Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

コミュニティと共に歩む、OSSと共に生きる / Life with OSS and Community

コミュニティと共に歩む、OSSと共に生きる / Life with OSS and Community

soudai sone

June 22, 2023
Tweet

More Decks by soudai sone

Other Decks in Technology

Transcript

  1. コミュニティと共に歩む、
    OSSと共に生きる
    Fusic x リンケージ 交流会

    View full-size slide

  2. コミュニティと


    共に合う歩む

    What is it?

    View full-size slide

  3. OSSと共に生きる



    What is it?

    View full-size slide

  4. それはなぜか


    そしてどうやって実現するか

    What is it?

    View full-size slide

  5. What is it?
    https://www.pasonacareer.jp/article/181018/

    View full-size slide

  6. そーだいなる経験から


    実践するために必要な話をします

    What is it?

    View full-size slide

  7. 1. 自己紹介

    2. コミュニティに触れる

    3. OSSを使う側から作る側へ

    4. 正解にする技術

    5. まとめ

    あじぇんだ

    View full-size slide

  8. 1. 自己紹介

    2. コミュニティに触れる

    3. OSSを使う側から作る側へ

    4. 正解にする技術

    5. まとめ

    あじぇんだ

    View full-size slide

  9. 自己紹介

    曽根 壮大(38歳)

    Have Fun Tech LLC 代表社員

    株式会社リンケージ CTO


    そ  ね   たけ とも

    ● 日本PostgreSQLユーザ会 勉強会分科会 担当

    ● 3人の子供がいます(長女、次女、長男)

    ● 技術的にはWeb/LL言語/RDBMSが好きです

    ● コミュニティが好き

    View full-size slide

  10. 突然の宣伝

    
予防医療のリンケージ



    ● リモートワークの不安を数値にするストレスチェック
    ● 女性の健康課題をサポートする
    ● リモートワーク、ちょっとした心配を相談できる安心をご提供

    View full-size slide

  11. 1. 自己紹介

    2. コミュニティに触れる

    3. OSSを使う側から作る側へ

    4. 正解にする技術

    5. まとめ

    あじぇんだ

    View full-size slide

  12. コミュニティに触れる



    コミュニティに触れる

    View full-size slide

  13. コミュニティとの関わり方は


    一つじゃない

    コミュニティに触れる

    View full-size slide

  14. コミュニティに触れる
    ● 勉強会に参加する

    ● SNSやSlackで交流する

    ● OSSを使う、フィードバックする

    ● OSSを作る、育てる、支援する

    ● ドキュメントを見る、作る、メンテする


    View full-size slide

  15. コミュニティに触れる

    ↓

    新たな出会い

    コミュニティに触れる

    View full-size slide

  16. 出会いには


    人生を変える力がある

    コミュニティに触れる

    View full-size slide

  17. 人生を変えた言葉



    コミュニティに触れる

    View full-size slide

  18. 第一回 オープンラボ備後


    2010年7月31日(土曜日) 13:00~17:00

    人生を変える言葉との出会い

    View full-size slide

  19. 若かりし頃のそーだいさん

    View full-size slide

  20. “そーだい君はまだ自分の柱を決めてないの?

    僕が25歳のときには、

    もうLinuxカーネルで生きていくって決めてたよ”


    ひらさん

    そーだいさんの人生を変えた言葉

    View full-size slide

  21. “PostgreSQLが機能不足なのは分かる。

    だけど、OracleDBには自分でパッチを当てることすらまま
    ならないけれど、PostgreSQLはOSSだから、

    自分で機能を追加していいんだよ”


    大垣靖男(@yohgaki)さん

    そーだいさんの人生を変えた言葉

    View full-size slide

  22. 本物のハッカーの出会いが


    自分の新しい道を気付かせてくれた


    人生を変える言葉との出会い

    View full-size slide

  23. 多くの人に


    影響を与えた言葉たち


    人生を変える言葉との出会い

    View full-size slide

  24. 人生を変える言葉との出会い

    View full-size slide



  25. Better late than never. 


    遅くても、やらないよりはやったほうがいい



    – @miyagawa

    人生を変える言葉との出会い

    View full-size slide

  26. コミュニティには


    多くの人を変える力がある


    人生を変える言葉との出会い

    View full-size slide

  27. 1. 自己紹介

    2. コミュニティに触れる

    3. OSSを使う側から作る側へ

    4. 正解にする技術

    5. まとめ

    あじぇんだ

    View full-size slide

  28. OSSを作るのは


    ソースコードを書くことだけではない

    OSSを使う側から作る側へ

    View full-size slide

  29. OSSの参加の仕方
    ● OSSを使ってバグを見ける、Issueを作る

    ● OSSを使って、より良い使い方、機能を提案する

    ● OSSの使い方や機能をドキュメントにする

    ● OSSを新しく使い始めた人たちをサポートする

    ● OSSのテストに参加し、品質を高める


    View full-size slide

  30. “僕らは技術で問題を解決することで価値を高め
    たり、対価を頂いている。例えば使っている
    OSSに
    バグがあったらどうだろう?

