Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

OODAふりかえり 何って…ただ毎スプリント、違うふりかえり手法を採用してるだけだが? / Retrospectives with OODA

OODAふりかえり 何って…ただ毎スプリント、違うふりかえり手法を採用してるだけだが? / Retrospectives with OODA

Scrum Fest Osaka 2024 #scrumosaka での講演資料です
https://confengine.com/conferences/scrum-fest-osaka-2024/proposal/19856/ooda

kakehashi

June 22, 2024
Tweet

More Decks by kakehashi

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 小田中 育生(おだなか いくお) 株式会社ナビタイムジャパンでVP of Engineeringを務め、 2023年10月にエンジニアリングマネージャーとして株式会社カケ ハシにジョイン。 薬局DXを支えるVertical SaaS「Musubi」をコアプロダクトに位置

    づけ、「しなやかな医療体験」を実現するべく新規事業のプロダ クト開発にコミットしている。 著書: • いちばんやさしいアジャイル開発の教本 • アジャイルチームによる目標づくりガイドブック ブログ: • dora_e_m|note
  2. © KAKEHASHI Inc. 1週間スプリントを採用 ①スプリントで生み出す価値、  検証したい仮説を明確にする ②どうやって価値を生み出すか  検討し実行する ③毎日、検査と適応を繰り返 しながら価値創出を目指す

    ④生み出した価値を検査する ⑥スプリントで得た学びに適応し 新たな仮説を得る 外側のループ weekly 内側のループ daily ⑤プロセスをふりかえる
  3. © KAKEHASHI Inc. こんな感じでやってます 思ってたんと違う force field analysis YOW ハッピー

    メモリーズ Celebration Grid Win/Learn/Try Lean Coffee Fun/Done/Learn デイリーハッスル 帽子の交換 感謝と恩送り Lean Coffee 熱気球
  4. © KAKEHASHI Inc. 状況によってフィットする手法は異なる 課題がいっぱい あるなぁ 今回は うまくいったかも 新しい取り組みを いろいろやったね

    ちょっと 忙しくなってきた 安定してきた? 課題が見えているなら KPTやYWTで 「次に試すこと」を 話したい 安定していると 感じているなら Lean Coffeeで話したり 熱気球で未来のことを 話したい
  5. © KAKEHASHI Inc. スプリント内での観察 START END いつもと 進み具合が 違うぞ 今回は

    チャレンジ 多めだな おお、色々 想定外が 起きてるな
  6. © KAKEHASHI Inc. 観察結果から状況を判断する(1/3) この スプリントの 成果 チームを 取り巻く 環境

    新しい チャレンジが あるか 判断 いつも通り ない 想定通り 安定 変化あり ない 想定通り 安定 いつも通り ある 想定通り 安定(※) ある 想定通り 安定(※) 変化あり ※チャレンジしているのに成果に変化がないという点については  ふりかえりで掘り下げる対象になりうる
  7. © KAKEHASHI Inc. 観察結果から状況を判断する(2/3) この スプリントの 成果 チームを 取り巻く 環境

    新しい チャレンジが あるか 判断 いつも通り ない 想定以上 成長 or 過負荷 変化あり ない 想定以上 外部要因を検査 いつも通り ある 想定以上 チャレンジを検査 ある 想定以上 もろもろ検査 変化あり
  8. © KAKEHASHI Inc. 観察結果から状況を判断する(3/3) この スプリントの 成果 チームを 取り巻く 環境

    新しい チャレンジが あるか 判断 いつも通り ない 想定以下 停滞している 変化あり ない 想定以下 外部要因を検査 いつも通り ある 想定以下 チャレンジを検査 ある 想定以下 もろもろ検査 変化あり チーム自身のコミットメントによる変化を含めるとさらにバリエーションが ありますが、ここでは単純化するため環境とチャレンジにフォーカスして分 類しています
  9. © KAKEHASHI Inc. あなたはどうですか? この スプリントの 成果 チームを 取り巻く 環境

