香
    株式会社ナビタイムジャパン
    SaaS Design Conference 2023

    View full-size slide

  2. @aker_ue (dayu)
    2018年新卒入社以来、ビジネスナビタイム事業部にて「ビジネスナビタイム
    動態管理ソリューション」「トラックカーナビ」のデザイン業務を担当。

    新卒採用活動やデザイン組織の開発にも従事。
    池田 優里香
    株式会社ナビタイムジャパン
    話すひと

    View full-size slide

  3. 社名
    株式会社ナビタイムジャパン
    所在地
    東京都港区南青山3-8-38
    代表者
    代表取締役 大西啓介(工学博士)
    設立
    2000年3月1日
    従業員数
    430名(うちエンジニア・デザイナーが85%)
    経営理念
    基本方針
    経路探索エンジンの技術で

    世界の産業に奉仕する
    Navigation engine by NAVITIME
    ナビゲーションエンジンで、

    世界のデファクトスタンダードを目指す。

    世界中の人々が安心して移動できるために。

    View full-size slide

  4. 経路探索エンジンの技術をもとに、

    さまざまな社会課題の解決に取り組んでいます
    BtoC(一部) BtoB⁨⁩(一部)
    インバウンドトレンド

    View full-size slide

  5. ビジネスナビタイム

    動態管理ソリューション
    車両を使ってビジネスを行う企業向けの

    運行業務をサポートするクラウドサービス

    View full-size slide

  6. 日々の輸配送業務を完全サポート
    計画 運行管理 分析
    運行前 当日 運行後
    効率的な配送順検索 実績をベースに

    ドライバーの業務を分析
    リアルタイムでの

    到着予想時刻算出

    View full-size slide

  7. 「物流の2024年問題」対策を

    労働状況の可視化・分析でサポート
    2024年4月施行の法改正によりドライバーの時間外
    労働に上限規制がかかる等、労働可能な時間が今
    よりも短くなることによる課題。荷物が今のように
    運ばれなくなる恐れがある。
    物流の2024年問題とは
    法律を遵守しながらも

    効率的な計画・運行ができているか

    可視化によって分析・改善をサポート

    View full-size slide

  8. 分析機能を新規開発するチームが設立

    デザイナーの池田が

    プロダクトをリードすることに

    View full-size slide

  9. ナビタイムジャパンには

    「デザイナー」しかいません。
    役割を決めず、

    幅広いアウトプットをしています。
    UI
    UX
    動画
    3DCG
    プログラミング
    リサーチ
    web
    グラフィック
    コミュニケーション

    View full-size slide

  10. 誰もがなんでもできるこの会社で

    プロダクト/チームリードのために

    デザイナーができることはなんだろう?

    View full-size slide

  11. 今日のおはなし
    プロダクト/チームリードのために

    デザイナーが取り組んだこと
    ドメイン理解 プロトタイプ作成 他社特許理解
    要件定義 ユーザーヒアリング 開発理解
    UX設計 ビジネス理解 プルリクコメント
    UI作成 マーケティング ...など

    View full-size slide

  12. 国家資格にチャレンジ
    まずはドメイン理解が必要だと考え、

    ユーザーが取得する「運行管理者資格」を取得
    運行管理者とは
    自動車運送事業者が営業所ごとに配置することが義務付けられている、
    トラック、バス、タクシーなどの事業用自動車の安全運行を確保するた
    めの役割と、そのために必要な国家資格のこと。

    資格試験の合格率は約3割、実務経験がない場合は別途講習を受講

    View full-size slide

  13. とりまく

    法律の理解
    計画業務

    理解
    ドライバー

    環境の理解
    チャレンジしたことで
    ドメイン理解によって業界の解像度が上がり、

    機能検討やユーザーヒアリング等の精度向上に繋がった
    名刺にも資格を記載

    View full-size slide

  14. 既存顧客へヒアリング
    プロトタイプを用意したヒアリングを複数社対象に開催、

    2024年問題や分析業務への温度感を確認

    View full-size slide

  15. 展示会にてβ版公開
    来場客に先行公開し、実際に話を伺うことで、

    ニーズに応えられるサービスになっているかを探る
    物流展でお客さんへ説明しながら
    β版の作成
    ヒアリング・PMF検証利用の用途のほか、集計方法の検討や環境設計、
    言語理解などの技術的なテストの用途も兼ねて作成。本開発に向けた工
    数見積もりなどへの活用にもつながった。

    View full-size slide

  16. 足りていないもの
    十分

    達成できたもの
    今後

    やりたいこと
    ユーザーや業界の人々と実際に話すことで、

    ファーストリリース時の優先度や必須な品質や状態を

    整理することができた
    実際に話を聞いたことで

    View full-size slide

  17. その他の取り組んだこと(一部)
    ビジネスの勉強
    サービスの組み方や売り方、
    マネタイズ方法などを他事業部の責任者と
    の1on1で学びながら検討・提案
    デザインレビュー
    他事業のデザイナーにUIレビューしてもらうためのイベントを開催。
    多くの
    デザイナーの力を借りてより良い状態へ調整。

    (ナビタイムジャパンではプロダクトにデザイナーひとりが基本)
    他社特許のインプット
    クリアランス調査の一環で類似特許をまとめていただき、
    事業部向けの勉
    強会の開催や、
    機能の価値検討に活用
    開発理解
    構成やロジックの理解、
    レイアウトのコードレビューなど、
    同じ温度感でコ
    ミュニケーションできるよう工夫

    View full-size slide

  18. 2023年4月にリリース
    現在も顧客からの声をいただきながら、定期的に改善・新規機能を追加中

    View full-size slide

  19. ユーザーのためなら

    『デザイン』以外にも手を伸ばせる
    自分のやってきたことのうち、

    どれが「デザイナーの仕事」で、どれがそうでなかったのか?
    ドメイン理解

    市場調査
    要件定義

    ビジネス理解
    スケジュール

    管理
    ユーザー

    リサーチ 開発理解

    View full-size slide

  20. 自分にとってはすべて

    「デザイナー」の職能をもっているからこそ

    できたことでした

    View full-size slide

  21. ユーザーのために、チームのために、ビジネスのために

    『デザイナー』として手を伸ばせたところすべてが、

    デザイナーの担当範囲になる

    View full-size slide

  22. ありがとうございました
    NAVITIME_Tech @navitime_tech https://design.navitime.co.jp/
    NAVITIME DESIGN

    View full-size slide