Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

論点を扱う技術

KATO
June 02, 2024

 論点を扱う技術

論点や論点を取り巻く構造についてまとめた資料です。論点について、あまり理解できていない人向けに、基礎的な内容を解説したものになります。

<本資料の内容>
- 論点とは
- 問題・課題・イシューの違いとは
- 論点を取り巻く構造とは
- よい論点とは
- 論点をどう表現するか
- 論点の注意点
- 論点設定の進め方

KATO

June 02, 2024
Tweet

Transcript

  1. ©Akihiro Kato All rights reserved 前提:論点を扱う技術とは 技術とは‧‧‧ 1.物事を取り扱ったり処理したりする際の⽅法や⼿段。   また、それを⾏うわざ。  

    「—を磨く」「⾼度な表現—」 2.科学の研究成果を⽣かして、   ⼈間⽣活に役⽴たせる⽅法。   「先端—の導⼊」「産業界における—⾰命」 2 論点とは‧‧‧ 議論の中⼼となる問題点。「—から外れる」 議論の中⼼となる問題点=論点をどう扱うといいのか、その⽅法について解説
  2. ©Akihiro Kato All rights reserved 問題‧課題‧イシューとは 課題とは‧‧‧ 解決するべき問題のこと。 対処が必要な事柄であり、それへの対処を任務 として負わされているような問題のこと。

    つまり、いわゆる「問題」のうち「対処する」 「解決する」といった⾏動に重点が置かれてい る問題を指し⽰す表現。 6 問題とは‧‧‧ 1 解答を求める問い。試験などの問い。  「数学の—を解く」「⼊試—」 2 批判‧論争‧研究などの対象となる事柄。   解決すべき事柄。課題。  「そんな提案は—にならない」  「経済—」「⾷糧—」 3 困った事柄。厄介な事件。  「新たな—が起きる」 4 世間が関⼼をよせているもの。話題。  「—の議員」 議論の中⼼となる問題点=論点をどう扱うといいのか、その⽅法について解説 イシューとは‧‧‧ 名詞:問題、議題、発⾏物、号、⼦孫動詞:発 ⾏する、発する、出す
  3. ©Akihiro Kato All rights reserved 論点を取り巻く構造 7 問題 問題 問題

    問題 問題 問題 問題 … 現状 (As Is) 理想 (To Be) 時間 課題 論点(イシュー) サブ論点 サブ論点 サブ論点 タ ス ク タ ス ク タ ス ク GAP タ ス ク タ ス ク タ ス ク タ ス ク タ ス ク タ ス ク
  4. ©Akihiro Kato All rights reserved 論点を取り巻く構造 8 問題 問題 問題

    問題 問題 問題 問題 … 現状 (As Is) 理想 (To Be) 時間 課題 論点(イシュー) サブ論点 サブ論点 サブ論点 タ ス ク タ ス ク タ ス ク 理想と現状とのGAP がある現象や観察事実 ⾊々な問題の中から 解決意思があるもの 理想を実現するために 取り組むべきこと 解くべきこと GAP タ ス ク タ ス ク タ ス ク タ ス ク タ ス ク タ ス ク 課題→イシューに 変換する際は 表現に⼯夫が必要 ⽬的と⽬標は 分けて把握する
  5. ©Akihiro Kato All rights reserved よい論点設定とは? 10 よい論点 本質的である 解決できる

    効果がある 現状(As Is)から理想(To Be)を実現す るために、必要な取り組みであるも の ⼿持ちのヒト‧モノ‧カネなどの経 営資源で実⾏できる、かつ解決でき るもの その論点を解決することで、インパ クトがある、この先の議論や動きに 意味合いを与えるもの ポ イ ン ト 説 明
  6. ©Akihiro Kato All rights reserved よい論点とは? 11 論点 本質的である 解決できる

    効果がある 本質的である 本質的でない できる できない できる できない ある ない ある ない ある ない ある ない よい論点 避けるべき論点 評価 悪くない論点
  7. ©Akihiro Kato All rights reserved 論点をどう表現するか? 13 よい論点の表現の仕⽅ 「主語」と「述語」を 明確にした⽂章