    新しい チャレンジが あるか 判断 ここ一週間のことをふりかえってみて、自分たちの状況がどうだったか思い出そう! 2min. 安定なのか、うまくいっているのか、変化しているのか、など判断しよう! 2min. となりの人と共有してみよう!(現地)/Discordに共有しよう! 1min.
  10. © KAKEHASHI Inc. 手法をインプットしておく 森 一樹 (著) アジャイルなチームをつくる  ふりかえりガイドブック  翔泳社 Ester

    Derby and Diana Larsen (著) 角 征典(訳) アジャイルレトロスペクティブズ オーム社 ふりかえりカタログ(コミュニティ版) https://qiita.com/viva_tweet_x/items/f4db 2c923d474f67fe0f
  11. © KAKEHASHI Inc. とはいえインプットは大変 森 一樹 (著) アジャイルなチームをつくる  ふりかえりガイドブック  翔泳社 Ester

    Derby and Diana Larsen (著) 角 征典(訳) アジャイルレトロスペクティブズ オーム社 ふりかえりカタログ(コミュニティ版) https://qiita.com/viva_tweet_x/items/f4db 2c923d474f67fe0f
  12. © KAKEHASHI Inc. 観察のグラデーション 介入する 観察する 放置する 明確にTRYを設定しスプリントバックログに積む 行動変容しているかを観察する また行動変容を積極的に促す

    どのように行動しているかを観察する ふりかえりの結果がどのように影響しているか推測する スクラムイベントに顔だけ出す スクラムイベントに顔も出さない
  13. © KAKEHASHI Inc. 僕たちのチームは「観察」スタイル 介入する 観察する 放置する 明確にTRYを設定しスプリントバックログに積む 行動変容しているかを観察する また行動変容を積極的に促す

    どのように行動しているかを観察する ふりかえりの結果がどのように影響しているか推測する スクラムイベントに顔だけ出す スクラムイベントに顔も出さない
  14. © KAKEHASHI Inc. 最初は介入度は高めでよい 介入する 観察する 放置する 明確にTRYを設定しスプリントバックログに積む 行動変容しているかを観察する また行動変容を積極的に促す

    どのように行動しているかを観察する ふりかえりの結果がどのように影響しているか推測する スクラムイベントに顔だけ出す スクラムイベントに顔も出さない チームがふりかえりに 慣れてきたら介入を 減らす
  15. © KAKEHASHI Inc. 放置しないようにね 介入する 観察する 放置する 明確にTRYを設定しスプリントバックログに積む 行動変容しているかを観察する また行動変容を積極的に促す

    どのように行動しているかを観察する ふりかえりの結果がどのように影響しているか推測する スクラムイベントに顔だけ出す スクラムイベントに顔も出さない 観察さえも 手放さないように 要注意
  16. © KAKEHASHI Inc. 僕たちのチームでは毎回違う手法を採用 思ってたんと違う force field analysis YOW ハッピー

    メモリーズ Celebration Grid Win/Learn/Try Lean Coffee Fun/Done/Learn デイリーハッスル 帽子の交換 感謝と恩送り Lean Coffee 熱気球
  17. © KAKEHASHI Inc. 状況によってフィットする手法は異なる 課題がいっぱい あるなぁ 今回は うまくいったかも 新しい取り組みを いろいろやったね

    ちょっと 忙しくなってきた 安定してきた? 課題が見えているなら KPTやYWTで 「次に試すこと」を 話したい 安定していると 感じているなら Lean Coffeeで話したり 熱気球で未来のことを 話したい
  18. © KAKEHASHI Inc. 結果の観察の度合いはチームにあわせる 介入する 観察する 放置する 明確にTRYを設定しスプリントバックログに積む 行動変容しているかを観察する また行動変容を積極的に促す

    どのように行動しているかを観察する ふりかえりの結果がどのように影響しているか推測する スクラムイベントに顔だけ出す スクラムイベントに顔も出さない