Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

技術広報経験0のEMがエンジニアブランディングをはじめてみた

 技術広報経験0のEMがエンジニアブランディングをはじめてみた

# サマリ
NIKKEI Tech Talk #14「【日経×ココナラ×TVer】エンジニアブランディングを磨く〜立ち上げ・拡大・継続~」の登壇資料。
https://nikkei.connpass.com/event/300606/

# 補足
2023年から「エンジニアブランディング」というものに取り組みはじめて、試行錯誤して何とか今に至った事例集。
これからココナラが目指していく「エンジニアブランディング」の世界観もおぼろげながら記載。

coconala_engineer

November 29, 2023
Tweet

More Decks by coconala_engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    技術広報経験0のEMが
    エンジニアブランディングを
    はじめてみた
    株式会社ココナラ
    川崎 雄太

    View full-size slide

  2. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    本LTに関するご質問、ご感想は
    「#nikkei_tech_talk」をつけて
    ツイートをお願いします!
    私のXアカウント(@yuta_k0911)も
    良かったらフォローしてください!
    2

    View full-size slide

  3. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    3
    Agenda
    ココナラの紹介
    2022年までのエンジニアブランディング
    エンジニアブランディングに対する意識改革
    今後の方向性
    まとめ
    1
    2
    3
    4
    5

    View full-size slide

  4. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    発表者紹介
    4
    川崎 雄太 Yuta Kawasaki
    株式会社ココナラ
    システムプラットフォーム部
    部長 / Head of Information
    2020年 株式会社ココナラ入社
    「システム基盤」を管轄
    2023年から見様見真似でDevRelに着手
    今年の自慢はPR TIMESに3回載ったこと✨

    View full-size slide

  5. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    ココナラの紹介
    Chapter 01
    5

    View full-size slide

  6. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    6
    ココナラのVision & Mission

    View full-size slide

  7. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    7
    ココナラの事業内容

    View full-size slide

  8. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    ココナラのエンジニア数の変遷
    8
    事業拡大に合わせて3年で約3倍の組織規模に成長
    2020年 2023年
    フェーズ 上場前 上場後
    エンジニア数 20人強 70人強
    リポジトリ数 45 170以上

    View full-size slide

  9. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    2022年までのエンジニアブランディング
    Chapter 02
    9

    View full-size slide

  10. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    採用ブランディングにおける「エンジニアブランディング」
    10
    「エンジニアを知ってもらい、興味を持ってもらう」こと

    View full-size slide

  11. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    では、ココナラはもともと
    どういう状態だったか?
    11

    View full-size slide

  12. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    ひとことで言うと、
    ほとんどなにも動けていない
    状態だった…😵
    12

    View full-size slide

  13. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    「御社はテックブログとか
    やってないんですね?🥴」と
    言われることもしばしば…
    13

    View full-size slide

  14. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    エンジニアブランディングにおける課題 - 技術広報ってなに?
    14
    技術広報ってなに…?おいしいの…?
    「エンジニアブランディング」をそもそ
    も考えていなかった。
    例えば、採用活動における「エンジニ
    アの社外発信によるアトラクト」という
    メリットが取れず。
    プロダクトの磨き込みを優先して
    いたが、磨き込みに必要なエンジ
    ニアが足りず…というケースも。

    View full-size slide

  15. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    エンジニアブランディングにおける課題 - 社外発信ってなに?
    15
    社外発信ってなに…?おいしいの…?
    圧倒的にイベント登壇などの「社外発
    信」の量が少なかった。
    2022年前半まではエンジニアの社外発信
    (イベント登壇、事例掲載、etc)は皆無…
    そのため、ココナラにそのような機会を持
    ちかけてくださることも無く、負のループは
    続く…
    「社外発信」に関するKPIが無い。

    View full-size slide

  16. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    16
    テックブログの推

    ITイベント
    登壇
    外部メディアに
    事例掲載
    社外勉強会
    採用ページ
    の拡充
    カンファレンス
    の協賛
    例えば、考えられる施策の中で、「採用ページの
    拡充」以外は計画 / 進捗ともになし…

    View full-size slide

  17. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    エンジニアブランディングに対する意識改革
    Chapter 03
    17

    View full-size slide

  18. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    誰もやっていないから自分が社外発信を始めてみた
    18
    まずは自分が率先して進めることで、周りを巻き込む
    「ファーストペンギン」がいないとは
    じまらないので、自ら社外発信の
    手段の整理と機会の模索を続
    けた。
    各社のDevRelの方と繋がり、ココ
    ナラのプレゼンスと自身の認知
    度向上ができた。(認知向上 →
    集合知増加 → 技術力向上の流
    れを作り出す)