    疑問形にする 5W1Hの中でも Where‧What‧Howを使う どんな⼈でも解釈が ズレないようにするため 思考と⾏動を 促進させるため 検討すべきことが 具体的で明確になりやすいため ポ イ ン ト 理 由 例 ◦◦は、どこに△△するのがよいか(Where) ◦◦は、何をすれば△△となるか(What) ◦◦は、どのように△△したらよいか(How)
  8. ©Akihiro Kato All rights reserved 論点の注意点 15 ① ⼈によって論点が違うことがある ②

    取り巻く環境によって論点は変わる ③ 取り組みとともに論点は常に進化する
  9. ©Akihiro Kato All rights reserved 論点の注意点① 16 経営者層 管理者層 スタッフ層

    階層 主要な業務 経営戦略 経営計画‧管理 事業計画‧管理 業務計画‧遂⾏ 思考の時間軸 ⻑期〜短期 中期〜短期 短期 ⼈の⽴場や状況によって、気になる‧必要とする論点は違うことがある 問題 現状 (As Is) 理想 (To Be) GAP 課題 論点 問題 課題 論点 問題 課題 論点 問題 課題 論点 時間 経営層が気になる ‧必要とする論点 スタッフ層が 気になる‧ 必要とする論点 管理者層‧ スタッフ層が 気になる‧必要 とする論点 (⼀例)
  10. ©Akihiro Kato All rights reserved 取り巻く環境 17 論点の主体 (会社や事業プロジェクトなど) 外部環境の変化

    内部環境の変化 論点の注意点② 取り巻く環境の変化によって、現状や理想も変わり、それによって論点も変わっていく 問題 現状 (As Is) 理想 (To Be) GAP 課題 論点 問題 課題 論点 問題 課題 論点 問題 課題 論点 時間 現状や理想の変化により 論点も変化する
  11. ©Akihiro Kato All rights reserved 論点の注意点③ 18 問題 現状 (As

    Is) 理想 (To Be) GAP 課題 論点 問題 課題 論点 問題 課題 論点 問題 課題 論点 時間 問題 現状 (As Is) 理想 (To Be) GAP 課題 論点 問題 課題 論点 問題 課題 論点 問題 課題 論点 時間 最初の時点 最初の時点から 1ヶ⽉後 最初の時点の 論点に対して 作業や思考、議論を実施 最初の時点の論点に対して の作業や思考、議論で 新論点を設定 作業や思考、議論などの取り組みによって、論点は常に進化していく
  12. ©Akihiro Kato All rights reserved 論点設定の進め⽅ 20 ①現状‧理想 問題の整理 問題

    問題 問題 問題 問題 問題 問題 … 現状 (As Is) 理想 (To Be) 時間 GAP
  13. ©Akihiro Kato All rights reserved 論点設定の進め⽅ 21 ①現状‧理想 問題の整理 ②課題‧論点

    の設定 問題 問題 問題 問題 問題 問題 問題 … 現状 (As Is) 理想 (To Be) 時間 課題 論点(イシュー) GAP
  14. ©Akihiro Kato All rights reserved 論点設定の進め⽅ 22 ①現状‧理想 問題の整理 ②課題‧論点

    の設定 ③サブ論点‧ タスクの設定 問題 問題 問題 問題 問題 問題 問題 … 現状 (As Is) 理想 (To Be) 時間 課題 論点(イシュー) サブ論点 サブ論点 サブ論点 タ ス ク タ ス ク タ ス ク GAP タ ス ク タ ス ク タ ス ク タ ス ク タ ス ク タ ス ク
  15. ©Akihiro Kato All rights reserved (参考)よい論点とは? - イシューからはじめよ 25 よいイシュー(論点)

    本質的な選択肢 深い仮説がある 答えを出せる 常識を 否定する 新しい 構造で 説明する 共通性の発⾒ 関係性の発⾒ グルーピングの発⾒ ルールの発⾒ 結論によって その先の意味合いが変わる ⼀般的に信じられて いることを否定でき る、または、異なる 視点で説明できる 今答えを出す必要がある かつ 答えを出せる⼿段がある