Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

アジャイルQA2年生が、過去の自分に伝えたいこと #テストラジオ

ぱいん
October 13, 2023

アジャイルQA2年生が、過去の自分に伝えたいこと #テストラジオ

ソフトウェアテストやQAに関わる発表を現地で聞く会 #テストラジオ
https://connpass.com/event/296521/

ぱいん

October 13, 2023
Tweet

More Decks by ぱいん

Other Decks in Technology

Transcript

  1. アジャイルQA2年生が、
    過去の自分に伝えたい
    こと
    2023/10/13 (Fri)
    ソフトウェアテストやQAに関わる発表を現地で聞く会
    #テストラジオ
    ぱいん
    1

    View full-size slide

  2. HELLO! I’m…
    ● ぱいん @pineapplecandy
    ● QAエンジニア
    ○ 2012-2022: SIer/SES @Web/組込み
    ○ 2022-: 事業会社@組込み
    ● JaSST Online, JaSST Review実行委員
    ● テストラジオ ガヤ担当
    ● 生態: X(旧Twitter)
    ● 趣味: タロット、バスケ観戦、週末ドライブ
    2

    View full-size slide

  3. Summary of my talk
    ● 10年のQAエンジニアキャリアをふりかえり、過去
    の自分にコメントしてみるポエム
    3

    View full-size slide

  4. To Whom
    ● 前提:
    アジャイル開発(と呼称されるされる)プロジェク
    トにアサインされたけど、なんか思ってたのと違
    う...
    ● 想定聴講者:
    QA/テストエンジニアの若手(5-8年目程度)
    ● 進め方:
    3つの問いを解説する
    4

    View full-size slide

  5. THREE KEYWORDS
    念のため 仲間
    01
    敷居
    02 03
    5

    View full-size slide

  6. 「念のため」
    6

    View full-size slide

  7. 「念のため」と称したテストを
    積み重ねていないか
    ― ぱいん
    7

    View full-size slide

  8. 「念のため」と称したテストを積み重ねていな
    いか
    ● 説明
    ○ 心の中で忖度テスト、思考停止テストと呼んでいる
    ○ 結果的に、テストが肥大してしまっている。
    ● 原因
    ○ 機能追加や再発防止のためにテストの追加を繰り返した結果、
    原型を留めないほど肥大している
    ○ プロダクト、プロジェクトともに日々状況は変わるのに、打ち手を変え
    ていない
    ■ 例) 作ったときのユースケースと使われ方が違う
    ■ 例) 機能追加を経て、相対的な重要度が下がっている
    8

    View full-size slide

  9. 「念のため」と称したテストを積み重ねていな
    いか
    ● 対策
    ○ 減らす、捨ててみる、実行間隔を広げるなど、見直しを入れる
    ■ 各テストの基準を見直す
    ■ 不具合の傾向、開発者のレベルを俯瞰する
    ○ 全体量のリミットを設ける
    ■ 仮想リミットを想像してみる
    「テストする時間が1時間しかないとしたら」
    ○ テストの選定や実行の仕方をツールに任せる
    (Launchable, 自動テストSaaS他)
    ● ひとこと
    ○ 「念のため」が、創造的な時間を結果的に奪っている
    9

    View full-size slide

  10. 「仲間」
    10

    View full-size slide

  11. モチベーションの高い仲間と
    働くことにこだわれ
    ― ぱいん
    11

    View full-size slide

  12. モチベーションの高い仲間と働くことにこだわ

    ● 説明
    ○ 各メンバが自律的に動けることがアジャイルの前提
    ○ アジャイル宣言の背後にある原則 (抜粋)
    ■ 「意欲に満ちた人々を集めてプロジェクトを構成します。環境と支
    援を与え仕事が無事終わるまで彼らを信頼します。」
    ● 過去の反省
    ○ メンバ採用の募集要件やマッチングを妥協
    ○ 1人のフォローのために他のチームメンバーや自分を疲弊
    12

    View full-size slide

  13. モチベーションの高い仲間と働くことに
    こだわれ
    ● 対策
    ○ QAエンジニアのミッション、役割を定義する
    ■ 方向性や狙いを明確化
    ○ スキルや経験とは別に、
    「こんな人と働きたい、
    働きたくない」を言語化する
    ○ コストプレッシャーに負けない
    ● ポイント
    ○ 毎日に効いてくるので妥協しない
    13

    View full-size slide

  14. 「敷居」
    14

    View full-size slide

  15. 話しかけられるための
    敷居を下げておけ
    ― ぱいん
    15

    View full-size slide

  16. 話しかけられるための
    敷居を下げておけ
    ● 説明:
    ○ QAは、情報量勝負なところがあり、得られるに越したことはない
    ○ 特にリスクや気付きにつながるものは、言いにくいことやうまく言え
    ないことであることもある
    ■ 例) 技術的な議論から別チームの人間関係が垣間見える
    ● 理由:
    ○ 自分から取りに行くのにも限界がある
    ○ リモートワークになって、ますます気づけなくなった
    16

    View full-size slide

  17. 話しかけられるための
    敷居を下げておけ
    ● 意識してやっていること:
    ○ 相手に気持ちよく話してもらう
    ○ 自分の専門領域を発信する
    ■ テストのことならぱいんさんに聞こう、と思わせ

    ○ 自分の気持ちを乗せる
    ■ XXXXXって正直面倒だと思うんですけど、お願
    いします
    ○ 忙しそうに振る舞わない
    17

    View full-size slide

  18. まとめ
    ● 10年のQAエンジニアキャリアをふりかえり、過去
    の自分にコメントしてみるポエム

    ● これからは、違和感やモヤモヤに素直に生きていき
    たい
    19

    View full-size slide

  19. で、ぱいんさんはどん
    なことしてきたの?
    20

    View full-size slide

  20. Keep Nov. 17 open
    21

    View full-size slide

  21. おしまい
    22

    View full-size slide