    View full-size slide

  19. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    情報収集をして、社外発信の効果・付加価値を考えてみた
    19
    なぜ社外発信に重い腰があがらないか?を考え抜いた
    「時間が取れない」「メリットがわからな
    い」という社内の声を集め、やらない理
    由ではなく、できる理由を作るように
    した。
    社外発信は会社のためだけではなく、
    「自身の市場価値向上のため」とも意
    識付け、アウトプットを続けることで、自
    身の技術力が高くなり、業務へのフィード
    バックループが回せた

    View full-size slide

  20. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    他社をベンチマークして、TTP(徹底的にパクる!)
    20
    自分たちのできてなさ加減を自己認識する
    ココナラができていないことを徹底的に洗
    い出して真似しようとした。
    ・テックブログの発信ネタ
    ・イベント登壇
    ・スポンサードの頻度、etc
    ココナラの知人のつてを使って、TECH
    PLAYから見たココナラの評価(社外発信
    しているイメージがまるでない)をもらい、
    それをバネに頑張った。

    View full-size slide

  21. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    まずはやってみる!
    21
    効果のありそうなことを1つ1つ着手する
    「できていないことはできていない」としっ
    かり認識して、できることから1つ1つ
    着手していった。
    ・テックブログを持ち回りで運用
    ・イベント登壇などの社外発信実施
    ・技術広報用SNSアカウントの立ち上げ
    / 運用開始
    ・会社全体での盛り上げ(HR / PRとの
    連携)

    View full-size slide

  22. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    22

    View full-size slide

  23. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    23

    View full-size slide

  24. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    その結果・・・自分自身や周りの考え方が変わってきた
    24
    社外発信は自分自身にもめちゃめちゃプラスがある
    前述の通り、社外発信は「自身の市場価
    値向上のため」と周りに意識付けることで、
    自分以外のメンバーもモチベーションが高く
    なった。
    その結果、登壇経験のないメンバーが登壇
    経験を積み、他の人も触発され、結果として
    「登壇=自己研磨」という意識が根付い
    た。

    View full-size slide

  25. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    25
    テックブログの推

    ITイベント
    登壇
    外部メディアに
    事例掲載
    社外勉強会
    採用ページ
    の拡充
    カンファレンス
    の協賛
    今では、どれも少しずつですが、進捗が見える状
    態になりました!!

    View full-size slide

  26. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    今後の方向性
    Chapter 04
    26

    View full-size slide

  27. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    KPIの設定と磨き込み
    27
    3つの指標からエンジニアブランディングを計測する
    イベント視聴数  →  社外発信数  →  認知度

    View full-size slide

  28. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    「ココナラのエンジニアってイケてるぜ!」と思わせる仕掛けづくり
    28
    社外発信を愚直に繰り返していく
    「採用ページの作り込みはできている」と評価
    をもらっているので、そこにより多くランディン
    グしてもらうためにはイベント登壇・事例掲
    載・テックブログ寄稿などの発信が必要。
    特にイベント登壇・事例掲載は限られた人だ
    けしかできていないため、役割・職責問わ
    ず、発信できるようにする。

    View full-size slide

  29. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    色んな会社さんと積極的にコラボレーションして、成長曲線を描き続ける
    29
    社外発信=エンジニアの成長機会と言い続ける
    勉強会やLT会を通じて、社外発信の機会
    を用意することでエンジニアの成長の機
    会として活用する。
    「人に伝えること」は成長につながる(自分
    で調べる、検証する、etc)ため、積極的に
    活用していく
    その結果、会社のプレゼンス向上・採用力
    強化に繋がり、双方が成長し、Win -
    Winの関係になる。

    View full-size slide

  30. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    まとめ
    Chapter 05
    30

    View full-size slide

  31. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    エンジニアブランディングに取り組んで良かった!
    31
    ココナラの知名度は少しずつあがっているかも…!!
    試行錯誤して半年経過。試行
    錯誤でも何とかなる!
    関わりのあるベンダーや知
    人、採用面接の応募者に
    「テックブログ見ました!」
    「技術発信頑張ってるね!」
    と声をかけられるようになっ
    た。

    View full-size slide

  32. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    これからも良いとこ取りしつつ、
    さまざまな企業とコラボしたいです!
    ぜひ、勉強会やイベントなど
    ご一緒させてください!!
    32

    View full-size slide

  33. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    最後に…
    33

    View full-size slide

  34. Copyright coconala Inc. All Rights Reserved.
    ココナラでは、一緒に事業のグロースを
    推進していただける様々な領域のエンジ
    ニアを募集しています。
    34

    View full-size slide

  35. ユーザーのストーリーを
    テクノロジーでサポートする
    エントリーお待ちしてます!
    coconala engineer 採用
    https://coconala.co.jp/recruit/engineer

    View full-size slide