Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

「Engineerサクセス」という組織を 作って感じた開発組織作りのポイント / Key-Points-for-Creating-a-Development-Organization

freee
August 23, 2023

「Engineerサクセス」という組織を 作って感じた開発組織作りのポイント / Key-Points-for-Creating-a-Development-Organization

freee

August 23, 2023
Tweet

More Decks by freee

Other Decks in Technology

Transcript

  1.  
    「Engineerサクセス」という組織を
    作って感じた開発組織作りのポイント
    2023.08.22

    View full-size slide

  2. 2
    ⽵⽥ 祥 / Yoshi Takeda
    Engineer
    2005~
    執⾏役員
    VPoE
    freee株式会社 常務執⾏役員 VPoE
    プロダクトグロース開発本部 本部⻑
    Product
    Manager
    Engineering
    Manager

    View full-size slide

  3.  
    3
    趣味:うさぎx4を触りまくること
    うさぎを触るとあらゆることがどうでも良くなるのでオススメ

    View full-size slide

  4.  
    今⽇話すことのざっくりサマリー

    View full-size slide

  5. 5
    ● 開発組織をより良くすることにフォーカスする専任の組織を作った。
    ● 試⾏錯誤しながら1年以上たち、⼤事なことがいくつか⾒えてきた。
    組織規模や会社のフェーズに依存しない話も多く、ぜひシェアしたい。
    ● 役職やロールに限らず、チームで開発している全ての⽅に通⽤する話
    なので、少しでも皆さんの⽇々の仕事のプラスになれば嬉しいです 👍

    View full-size slide

  6.  
     freeeの開発組織のアウトライン 

    View full-size slide

  7. スモールビジネスを、世界の主役に。
    7

    View full-size slide

  8.  
    8
    プロダクトラインナップ
    freee会計
    freeeアプリストア
    freeeカード
    freee福利厚生 freee人事労務 freee受発注 freee開業
    freee会社設立 freee工数管理 freee資金調達 freee申告
    freee請求書 freee販売

    View full-size slide

  9. 会社全体の従業員数
    1,299⼈
    ※従業員数は、2023年6⽉末の連結会社の正社員総数

    View full-size slide

  10. 10
    進化の軌跡:プロダクトとチーム
    プロダクト
    リリース
    freee会計
    API公開
    サービス
    分割開始
    チーム制
    導入
    クラウド
    ERP
    コンセプト発

    マイクロ
    サービス化
    開始
    基盤投資
    加速
    プラット
    フォーム
    構想
    新規
    プロダクト加

    グローバ
    ル開発
    freee
    人事労務
    freee
    会社設立
    freee開業 freee申告
    freee
    finance
    lab設立
    freee
    アプリストア
    freee
    プロジェクト管

    freee
    カード
    Unlimited

    View full-size slide

  11.  
     「Engineerサクセス」という
     組織を作った話 

    View full-size slide

  12. 12
    開発メンバーの「成功(サクセス)」に
    繋がることだけを考え、実⾏し続ける専任チーム
    どういう組織?

    View full-size slide

  13. 13
    freeeにおいての「サクセス」
    ユーザにとって価値のあるプロダクトを
    変化を楽しみながら最速で⽣み出し続けること

    View full-size slide

  14. 14
    どういう組織?
    参考にしたのは「カスタマーサクセス」という職種
    BtoBのSaaSを提供する企業では⼀般的なファンクション
    例えばfreeeにおけるカスタマーサクセス(ざっくり)
    「ユーザの業務を成功に繋げる」 ための⽀援を⾏う役割
    導⼊⽀援や⼀緒に業務設計を考えたりとあらゆる⽅法でユーザを⽀援する。
    この「開発組織版」を作ろう!
    = 2022年7⽉にEngineer サクセスチーム 爆誕 🔥

    View full-size slide

  15. 15
    ※どんなことをやってきたのかは
    後半のセッションをお楽しみに!

