Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

re:Invent Workshop「Advanced Multi-AZ Resilience Patterns」をやってみた

da-hatakeyama
December 18, 2023

re:Invent Workshop「Advanced Multi-AZ Resilience Patterns」をやってみた

OpsJAWS Meetup#26 re:Invent 2023 re:Cap の登壇資料です
https://opsjaws.doorkeeper.jp/events/165903

da-hatakeyama

December 18, 2023
Tweet

More Decks by da-hatakeyama

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 自己紹介 名前: 畠山 大治 業務: AWSを使ったインフラ構築 @某CIre 趣味: Perfumeを追いかける(ファンクラブ 9年目)

    読書、映画・アニメを見る 資格: AWS認定全冠、GC認定ACE 好きなAWSサービス: VPC @hatake_book
  2. まとめ ⚫re:InventのWorkshopはすでに公開されているシナリオを使うことがあ るので、あらかじめ確認しておくと良い ⚫Workshop「Advanced Multi-AZ Resilience Patterns」では、マルチAZ 構成で起こりうるgray failuresについて学ぶことができる ⚫検知と復旧にはポイントがある

    ⚫検知には一工夫必要(例えば複合アラームを使った検知など) ⚫復旧は「データプレーンのアクション」→「コントロールプレーン のアク ション」の順に実行して復旧させる
  3. 参考情報 ⚫workshop studio Advanced Multi-AZ Resilience Patterns ⚫ https://catalog.workshops.aws/multi-az-gray-failures/en-US/introduction ⚫re:Invent

    2023 Workshop Advanced multi-AZ resilience patterns: Mitigating gray failures ⚫ https://d1.awsstatic.com/events/Summits/reinvent2022/ARC201-R_Advanced-multi-AZ-resilience- patterns-Mitigating-gray-failures.pdf ⚫ホワイトペーパー:gray failures ⚫ https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/whitepapers/latest/advanced-multi-az-resilience-patterns/gray- failures.html