     これは自戒をかなり含むが不満をSNSで書き散
    らかし、コード側には場当たり的は追加をしてない
    だろうか。

     我々はソフトウェアエンジニアだしOSSは公開さ
    れているので問題があるならパッチを送ればいい
    し、不満があるなら要望を出せば良い。
    愚痴は
    Twitterに書いても作者に届かないし、場当たり的
    なコードを書いても根本的な問題は解決しない
    。

     勿論、みんながみんなコードを書くことが得意で
    はない場合もある。 でもせめてそれは作者に届く
    形で伝えるべきである。”

    https://soudai.hatenablog.com/entry/2018/02/09/131638

    View full-size slide

  31. プロフェッショナルは自認


    エキスパートは他認

    OSSを使う側から作る側へ

    View full-size slide

  32. プロフェッショナルの道は


    今日の振る舞いを変えるところから

    OSSを使う側から作る側へ

    View full-size slide

  33. 1. 自己紹介

    2. コミュニティに触れる

    3. OSSを使う側から作る側へ

    4. 正解にする技術

    5. まとめ

    あじぇんだ

    View full-size slide

  34. 正解はない



    正解にする技術

    View full-size slide

  35. 様々な過程の結果


    これが正解だった、がある

    正解にする技術

    View full-size slide

  36. まず、組織における技術選定とは「正解を選ぶ」こと
    ではないと思っています。 

     これはその技術選定結果はその人個人についてま
    わるのではなく、組織として維持し続けなければなら
    ないからです。 また、選定した人だけでなく、組織の
    他の人も同じように技術を活用している状態を作るこ
    とも必要です。 採用理由がいかに合理的であろう
    が、判断基準を満たしていようが、世の中のデファクト
    だろうが、賛同者がいなければ独りよがりになってし
    まいます。

     なので重要なのはその選択を「正解にする力」なの
    です。 もちろん選択も「正解にしやすい」「正解にし続
    ける」ためにより確度が高い選択はあると思っていま
    す。 それは前に述べた、採用理由や基準というもの
    です。

    「正解にする力」とは分解すると「正解にしやすくす
    る」と「正解にし続ける」となります。

    https://techlife.cookpad.com/entry/2022/08/10/134844

    View full-size slide

  37. 正解にする力をつける



    正解にする技術

    View full-size slide

  38. 正解にする力をつける

    ↓

    正解にする技術

    正解にする技術

    View full-size slide

  39. 正解にする技術は


    身近なところから学べる

    正解にする技術

    View full-size slide

  40. 身近な例
    ● 流行りのOSSがなぜ流行ったのか

    ● 特定のミドルウェアがどんな問題を解いているのか

    ● 自分たちがどうやって技術的負債を返済するか

    ● 運用を如何に改善し、ビジネスに貢献するか

    ● 体系的な知識や歴史から、再現性を身につける

    …etc


    View full-size slide


  41. 愚者は経験から学び


    賢者は歴史から学ぶ


    – オットー・フォン・ビスマルク

    正解にする技術

    View full-size slide

  42. 知る

    (知識の壁)

    やる

    (行動の壁)

    わかる

    (理解の壁)

    できる

    (技術の壁)

    している

    (習慣の壁)

    知らない

    (無知の知)

    正解にする技術

    View full-size slide

  43. 知る

    (知識の壁)

    やる

    (行動の壁)

    わかる

    (理解の壁)

    できる

    (技術の壁)

    している

    (習慣の壁)

    ステップアップしていくことが大切

    知らない

    (無知の知)

    正解にする技術

    View full-size slide

  44. やる

    (行動の壁)

    知らない
 知らない
 知らない

    できる

    (技術の壁)

    している

    (習慣の壁)

    いきなりやろうとすると大変

    挫折の理由になる

    正解にする技術

    View full-size slide

  45. 身近なところから学ぶために


    コミュニティを活用する

    正解にする技術

    View full-size slide

  46. 学びを身につけるために


    OSSと共に生きる

    正解にする技術

    View full-size slide

  47. 1. 自己紹介

    2. コミュニティに触れる

    3. OSSを使う側から作る側へ

    4. 正解にする技術

    5. まとめ

    あじぇんだ

    View full-size slide


  48. 優れた芸術家は模倣し、


    偉大な芸術家は盗む


    – パブロ・ルイス・ピカソ

    まとめ

    View full-size slide

  49. “僕に恩返ししたいなら

    次の人に水の場所を教えてあげて”


    オープンラボ備後 Osamu Yumimoto

    まとめ

    View full-size slide

  50. 水の場所は教えてあげることができるが


    水を飲むかは自分次第

    まとめ

    View full-size slide



  51. “手を動かした者だけが、世界を変える”




    株式会社はてな id:onishi

    まとめ

    View full-size slide

  52. 自律を勝ち取りましょう



    まとめ

    View full-size slide

  53. ご清聴ありがとうございました



    まとめ

    View full-size slide