    View full-size slide

  16.  
     組織に向き合い続けて感じた 
     開発組織作りで⼤事なこと3選 

    View full-size slide

  17. 17
    1. プロダクト開発と組織作りは⾮常に良く似ている
    2. データドリブンと⼈情ドリブンを⾏き来する
    3. 楽なショートカットは基本ない
    組織に向き合い続けて感じた開発組織作りで⼤事なこと3選 

    View full-size slide

  18. 18
    1.プロダクト開発と組織作りは⾮常に良く似ている
    天の声
    「良い組織作ってください」
    なにからやればいいんだ‧‧‧

    View full-size slide

  19. 19
    1.プロダクト開発と組織作りは⾮常に良く似ている
    天の声
    「良いプロダクト作ってください」

    View full-size slide

  20. 20
    1.プロダクト開発と組織作りは⾮常に良く似ている
    ユーザ理解
    調査‧分析
    設計‧実装
    要求定義
    評価

    View full-size slide

  21. 21
    1.プロダクト開発と組織作りは⾮常に良く似ている
    ユーザ理解
    調査‧分析
    設計‧実装
    要求定義
    評価
    組織作りも
    基本的な流れは⼀緒
    テーマを決めて
    サイクルを回す

    View full-size slide

  22. 22
    いくつかポイントをゆるっと書いていきます
     ユーザ理解 調査‧分析
    ● ユーザ=エンジニア、チームメンバー、組織の仲間
    ○ 距離は近いが、プロダクトのユーザを理解するくらい本気で向き合う
    ○ 近いからといって相⼿を理解するのに⼿を抜かない
    ● 定量と定性、両⾯を使って理解する
    ○ timesをみる、ヒアリングをする、サーベイをとる
    ○ データを活⽤する(在籍年数、グレードなどなど)

    View full-size slide

  23. 23
    いくつかポイントをゆるっと書いていきます
    要求定義
    ● 本当に必要としているものは?逆に求めていないものは?
    ○ ユーザ理解を元に仮説をしっかり作る。
    ○ 制度や組織の話になると何故かここがわりとザルになりがち。
    ■ 会社都合で誰も求めてない制度とかできたりする
    ○ プロダクト開発と⼀緒でMVPが定義できればお互いハッピー

    View full-size slide

  24. 24
    いくつかポイントをゆるっと書いていきます
    設計‧実装
    ● スモールスタートする!
    ○ 制度や組織の話になると何故か⼤きくなりがち
    ■ いきなり全社適⽤したり。
    ○ プロダクトと同じで、実際やってみないと分からないこと多い
    ■ 特定のチーム、部署でプロトタイピングするなど⼯夫する

    View full-size slide

  25. 25
    いくつかポイントをゆるっと書いていきます
    評価
    ● ユーザ理解と⼀緒で定量と定性、両⾯を使って評価する
    ○ 定量だけでは計りづらいことも多い。
    ○ 逆に定性だけだと声の⼤きな主張に引きづられることも。
    ● 評価をしっかり受け⽌め、しっかりアップデートする
    ○ 頑張って設計してやったことには愛着が湧くw
    ○ 冷静に客観的に判断する(こういうのもプロダクト開発と⼀緒ですね)

    View full-size slide

  26. 26
     
     
    プロダクト開発と組織作りは近しい

    良いプロダクトを作れる集団は
    良い組織も作れるはず(逆も然り)

    View full-size slide

  27.  
    正直ここまで覚えて帰ってもらったらOK
    あとはおまけです 😸

    View full-size slide

  28. 28
    2.データドリブンと⼈情ドリブンを⾏き来する
    相⼿は⼈なので。
    定量、定性
    両⽅のバランスが⼤事

    View full-size slide

  29. 29
    3.楽なショートカットは基本ない
    ユーザ理解
    調査‧分析
    設計‧実装
    要求定義
    評価
    これもプロダクト開発
    と⼀緒。
    ⼈、組織に
    真摯に向き合い続ける
    しかない。
    起点はここ

    View full-size slide

  30. 30
     
     
    ご清聴ありがとうございました!

    View full-size slide